iPhone、iPod、iPod touch、または iPad を使用してプレゼンテーションを行う

ステップ 1: スライドを iPhoto に送信する

iPhoto に送信されたスライドは、画像に変換されます。これによって、プレゼンテーションの画面切り替え、アニメーション、オーディオはすべて削除されます。

重要: この手順を完了するには、iPhoto 6 またはそれ以降のバージョンをインストールし、デバイスを iPhoto と同期するように設定しておく必要があります。

  1. ファイル メニューの 共有 をポイントして、iPhoto に送信 をクリックします。

  2. 新規アルバム名 ボックスに、写真コレクションの名前を入力します。

  3. フォーマット ポップアップ メニューで画像形式をクリックします。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

目的

操作

すべてのスライドを送信する

スライドすべて をクリックします。

選択したサムネイルまたは並べ替えたスライドを送信する

スライド選択済み をクリックします。

  1. スライドを画像として保存するには、iPhoto に送信 をクリックします。

ステップ 2: iTune を使用してデバイスに画像を転送する

スライドを iPhoto に画像として送信すると、iTunes を使用して iPhone、iPod、iPod touch、iPad などのデバイスに画像を転送できるようになります。

  1. コンピューターにデバイスを接続する

  2. iTunes を開き、デバイスに画像を追加します。

    注: デバイスに画像を追加する方法については、iTunes のヘルプを参照してください。

ステップ 3: プレゼンテーションを行う

スライドが個別の画像としてデバイスに保存されたので、デバイス上で直接スライド ショーを行うことができます。または、プロジェクターや iTunes がインストールされているコンピューターにデバイスを接続してプレゼンテーションを行うことができます。iPhone、iPod touch、または iPod を使用してプレゼンテーションを行う方法については、iTunes のヘルプを参照してください。

関連項目

別のアプリケーションやデバイスにプレゼンテーションをエクスポートして表示する

プレゼンテーションをムービー ファイルとして保存する

リモートの参加者にプレゼンテーションをブロードキャストする

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×