FAQ: Windows 10 S モードでの Office

Microsoft Storeの Office とは

使い慣れた信頼できる Office を Microsoft Storeから新しい方法で入手できます。

Office を Microsoft Storeから入手できる理由

Office を Online ストア で利用可能にするには、ユーザーが知っており、信頼している Office アプリケーションを入手するために S モードで Windows 10 を起動し、Surface ノート PC を使うことをユーザーに許可する必要があります。Online ストア で Office のインストールと更新は Windows 10 のデバイスでも利用可能です。

Online ストア でどのアプリが Office の一部ですか。

Online ストア で次のアプリが Office の一部です。

  • Word

  • Excel

  • PowerPoint

  • OneNote for Windows 10

  • Outlook (Office 365 Education プランの場合、ご利用いただけません)

  • Access​​ (Office 365 Education プランの場合、ご利用いただけません)

  • Publisher (Office 365 Education プランの場合、ご利用いただけません)

S モードでの Windows 10 では、どのエディションの Office が動作しますか。

いくつかのエディションの Office で Microsoft Storeの Office にアクセスし、S モードでの Windows 10 で Office を実行できます。プランの内容:

  • Office 365 Solo

  • Office Home and Business 2016

  • Office 365 A1 Plus

  • Office 365 A5

Microsoft Storeの Office と既存の Office デスクトップ スイート製品の間に違いはありますか。

Microsoft Store の Office はいくつかの点が異なります。

  • その他のインストール方法を通して Office で発生した問題点と制限事項は、Microsoft Storeの Office にも適用されます。たとえば、Exchange 2007 に関する Outlook 2016 の制限事項はまだ存在します。

  • インストールできるのは、32 ビット版の Office に限られます。

  • OneNote 2016 の代わりに OneNote for Windows 10 が含まれています。

  • Microsoft Store 経由で Office がインストールされている場合、一部の Office アドインは動作しない場合があります。より多くのアドインとの互換性を Microsoft Storeの Office に持たせるための取り組みを行っています。

  • Microsoft Storeの Office はデバイスあたり 1 人のユーザーを許可するだけであるため、同じデバイス上の Office を複数のユーザーで使用できない場合があります。

  • Office アプリには、[ファイル]、[アカウント] の順に選択してアクセスする [今すぐ更新] ボタンがなくなりました。Microsoft Store の Office の更新は自動的に行われ、ストアの更新プログラムを通してプッシュされます。Office を手動で更新する場合は、ストア アプリを開き、プロフィール画像をクリックし、[ダウンロードと更新プログラム]、[更新内容の取得] の順にクリックします。

  • Microsoft Office 2016 ツールのほとんどは Microsoft Store の Office では使用できませんが、一部のツールについては Office アプリから直接アクセスできます。

    • Database Compare 2016 は使用できません。

    • Spreadsheet Compare 2016 は使用できません。

    • Office 2016 テレメトリ ダッシュボードは使用できません。

    • Office 2016 テレメトリ ログは使用できません。

    • Office 2016 アップロード センターは必要ありません。

    • Office 2016 言語設定は、Office アプリ内で使用できます。いずれかのアプリを使用しているときに、[ファイル]、[オプション]、[言語] の順に選択します。

    • Skype for Business レコーディング マネージャーは Skype で使用できます。Skype で、[オプション]、[ツール]、[レコーディング マネージャー] の順に進みます。

Microsoft Storeの Office モバイル アプリについてはどうですか。

Office モバイル アプリ (Word、Excel、PowerPoint) は画面サイズが 10.1" 以下のスマートフォンやタブレットなどのモバイル デバイスに推奨されていますが、S モードでの Windows 10 搭載のデバイスで使用できます。

注: Office モバイル アプリを使って、画面サイズが 10.1" 以上のデバイスで編集するには Office 365 サブスクリプションが必要です。

個人、教育機関、法人向けプラン用の Microsoft Storeの Office

お使いの Office 製品のタブを選択してください。

消費者向け S モードでの Windows 10 デバイスに Office は付属していますか。

S モードでの Windows 10 を実行している Surface Laptop には、Office Home and Business 2016 が付属しています。

Windows 10 Pro にアップグレードした場合、S モードでの Windows 10 Surface Laptop に付属の Office Home and Business 2016 はどうなりますか。

それがなくなることはありません。

Microsoft Storeの Office は、あらゆる市場の消費者が入手できますか。

Microsoft Storeでサポートされているあらゆる市場で Office を入手できます。

S モードでの Windows 10 デバイスで Office Home & Business 2016 のライセンス認証を行うにはどうすればよいですか?

