Excel Web Access Web パーツの概要

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

excel Access Web パーツは、ドキュメントライブラリから excel ブックを表示する SharePoint テクノロジです。Excel web Access Web パーツは、sharepoint ドキュメントライブラリ内の任意のブックに接続して、ダッシュボードまたはその他の sharepoint ページで使用できます。たとえば、四半期ごとのレポートの選択した要素をダッシュボードに表示する場合があります。

Excel Web Access の基本的なコンポーネント

単一の Excel web Access web パーツにすべての複数シートのブックを表示したり、名前付きアイテムとして発行するためにブックの要素を1つだけ選択したりすることができます。たとえば、1つのワークシート、名前付きアイテム、またはその他のオブジェクトに基づいて、ソースブックを複数のセクションに分割し、それらのセクションを別々に発行できます。次に、分離されたセクションを個々の web パーツに接続し、web パーツページにアクセス許可を構成して、ブックセクションへのアクセスを制御できます。さらに、公開された Web パーツを互いに接続して、クロスフィルター処理と動的なデータ更新を可能にすることもできます。最後に、Excel web Access web パーツは再利用可能になります。必要に応じて、多くの web ページで同じ Excel web Access web パーツを使うことができます。

Excel Access Web パーツを使用すると、レポートを他のユーザーと簡単に共有したり、データを分析したり、調査したりすることができます。

この記事の内容

Excel web Access web パーツとは

Excel Web Access Web パーツをページに追加する

ブックを Web パーツに接続する

Excel web Access web パーツとは

excel web Access web パーツのブックは、Microsoft excel のブックの外観と動作に非常に似ています。たとえば、Excel web Access web パーツのブックには、シートのタブ、[アウトライン] ボタン、ドロップダウン矢印があります。Web パーツをカスタマイズするには、いくつかの方法があります。

Excel Web Access を使って Excel ブックを共有する

1. トップセクションには、タイトルと、複数のメニュー、コマンド、ドロップダウンリストを含むツールバーが含まれています。

2. メインウィンドウには、1つまたは複数のワークシート (ワークシートビュー) または名前付きアイテム (名前付きアイテムビューのグラフなど) が表示されます。さらに、メインウィンドウには、ブックの内容の輪郭が表示される場合があります。

3. パラメーターがソースブックに定義されているときに表示される [パラメーター ] ウィンドウには、定義されたパラメーターのデータ入力用のテキストボックスと、各パラメーターの詳細情報を提供するオプションのツールヒントがラベルに付けられています。

4. 一番下には、データ更新メッセージが表示されます。

Excel web Access web パーツにブックを表示するには、web パーツをページに追加し、そのブックを web パーツに接続する必要があります。最後の手順として、web パーツの Excel web Access ツールウィンドウで [プロパティ] を選択して、web パーツをカスタマイズすることができます。プロパティを構成することで、Web パーツのサイズとレイアウトを制御し、ユーザーがブックを操作する方法を制御できます。

<link xlink:href="6b4ab13a-32a7-427f-8dbc-a076ae2e6132#__top">ページの先頭へ</link>

Excel Web Access Web パーツをページに追加する

この手順では、Excel Web Access Web パーツを既存の Web パーツ ページに追加するという特定の手順が必要です。 ページに Web パーツを追加するには、サイトの <サイト名> のメンバーという既定の SharePoint グループに属している必要があります。

該当するページがない場合は、サイト ページを作成する必要があります。

Excel web Access web パーツを web パーツページに追加するには、次の手順を実行します。

  1. Excel web Access web パーツを追加する web パーツページから、使用する web パーツ領域を探します。ゾーンで、[ Web パーツの追加] をクリックします。.

  2. Web パーツ ページに、Web パーツを追加するためのゾーンが含まれる 次の図は、新しく作成された Web パーツページの例を示しています。このページには、ヘッダーゾーンと1つの Body ゾーンが含まれています。各ゾーンには、[ Web パーツの追加] ボックスが含まれています。

  3. Excel web Access web パーツを追加するゾーンで、[ web パーツの追加] をクリックして [作成] ダイアログボックスを表示します。

  4. [作成] ダイアログボックスで、[ Excel Web Access ] を選びます。次に、[追加] をクリックします。

    これで、Web パーツがページに追加され、[ブックを選択してください] ウィンドウが表示されます。

<link xlink:href="6b4ab13a-32a7-427f-8dbc-a076ae2e6132#__top">ページの先頭へ</link>

ブックを Web パーツに接続する

  1. Excel Web Access の [ブックを選択してください] ウィンドウで、[ツール ウィンドウを開くには、ここをクリックしてください] のリンクをクリックします。 ページが編集モードに変わり、Excel Web Access ツール ウィンドウが表示されます。

Excel Web Access Web パーツに [ブックを選択してください] ウィンドウが表示される

  1. ツール ウィンドウで Excel Web Access Web パーツのプロパティを選んで入力します。 [ブック] テキストボックスの [ ブックの表示] セクションで、ブックの URL または UNC を入力します。URL がわからない場合は、[参照] ボタンをクリックして、使用するブックを選びます。

  2. [ツール バーとタイトル バー] セクションと [ナビゲーションと対話機能] セクションで、有効にするプロパティを 1 つ以上選びます。 プロパティを無効にする場合は、関連するチェック ボックスをオフにします。

変更を保存して Web パーツの編集モードを終了するには、Web パーツのツール ウィンドウの下部にある [OK] をクリックします。 または、表示モードでのブックの編集と表示を中止するには、[編集の終了] をクリックします。

これで、関連するブックの使用を構成した Web パーツがページに表示されます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×