iOS 用 SharePoint モバイル アプリ

iOS 用 SharePoint モバイル アプリ

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

iOS 版のSharePointを使用して、イントラネットコンテンツにアクセスします。サイト、チームサイトのアクティビティ、ファイル、リストを参照して検索し、ユーザープロファイルを表示します。

ダウンロードとサインイン

Apple app Storeからアプリをダウンロードしたら、職場または学校のアカウントを使ってサインインして、デバイスからコンテンツにアクセスします。サインインについては、「 SharePoint アプリのサインインに関するサポート」を参照してください。

[検索]、[保存]、[閲覧]、[共有]、[お気に入り]、[コメント]

[検索] タブには、モバイルデバイス用のイントラネットコンテンツコラボレーションハブが用意されています。

  1. [クイックアクセス] と [最近使用したファイル] セクションのコンテンツに対してアクションを実行する

  2. よく利用されているリンクセクションからサイトにアクセスします。その他のサイトからフォローしているサイトを検索する

  3. SharePoint コンテンツを検索するには、虫眼鏡の横にある [ 虫眼鏡アイコン ] をタップします。

最近保存したコンテンツについては、[ Me ] タブを参照してください。

ニュースタブからニュースにアクセスします。詳しくは、「iOS 用 SharePoint モバイルアプリのチームニュース」をご覧ください。

注: SharePoint Server 2019、2016、2013には、前述のユーザーエクスペリエンスがわずかに異なります。たとえば、最近フォローしたサイトやアクセスしたことがある場合は、[サイト] タブに表示されます。 SharePoint Server 2019 には、専用のニュースタブはありません。ただし、ニュースはチームとコミュニケーションサイトで利用できます。

iOS 用 SharePoint のさらに詳しい情報

SharePoint Online iOS コミュニティに質問する

SharePoint Online管理者の場合は、 Office 365管理センターでOffice 365サポートチケットを開くこともできます。

サポート情報

SharePointアプリには、iOS 10.0 以降が必要です。iPhone、iPad、iPod touch に対応しています。アプリは、 Office 365 (エンタープライズ、教育機関、政府と DvNext)、 SharePoint Server 2013 、 SharePoint 2016のSharePoint Onlineに接続できます。Windows 認証 (NTLM) とフォームベース認証は、 SharePoint 2016とSharePoint Server 2013(オンプレミスとも呼ばれます) でサポートされています。オンプレミスの場合は、ADFS、Kerberos、基本認証、ダイジェスト認証、自己署名付き SSL、または1つのゾーンでの複数の認証の種類をサポートしていません。SharePoint Onlineの場合、多要素認証はサポートされません。SharePointでサポートされているすべての言語は、アプリによってサポートされます。言語の一覧については、「 SharePoint Server 2013 で言語パックを表示する」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×