InfoPath のコマンドラインスイッチ

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft infopath 2010 を起動するコマンドは、infopath .exe です。コマンドラインスイッチは、フォワードスラッシュの後にコマンド名とパラメーターを追加したものです。

この記事の内容

コマンドとスイッチとは

[Run] コマンドに追加して、スイッチを1回使用する

ショートカットを作成して、スイッチを再利用できるようにする

使用できるスイッチとパラメーター

コマンドとスイッチとは

プログラムを起動するたびに、通常、コマンドを入力したり、表示したりすることはありませんが、このコマンドを実行します。プログラムを起動する方法の特定の側面を変更するには、「スイッチ」と呼ばれるサブコマンドを infopath の .exe に追加します。

スイッチは、メイン コマンドの後にスペースを 1 つ入力し、その後にスラッシュとスイッチ名を入力することによって表され、コマンドの実行方法に関する追加情報を示します。

[Run] コマンドに追加して、スイッチを1回使用する

まず、コンピューター上の infopath .exe ファイルの場所を確認します。infopath 2010 をインストールしたときに既定のフォルダーの場所を承諾した場合、infopath .exe ファイルは次のように配置されます。

c:\\ プログラム名 office\office14\infopath.exe

注: InfoPath 2010 32-bit バージョンをインストールしていて、コンピューターが Windows 64 ビットオペレーティングシステムを実行している場合は、 c:\\ プログラムファイル (x86) \microsoft office\office14\infopath.exeを使用します。

その場所にある infopath .exe ファイルが見つからない場合は、ファイルを検索し、完全なパスを書き留めます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • Windows 7 および Windows Vista   

      • [スタート] をクリックし、[すべてのプログラム] をポイントして [アクセサリ] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

    • Windows XP の場合   

      • Windows の [スタート] ボタンをクリックし、[実行] をクリックします。

  2. [ファイル名を指定して実行] ダイアログボックスで、二重引用符を入力し、その後に、その後に完全なパスを入力して、別の引用符を入力します。または、[参照] をクリックしてファイルを見つけて選択します。この場合、二重引用符は自動的に指定されます。

  3. 右側の二重引用符の後ろにスペースを 1 つ入力してから、スイッチを入力します。たとえば、次のように入力します。

    "c:\\ プログラム名 office\office14\infopath.exe"/embedding

次回、InfoPath 2010 を起動したときに、プログラムは通常どおりに開きます。カスタマイズした起動を繰り返し使用できるようにするには、次のセクションを参照してください。

注: 

  • スイッチには大文字小文字が区別されません。たとえば、/EMBEDDING 関数は/embedding. と同じです。

  • スイッチの前と、各パラメーターの前には、それぞれ 1 つずつの空白スペースを必ず入力してください。

ショートカットを作成して、スイッチを再利用できるようにする

カスタマイズした起動設定を繰り返し使用できるようにするには、ショートカットとしてデスクトップに保存します。この手順を完了するには、まず、コンピューター上の InfoPath .exe ファイルの場所を確認する必要があります。infopath をインストールしたときに既定のフォルダーの場所を承諾した場合は、おそらく、infopath .exe ファイルが配置されています。c:\\ プログラム名 Office\Office 14 \.その場所にある infopath .exe ファイルが見つからない場合は、ファイルを検索して、完全なパスを書き留めておきます。

  1. Windows デスクトップを右クリックし、[新規作成] をクリックし、ショートカット メニューの [ショートカット] をクリックします。

  2. ショートカットの作成ウィザードの [アイテムの場所を入力してください] ボックスに、二重引用符 (ファイル名を含む) の完全なパスを入力し、二重引用符を付けます。

  3. 二重引用符の後に、使用するスイッチとパラメーターを入力します。たとえば、次のように入力します。 "c:\\ プログラムファイル \\ 名 Office\Office14\infopath.exe" \\Reports\NewForms\ExpenseReportTemplate.xsn/InputParameters 部門 = 10 と組織 = 325です。

    注: 

    • スイッチには大文字小文字が区別されません。たとえば、/EMBEDDING 関数は/embedding. と同じです。

    • スイッチの前と、各パラメーターの前には、それぞれ 1 つずつの空白スペースを必ず入力してください。

  4. [次へ] をクリックします。

  5. [このショートカットの名前を入力してください] ボックスに、ショートカットの名前を入力し、[完了] をクリックします。ウィザードによってショートカットが作成され、デスクトップに配置されます。

さまざまなショートカットを作成して、それぞれがプログラムの起動時に異なるスイッチとパラメーターをプログラムに指定できます。

使用できるスイッチとパラメーター

次の表は、InfoPath で使用できるすべてのスイッチとパラメーターを示しています。

スイッチとパラメーター

説明

フォーム

指定したフォームを開き、入力できるようにします。フォームの名前には、ファイル名、完全修飾パスとファイル名、または統一されたリソース名 (URN) を指定できます。

