FREQUENCY 関数

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

ここでは、Microsoft Excel の FREQUENCY 関数の書式および使用法について説明します。

説明

範囲内でのデータの頻度分布を計算し、縦方向の数値の配列として返します。 たとえば、FREQUENCY 関数を使うと、試験の成績の範囲内に含まれる成績の頻度分布を計算することができます。 FREQUENCY 関数では配列が返されるため、配列数式として入力する必要があります。

FREQUENCY(データ配列, 区間配列)

FREQUENCY 関数の書式には、次の引数があります。

  • データ配列    必ず指定します。 頻度分布の計算対象となる値セットの配列、またはこのセットへの参照を指定します。 データ配列に値が含まれていない場合は、0 の配列が返されます。

  • 区間配列    必ず指定します。 区間配列の値をグループ化する間隔の配列、またはこの間隔への参照を指定します。 区間配列に値が含まれていない場合は、データ配列に指定した要素の数が返されます。

  • FREQUENCY 関数を使うと、隣接するセル範囲が選択された後、そのセル範囲に配列数式として入力されます。このセル範囲にデータの頻度分布が表示されます。

  • 返される配列の要素の数は、区間配列に指定された要素の数より 1 大きい値です。 返された配列のその余分な要素は、最大間隔を超えた値があればその個数を返します。 たとえば、3 つのセルに入力された 3 つの範囲 (間隔) の値をカウントするときは、FREQUENCY を 4 つのセルに入力して結果を得るようにします。 その余分なセルは、3 つ目の間隔値を超える、データ配列内の値の個数を返します。

  • 引数として指定した配列またはセル範囲に空白セルまたは文字列が含まれている場合、これらは無視されます。

  • 計算結果が配列となる数式は、配列数式として入力する必要があります。

FREQUENCY 関数の例

Excel では正常に動作する配列数式として上記の数式を入力する必要があります。 数式を入力したら、 Enterキーを押して、現在の Office 365 サブスクリプションがある場合それ以外の場合、 ctrl キーを押しながら shift キーを押しながら Enterキーを押します。

注: 現在のバージョンのOffice 365を使用している場合は、出力範囲の左上のセルに式を入力しENTERキーを押して、式を動的な配列の数式として確定することができます。 それ以外の場合、最初に出力範囲を選択し、出力範囲の左上のセルに数式を入力し、CTRL+SHIFT+ENTERキーを押して確定し、従来の配列数式として数式を入力する必要があります。 Excel によって、数式の先頭と末尾に中かっこが挿入されます。 配列数式の詳細については、「配列数式のガイドラインと例」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×