Express-G エンティティレベルとスキーマレベルの図を作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

例を表示

Express-G エンティティ レベルおよびスキーマ レベル図

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[ソフトウェアとデータベース] をポイントして、[ Express-G] をクリックします。

  2. エンティティ図形またはデータ図形 (基本型列挙型定義された型、またはSelect type) を、 Express-Gから図面ページにドラッグします。

    注: 名前またはデータ型をいつでも変更するには、図形を右クリックし、[エンティティ名の設定] または [データ型の設定] をクリックします。

  3. 使用しているエンティティまたは参照先のエンティティ図形を図面ページにドラッグして、スキーマ間参照を作成します。

    注: スキーマの詳細をいつでも変更するには、図形を右クリックし、[スキーマの詳細の設定] をクリックします。

  4. エンティティ、データ、ページ参照、およびその他の Express-G 図形間の関係を示すには、次のいずれかのコネクタを使用して図形を接続します。基数逆基数通常の r'ship、またはサブタイプ/スーパータイプ。

  5. 境界図形とスキーマ図形を使用して、境界を指定します。

注: エンティティとデータ図形を1つのレイヤーとリレーションシップ図形に割り当てることができます。その後、関係が添付されているかどうかに関係なく、エンティティとリレーションシップの図形を表示または印刷します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×