FormatCurrency 関数

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

システムのコントロール パネルで定義されている通貨記号を使って通貨値として書式設定された式を返します。

構文

FormatCurrency ( Expression [, NumDigitsAfterDecimal ] [, IncludeLeadingDigit ] [, UseParensForNegativeNumbers ] [, GroupDigits ] )

FormatCurrency 関数構文の引数は次のとおりです。

引数

説明

Expression

必須。書式設定する式です。

NumDigitsAfterDecimal

省略可能。小数点の右側に表示される桁数を示す数値です。既定値は –1 で、コンピューターの地域設定が使われることを意味します。

IncludeLeadingDigit

省略可能。小数値の前に 0 を表示するかどうかを指定する tristate 定数です。値については、「設定」セクションを参照してください。

UseParensForNegativeNumbers

省略可能。かっこ内の数値を負の値として扱うかどうかを指定する tristate 定数です。値については、「設定」セクションを参照してください。

GroupDigits

省略可能。コンピューターの地域設定で指定されている桁区切り文字を使って数値の桁を区切るかどうかを指定する tristate 定数です。値については、「設定」セクションを参照してください。


設定

IncludeLeadingDigit UseParensForNegativeNumbersGroupDigits 引数の設定は次のとおりです。

定数

説明

vbTrue

–1

True

vbFalse

0

False

vbUseDefault

–2

コンピューターの地域設定の設定を使います。


解説

省略可能な引数を省略すると、省略した引数の値はコンピューターの地域設定から提供されます。

通貨値に対する通貨記号の相対的な位置は、システムの地域設定によって決まります。

注:  すべての設定情報は地域の設定の [通貨] タブから取得されますが、先頭の 0 の設定だけは [数値] タブから取得されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×