iOS デバイスの APNs 証明書を作成する

iPad や iPhone など、iOS デバイスを Office 365 向けモバイル デバイス管理 で管理するには、APNs 証明書を作成する必要があります。

ポータル ページで [セットアップ] リンクから作成手順を実行します ([セキュリティ/コンプライアンス センター]、[セキュリティ ポリシー]、[デバイス管理]、[設定の管理] の順に進みます)。

モバイル デバイス管理の必要な手順と推奨手順の設定
  1. [iOS デバイス用 APN 証明書の構成] の横の [セットアップ] を選びます。

  2. [CSR ファイルをダウンロードします] を選んで、証明書署名リクエストをコンピューターに保存します。保存した場所を忘れないようにしてください。

    証明書署名リクエスト ファイルをダウンロードします。
  3. [Next] を選びます。

  4. APN 証明書を作成します。

    • [Apple APNS Portal] を選んで、Apple Push Certificates Portal を開きます。

      Apple Push Certificate Portal に移動して証明書を作成します。
    • Apple ID でサインインします。

      重要: ここで使う Apple ID は、アカウント管理担当者が組織を離れた後でも組織内に残るメール アカウントに関連付けられた、会社の Apple ID であることが必要です。証明書を更新する時期が来たときに同じ ID を使用する必要があるため、この ID が消滅することがあってはなりません。

    • [Create a Certificate] を選んで、[Terms of Use] に同意します。

    • [Browse] をクリックして、Office 365 からコンピューターにダウンロードした証明書署名リクエストのある場所を参照して、[Upload] を選びます。

    • [Download] をクリックして、Apple Push Certificate Portal で作成した APN 証明書をコンピューターにダウンロードします。

      ヒント: 証明書のダウンロードに問題がある場合は、ブラウザーを更新します。

  5. Office 365 に戻って [次へ] を選ぶと、[APNs 証明書のアップロード] ページが表示されます。

  6. Apple Push Certificates Portal からダウンロードした APN 証明書のある場所を参照します。

    Apple Push Certificate Portal で作成した証明書をアップロードする
  7. [完了] をクリックします。

[セキュリティ/コンプライアンス センター] に戻って、[セキュリティ ポリシー]、[デバイス管理]、[設定の管理] の順に選んでセットアップを完了します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×