   InfoPath を起動してフォーム MyForm を開くには、次のように入力します。

"c:\\ プログラム名 Office\Office14\infopath.exe" "C:\New Forms\MyForm.xml"

フォーム テンプレート

指定したフォームテンプレートに基づいて新しいフォームを開き、入力できるようにします。フォームの名前には、ファイル名、完全修飾パスとファイル名、または URN を指定できます。

   フォームテンプレート ExpenseReportTemplate に基づいて、InfoPath を起動して新しいフォームを開くには、次のように入力します。

"c:\\ プログラム名 Office\Office14\infopath.exe" ExpenseReportTemplate .xsn

フォームテンプレート/InputParameters param1 = value & param2 = value & param3 = 値

共有ネットワーク上の場所に公開されているフォームテンプレートに基づいて新しいフォームを開き、パラメーターをフォームに渡します。フォームテンプレートには、 /InputParametersオプションのパラメーターを処理するためのマネージコードまたはスクリプトが必要です。フォームテンプレートの名前には、ファイル名、完全修飾パスとファイル名、または URN を指定できます。

パラメーターリストは、スペースで/InputParameters オプションの後に始まり、その後にパラメーターの名前、等号 (=)、パラメーターの値が続きます。各パラメーターは、アンパサンド (&) で区切られます。アンパサンドと各パラメーターの間にスペースを使わないでください。

値のないパラメーター名は、null 値を持つパラメーターとして渡され、対応するパラメーター名を持たない値は無視されます。

入力パラメーターの処理の詳細については、「InfoPath 開発者向けリファレンス」を参照してください。

   フォームテンプレート、ExpenseReportTemplate、および部門と組織と呼ばれる2つの入力パラメーターを処理できるスクリプトを使用していることを想像してみてください。フォームテンプレートは、レポートと呼ばれるサーバー上の NewForms と呼ばれる共有ネットワークフォルダーに公開されました。InfoPath を起動して、10に等しい部門パラメーターと325に等しい組織パラメーターを使用して新しいフォームテンプレートを開くには、次のように入力します。

"c:\\ プログラムファイル \\ 名 Office\Office14\InfoPath.exe" \\Reports\NewForms\ExpenseReportTemplate.xsn/InputParameters 部門 = 10 と組織 = 325

フォームテンプレート/InputParameters? param1 = value & param2 = value & param3 = 値

SharePoint を実行しているサーバーに公開されているフォームテンプレートに基づいて新しいフォームを開き、パラメーターをフォームに渡します。フォームテンプレートには、 /InputParametersオプションのパラメーターを処理するためのマネージコードまたはスクリプトが必要です。フォームテンプレートの名前には、ファイル名、完全修飾パスとファイル名、または URN を指定できます。

パラメーターリストは、疑問符 (?) の付いたテンプレート名の後に始まり、その後にパラメーターの名前、等号 (=)、パラメーターの値が続きます。各パラメーターは、アンパサンド (&) で区切られます。アンパサンドと各パラメーターの間にスペースを使わないでください。

値のないパラメーター名は、null 値を持つパラメーターとして渡され、対応するパラメーター名を持たない値は無視されます。

入力パラメーターのマネージコードを記述する方法の詳細については、「InfoPath 開発者向けリファレンス」を参照してください。

   フォームテンプレート、ExpenseReportTemplate、および部門と組織と呼ばれる2つの入力パラメーターを処理できるマネージコードを使用していることを想像してみてください。フォームテンプレートは、URL http://fabrikamを使用して SharePoint を実行しているサーバーに公開されました。InfoPath を起動して、10に等しい部門パラメーターと325に等しい組織パラメーターを使用して新しいフォームテンプレートを開くには、次のように入力します。

"c:\\ プログラム名 Office\Office14\InfoPath.exe" http://fabrikam/ExpenseReportTemplate.xsn?department=10&organization=325

/form/defaultsavelocation < URL >

/オプションを使用すると、既存のフォームが開き、 /defaultsavelocationオプションによって、[名前を付けて保存] ダイアログボックスのパスが、指定した統一リソースロケータ (URL) に設定されます。この URL は、フォームを初めて保存するときに [名前を付けて保存] ダイアログボックスに表示されます。

   InfoPath を起動するには、フォーム MyForm を開いて、ユーザーがフォームを C:\MyForms に保存できる場所にパスを設定します。次のように入力します。

"c:\\ プログラム名 Office\Office14\infopath.exe"/MyForm/defaultsavelocation C:\MyForms

フォームテンプレートの/defaultsavelocation < URL >

フォームテンプレートに基づいて新しいフォームを開き、[名前を付けて保存] ダイアログボックスのパスを指定された URL に設定します。この URL は、フォームを初めて保存するときに [名前を付けて保存] ダイアログボックスに表示されます。

   InfoPath を起動するには、フォームテンプレート ExpenseReportTemplate に基づいて新しいフォームを開き、ユーザーがフォームをWindows SharePoint Servicesドキュメントライブラリhttp://fabrikam/sites/Reportsに保存する場所のパスを設定します。次のように入力します。

