ID の Office 365 でのコンテンツの検索] ボックスの CSV ファイルを準備します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

特定のメールボックスの電子メール メッセージを検索できますが、Id にExchangeのリストを使用して他のメールボックスのアイテムの作成 (検索対象とすると呼ばれる正式な) ID] ボックスの一覧の検索を特定のメールボックスを識別するカンマ区切り (csv) ファイルを送信します。検索するアイテム。この CSV ファイルのResults.csvファイルやコンテンツの検索結果をエクスポートまたはコンテンツ検索レポートをエクスポートするときに含まれているインデックス Items.csvファイルを使用します。[これらのファイルを検索し、新しい ID] ボックスの一覧の検索を作成し、CSV ファイルを送信するのには、特定のアイテムを示すのいずれかを編集します。

ID の一覧の検索を作成するためのプロセスの概要をご紹介します。

  1. 作成して、 セキュリティ/コンプライアンス センターで新規またはガイド付きのコンテンツの検索を実行します。

  2. コンテンツ検索結果またはコンテンツ検索レポートをエクスポートします。詳細については、次のトピックを参照してください。

  3. Results.csvファイルまたはインデックス Items.csvを編集し、[ID] ボックスの一覧の検索に含めるを特定のメールボックスのアイテムを特定します。ID] ボックスの一覧の検索の CSV ファイルを準備するための手順を参照してください。

  4. 新しい ID のリストを作成する (手順を参照してください) を検索し、準備した CSV ファイルを送信します。作成される検索クエリは CSV ファイルで選択されたアイテムのみ検索します。

注: ID] ボックスの一覧の検索は、メールボックスのアイテムにのみサポートされます。SharePointとOneDriveのドキュメント ID の一覧の検索で検索することはできません。

ID の一覧の検索を作成する理由ですか?見つけるには、ID] ボックスの一覧の検索を使用できるアイテムが、 Results.csvまたはインデックス Items.csvファイル内のメタデータに基づく、電子情報開示要求への応答がある場合を判断することがない場合は、プレビュー、およびがあるかを確認するには、そのアイテムをエクスポートし、調査をしている場合に応答します。ID] ボックスの一覧の検索は通常、特定のインデックスのアイテムのセットを検索して使用します。

先頭に戻る

ID] ボックスの一覧の検索の CSV ファイルを準備します。

検索結果またはコンテンツ検索のレポートをエクスポートすると、ID] ボックスの一覧の検索の CSV ファイルを準備するのには、次の操作を行うことができます。この CSV ファイルでは、[ID] ボックスの一覧の検索にすべての項目を確認します。

SharePointサイトとOneDriveアカウントが含まれている検索から .CSV ファイルを使用することができますが、ID] ボックスの一覧の検索のメールボックスのアイテムだけを選択することに注意してください。ID の一覧の検索を作成するときにSharePointまたはOneDriveでドキュメントを選択した場合に、CSV ファイルでの入力規則は失敗します。

  1. Results.csv または Unindexed Items.csv ファイルを Excel で開きます。

  2. 新しい列を挿入し、Selected という名前を付けます。列を挿入する場所は重要ではありません。わかりやすいように、最初の列の左側に挿入するとよいでしょう。

  3. [選択した列で、 [はい]に対応する項目を検索するセルに」と入力します。すべてのアイテムを検索するには、この手順を繰り返します。

    重要: CSV ファイルを開くには、Excel で、 [全般]に [ドキュメント ID ] 列のデータの書式が変更されます。これは、結果、科学的表記法でアイテムのドキュメント ID を表示します。たとえば、「4.81037E + 11」と「481037338205」の ID が表示されるドキュメントがあるドキュメント ID の正しい形式を復元するのには、番号ドキュメント ID ] 列のデータ形式を変更するのには、次の手順を実行するにはこのしない場合は、CSV ファイルを使用する ID] ボックスの一覧の検索が失敗します。

  4. [ドキュメント ID] 列全体を右クリックして、[セルの書式設定] を選択します。

  5. [分類] ボックスの [数値] をクリックします。

  6. 小数点以下の桁数 0 に変更し、[OK] をクリックして、変更を保存します。[ドキュメント ID] 列の値が数値に変更されることにご注意ください。

    次の例を示します、ID] ボックスの一覧のコンテンツ検索用に送信する準備が整っている CSV ファイル。

    対象指定検索用に CSV ファイルの例
  7. CSV ファイルを保存するか、[名前を付けて保存] を使用して、別の名前でファイルを保存します。どちらの場合も、ファイルは必ず CSV 形式で保存してください。

先頭に戻る

ID の一覧の検索を作成します。

次の手順では、新しい ID リスト コンテンツの検索を作成して、前の手順では事前に準備している .CSV ファイルを送信します。

重要: 作成します ID の一覧の検索いいえ、コンテンツの検索結果、またはレポートをエクスポート後に 2 つ以上の日。検索結果またはエクスポート 2 日以上前に、レポートは、検索結果または更新された CSV ファイルを生成するレポートをエクスポートする必要があります再します。[更新された CSV ファイルのいずれかの準備をするし、ID] ボックスの一覧の検索の作成に使用できます。

  1. セキュリティ/コンプライアンス センターで、[検索と調査] > [コンテンツ検索] に移動します。

  2. [検索] ページで、 [追加] アイコン 新しい検索の横の矢印をクリックします。[ ID] ボックスの一覧での検索] をクリックします。

    新しい検索ドロップダウン リストから ID] ボックスの一覧での検索] をクリックします。
  3. ID] ボックスの一覧で検索] フライアウトで、[名前を検索 (し、必要に応じて説明)を参照する] をクリックして、前の手順では事前に準備している .CSV ファイルを選択します。

    Office 365が CSV ファイルを確認しようとするとします。検証が失敗した場合、エラー メッセージが表示されているできる、入力規則のエラーのトラブルシューティングを行うことがあります。CSV ファイルを ID] ボックスの一覧の検索を作成するのには正常に検証があります。

  4. CSV の後にファイルが正常に検証、ID] ボックスの一覧の検索を作成するのには、検索] をクリックします。

    見積もりの検索結果と ID] ボックスの一覧の検索の生成されたクエリの例を示します。

    詳細ウィンドウの対象指定コンテンツ検索の検索クエリ

    ID の検索の統計情報に表示される見積もりのアイテムの数が、CSV ファイル内で選択したアイテムの数を一致することに注意してください。

  5. プレビューする、または [ID] ボックスの一覧の検索によって返されるアイテムをエクスポートします。

注: ID の一覧の検索を作成した後、メールボックスを移動する場合、検索するためにクエリ指定した項目を返しません。メールボックスを移動したとき、メールボックスのアイテムの場合は、[ DocumentIdプロパティが変更されたためにです。めった ID の一覧の検索を作成した後、メールボックスが移動されると、新しいコンテンツの検索を作成する (または既存のコンテンツ検索の検索結果を更新する) 必要があり、エクスポート、検索結果またはレポートを使用できる更新された CSV ファイルを生成 新しい ID] ボックスの一覧の検索を作成します。

先頭に戻る

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×