Office をインストールし、ライセンス認証する方法については、「Windows 10 S を実行している PC で Microsoft Store の Office をインストールする」を参照してください。

教育機関が S モードでの Windows 10 で Office を実行するには何が必要ですか。

S モードでの Windows 10 デバイスで Office を実行するには、教育機関に Office 365 テナントと教育機関向け Microsoft ストア テナントの両方が必要です。Office 365 Education プランを購入したら、IT 管理者は次のいずれかの方法を使用して、このスイートをインストールすることができます。

  1. 学校用 PC のセットアップ アプリでインストールする (推奨)

    このアプリは Microsoft Store for Education で入手できます。IT 管理者はこれを使用し、Office バンドルやその他のアプリの展開パッケージを作成できます。展開パッケージはダウンロードして USB キーにコピーし、複数のデバイスに繰り返し展開できます。ネットワーク帯域幅の利用が最小限に抑えられます。この手法は一括展開シナリオに推奨されます。IT 管理者は Microsoft Storeの学校用 PC のセットアップからこのアプリをダウンロードできます。

    このアプリの設定方法と使用方法の詳細については、「学校用 PC のセットアップ アプリを使用する」を参照してください。

  2. Intune でインストールする

    IT 管理者は Intune for Education を利用し、Office バンドルを各デバイスにプッシュすることもできます。つまり、毎回、ネットワーク経由で Office をダウンロードし、インストールする必要があります。ネットワーク帯域幅の利用が増えます。この手法は 1 回限りの展開シナリオに推奨されます。

    Intune for Education の詳しい利用方法については、「How do I add apps to Intune for Education?」 (Intune for Education にアプリを追加する方法) を参照してください。

IT 管理者が S モードでの Windows 10 デバイスに Office をインストール後、Office クライアントの権利を含む Office 365 "シート" が割り当てられていれば、学校関係者は誰でもそのデバイスで Office を利用できます。Office クライアントの権利は次の Office 365 サブスクリプションに含まれています。

現行のプラン

過去のプラン

  • Office 365 Education Plus for Faculty*

  • Office 365 Education Plus for Students*

  • Office 365 ProPlus 教職員用

  • Office 365 ProPlus for Students

  • Office 365 Education E5 for Faculty

  • Office 365 Education E5 for Students

  • Office 365 Education E3 for Faculty

  • Office 365 Education E3 for Students

  • Office 365 Education E4 for Faculty

  • Office 365 Education E4 for Students

  • Office 365 Education E5 for Faculty (PSTN 会議なし)

  • Office 365 Education E5 for Students (PSTN 会議なし)

*Teacher Use Benefit プログラムと Student Use Benefit プログラムでご利用いただけます。

多くの場合、教育機関に在籍するすべての学生には、Student Use Benefit プログラムの下、Office クライアントにアクセスする権利が与えられます。Office のインストール後、Office 365 シートと共にクライアントにアクセスする権利が割り当てられている学生と教職員は組織の ID でサインインし、S モードでの Windows 10 で Office アプリケーションを利用できます。

法人として S モードでの Windows 10 デバイスで Office を使う意向です。どのようなオプションがありますか?

一般法人の場合、最初にお使いの S モードでの Windows 10 デバイスを Windows 10 Pro にアップグレードし、それから法人向け Office をインストールすることが推奨されます。Microsoft Storeの Office では現在のところ、Office 365 ビジネス プランやボリューム ライセンスはサポートしていません。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×