"c:\\ プログラム名 Office\Office14\ExpenseReportTemplate.xsn"/defaultsavelocation http://fabrikam/sites/Reports

/aggregate "form1 | form2 | 3" "フォームテンプレート"

フォームテンプレート (.xsn) に基づいて1つのフォームに form リストのフォームを結合します。フォームリスト内の個々のフォーム名は、見積で囲むことはできません。フォームリスト全体を引用符で囲むことができます。フォーム名は "|" で区切る必要があります。(パイプ) 文字です。結合を実行するために使用されるフォームテンプレートも指定する必要があります。結合は、フォームテンプレートの既定のデータを使用して開始されます。

    フォームテンプレート ExpenseReportTemplate に基づく新しいフォームに、MyForm1 と MyForm2 というフォームを結合する場合。新しいフォームテンプレートは、コンピューター上の Forms フォルダーに保存されます。InfoPath を起動し、2つの既存のフォームを結合するには、次のように入力します。

c:\\ プログラム名 Office\Office14\infopath.exe/aggregate "form1 .xml" |"form2"、"formtemplate"

/design フォームテンプレート

デザインモードで、指定したフォームテンプレートを開きます。フォームテンプレートが指定されていない場合、InfoPath はフォームテンプレートを使わずにデザインモードで起動します。

   フォームテンプレート ExpenseReportTemplate で InfoPath をデザインモードで起動するには、次のように入力します。

"c:\\ プログラム名 Office\Office14\infopath.exe"/design ExpenseReportTemplate

/design フォームテンプレート/forcesaveas

デザインモードで、指定したフォームテンプレートを開きます。フォームテンプレートに変更を加えることはできますが、フォームテンプレートを開いた場所以外にも、そのファイルを保存しておく必要があります。

ヒント: このオプションを使用して、公開されている既存のフォームテンプレートを開き、変更します。このスイッチを使用すると、フォームテンプレートを別の場所に保存する必要があるため、発行場所のフォームテンプレートが誤って上書きされるのを防ぐことができます。発行ウィザードを使用するのではなく、発行場所にフォームテンプレートを保存して発行したフォームテンプレートを上書きした場合、ユーザーが新しいフォームを作成したり、このフォームテンプレートに基づく既存のフォームを変更したりすることができないことがあります。フォームテンプレートを別の場所に保存した後、フォームテンプレートを変更すると、発行ウィザードを使用して、発行場所にあるフォームテンプレートを発行して上書きすることができます。

   フォームテンプレート ExpenseReportTemplate で InfoPath をデザインモードで起動し、元の場所でフォームテンプレートを上書きしないようにするには、次のように入力します。

"c:\\ プログラム名 Office\Office14\infopath.exe"/design ExpenseReportTemplate. .xsn/forcesaveas

/design フォームテンプレート/readonly

デザインモードで、指定したフォームテンプレートを開きます。フォームテンプレートに変更を加えることはできますが、フォームテンプレートを開いた場所以外にも、そのファイルを保存しておく必要があります。

ヒント: このオプションを使用して、公開されている既存のフォームテンプレートを開き、変更します。このスイッチを使用すると、フォームテンプレートを別の場所に保存する必要があるため、発行場所のフォームテンプレートが誤って上書きされるのを防ぐことができます。発行ウィザードを使用するのではなく、発行場所にフォームテンプレートを保存して発行したフォームテンプレートを上書きした場合、ユーザーが新しいフォームを作成したり、このフォームテンプレートに基づく既存のフォームを変更したりすることができないことがあります。フォームテンプレートを別の場所に保存した後、フォームテンプレートを変更すると、発行ウィザードを使用して、発行場所にあるフォームテンプレートを発行して上書きすることができます。

   フォームテンプレート ExpenseReportTemplate で InfoPath をデザインモードで起動し、元の場所でフォームテンプレートを上書きしないようにするには、次のように入力します。

"c:\\ プログラム名 Office\Office14\infopath.exe"/design ExpenseReportTemplate. .xsn/readonly

/embedding

Microsoft Office infopathウィンドウを表示せずに、infopath を起動します。開発者は、InfoPath でカスタムアプリケーションをテストするときにこのオプションを使用します。

   これを行うには、次のように入力します。

c:\\ プログラム名 Office\Office14\infopath.exe "/embedding

/cache ClearAll

InfoPath を起動し、フォームテンプレートがコンピューターに保存されているキャッシュをクリアします。このオプションを使用して、ユーザーのコンピューターから未使用のフォームテンプレートを削除し、利用可能なディスクドライブの空き領域を増やします。このオプションは、フォームテンプレートに基づく既存のフォームまたは新しいフォームで使用できます。

   InfoPath を起動するには、フォーム MyForm を開き、すべてのフォームテンプレートのキャッシュをクリアしてから、次のように入力します。

"c:\\ プログラム名 Office\Office14\infopath.exe" MyForm .xml/cache ClearAll

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×