スキップしてメイン コンテンツへ

S モードでの Windows 10 の Office

Office のバージョンが S モードでの Windows 10 で実行されている場合は、Office アドインが機能しない可能性があります。 この問題を解決するには、S モードでの Windows 10 を切り替えます。

また、S モードでの Windows 10 を切り替えた後でも、Office の Microsoft ストアをインストールしている場合は、一部のアドインが機能しない可能性があります。 この問題を解決するには、 Click-to-run インストールに切り替える必要があります。


使用しているオペレーティングシステムがわからない場合は使用している Windows のバージョンを確認する を参照してください。

インストールしている Office の種類を確認
します。わからない場合は、次の操作を行います。

  1. ファイルを作成するか、既存のファイルを開き、[ファイル]、[アカウント] ([Office アカウント] と表示される場合もあります) の順に選択します。

  2. [製品情報] で、[バージョン情報] ボタンを見つけ、次の項目を確認します。

    クイック実行

    バージョンとビルドがクイック実行であることを示すスクリーンショット

    クイック実行インストールには、バージョンとビルド番号があり、クイック実行という語句が含まれます。

    MSI

    MSI インストールの [Office のバージョン情報] ボタンのスクリーンショット。 バージョンやビルド番号は含まれません

    MSI インストールには、バージョンやビルド番号がありません。

    Microsoft Store

    バージョンとビルドが Microsoft Store であることを示すスクリーンショット

    Microsoft Store インストールには、バージョンとビルド番号があり、Microsoft Store という語句が含まれます。

アドインを修正する

  1. S モードでの Windows 10 を実行している場合は、Windows 10 Pro に切り替える必要があります。 「Windows 10 の S モードに切り替える」を参照してください。

    完了したら、アドインがインストールされているバージョンの Office で動作しているかを確認します。または、Microsoft ストアバージョンをアンインストールしてから、Click-to-run バージョンを使用して Office を再インストールします。

  2. Office の Microsoft ストアのアンインストール

  3. Office の Click-to-run バージョンのインストール

    ヒント: Office のエンタープライズバージョンを管理する ITPro は、Office 365 ProPlus の展開ガイドのインストールガイドに従ってください。

Click-to-run インストールが完了したら、Office アドインをインストールしてアクティブ化します。

IT 部門向けのみ

以下のセクションは、企業や学校のデバイスで S モードでの Windows 10 を実行している IT 部署のみを対象としています。

企業での Office

一般法人の場合、S モードでの Windows 10 デバイスを Windows 10 Pro にアップグレードし、法人向け Office をインストールすることをお勧めします。

学校での Office

学校に Office アドイン要件がない場合は、デバイスで S モードでの Windows 10 を実行することができます。 それには、Office 365 テナントと教育機関向け Microsoft ストア テナントの両方が必要です。 Office 365 Education プランを購入したら、IT 管理者は次のいずれかの方法を使用して、このスイートをインストールすることができます。

  1. 学校用 PC のセットアップ アプリでインストールする (推奨)

    このアプリはMicrosoft Store for Educationで入手でき、IT管理者はOffice バンドルおよび他のアプリ用の展開パッケージを作成できます。 展開パッケージはダウンロードして USB キーにコピーし、複数のデバイスに繰り返し展開できます。ネットワーク帯域幅の利用が最小限に抑えられます。 この手法は一括展開シナリオに推奨されます。 IT管理者は、Microsoft StoreのSet Up Schools PCsからアプリをダウンロードできます。

    このアプリの設定方法と使用方法の詳細については、「学校用 PC のセットアップ アプリを使用する」を参照してください。

  2. Intune でインストールする

    IT 管理者は Intune for Education を利用し、Office バンドルを各デバイスにプッシュすることもできます。 つまり、毎回、ネットワーク経由で Office をダウンロードし、インストールする必要があります。ネットワーク帯域幅の利用が増えます。 この手法は 1 回限りの展開シナリオに推奨されます。

    Intune for Education の詳しい利用方法については、「How do I add apps to Intune for Education?」 (Intune for Education にアプリを追加する方法) を参照してください。

IT 管理者が S モードでの Windows 10 デバイスに Office をインストール後、Office クライアントの権利を含む Office 365 "シート" が割り当てられていれば、学校関係者は誰でもそのデバイスで Office を利用できます。 Office クライアントの権利は次の Office 365 サブスクリプションに含まれています。

現行のプラン

過去のプラン

  • Office 365 Education Plus for Faculty*

  • Office 365 Education Plus for Students*

  • Office 365 ProPlus 教職員用

  • Office 365 ProPlus for Students

  • Office 365 Education E5 for Faculty

  • Office 365 Education E5 for Students

  • Office 365 Education E3 for Faculty

  • Office 365 Education E3 for Students

  • Office 365 Education E4 for Faculty

  • Office 365 Education E4 for Students

  • Office 365 Education E5 for Faculty (PSTN 会議なし)

  • Office 365 Education E5 for Students (PSTN 会議なし)

*Teacher Use Benefit プログラムと Student Use Benefit プログラムでご利用いただけます。

多くの場合、教育機関に在籍するすべての学生には、Student Use Benefit プログラムの下、Office クライアントにアクセスする権利が与えられます。 Office のインストール後、Office 365 シートと共にクライアントにアクセスする権利が割り当てられている学生と教職員は組織の ID でサインインし、S モードでの Windows 10 で Office アプリケーションを利用できます。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×