スキップしてメイン コンテンツへ

Excel Web Access Web パーツのカスタム プロパティ

カスタムプロパティを使用して、Microsoft Office Excel Web Access Web パーツのビュー、レイアウト、ツールバー、および対話機能をカスタマイズします。 以下のセクションでは、各プロパティの参照情報について説明します。

この記事の内容

ブックの表示セクション

[ツールバーとタイトル] セクション

ナビゲーションとインタラクティビティのセクション

ブックの表示セクション

ブック (WorkbookUri)

テキストボックスに、Excel Web Access で表示するブックの URL または UNC を入力します。

ブックを簡単に見つけられるようにするには、[ [ビルダー] ボタン リンクの選択] をクリックし、[リンクの選択--Web ページ] ダイアログウィンドウを使ってブックを見つけます。

名前付きアイテム (VisibleItem)

Excel Web Access に表示する、名前付き範囲、またはワークシート、テーブル、グラフ、ピボットテーブルレポート、またはピボットグラフレポートの名前を入力します。

長い文字列を簡単に編集できるようにするには、[リンクの選択] をクリックし [ビルダー] ボタン [テキストビルダー-Web ページ] ダイアログウィンドウを使って文字列を編集します。

注: このプロパティは、ブックを Excel Services に保存したときに、特定のワークシートまたは名前付きアイテムを選んだかどうかにかかわらず使用できます。

詳細については、「 Excel Services で名前付きアイテムを表示する」を参照してください。

行 (RowsToDisplay)

シートを上下左右に改ページするときに表示する行の数を入力します。 有効な値は 1 ~ 500 です。 既定値は75です。 大きい値は、小さいフォントサイズを作成できます。

詳細については、「Excel Services でブック内を移動する」を参照してください。

この値はパーソナライズできます。 Web パーツのカスタマイズの詳細については、「Microsoft Windows SharePoint Services のヘルプ」を参照してください。

列 (ColumnsToDisplay)

シートを上下左右に改ページするときに表示する行の数を入力します。 有効な値は 1 ~ 500 です。 既定値は75です。 大きい値は、小さいフォントサイズを作成できます。

この値はパーソナライズできます。 Web パーツのカスタマイズの詳細については、「Windows SharePoint Services のヘルプ」を参照してください。

詳細については、「Excel Services でブック内を移動する」を参照してください。

ページの先頭へ

[ツールバーとタイトル] セクション

タイトルバー:    

Web パーツタイトルを自動生成する (AutoGenerateTitle)

このチェックボックスをオンにすると、[外観] セクションの [タイトル] プロパティで指定したブックのファイル名に基づいてタイトルが自動的に作成され、そのタイトルが Web パーツのタイトルバーに追加されます。 このチェック ボックスは、既定でオンになっています。

このチェックボックスをオフにすると、[タイトル] プロパティに入力されている現在の値を使用するか、そのプロパティに値が含まれていない場合はタイトルを非表示にすることができます。

自動生成 Web パーツタイトル URL (AutoGenerateDetailLink)

このチェックボックスをオンにすると、Web パーツのタイトルバーにハイパーリンクが自動的に作成され、ユーザーがクリックするとブラウザーウィンドウにブックが表示されます。 このチェック ボックスは、既定でオンになっています。

このチェックボックスをオフにすると、 [詳細設定] セクションの [タイトル URL ] プロパティに入力された別の値を使用します。このチェックボックスをオフにすると、有効な url または値がない場合があります。 このチェックボックスをオフにすると、[タイトル URL ] プロパティの現在の値も削除されます。

ツールバーの種類 (ToolBarStyle)

ツールバーのコマンドやボタンの表示と非表示を切り替えるには、次のいずれかのオプションを選択します。

完全     すべてのツールバーを表示します。 このチェック ボックスは、既定でオンになっています。

完全なツールバーには、[メニューを開く] ([excel コマンドで開く] および [ excel でスナップショットを開く])、[更新] メニュー ([選択した接続の更新]、[すべての接続の更新] コマンド) が含まれています。[ブックの再読み込み] コマンド、[ブックの再読み込み] コマンド)、[ ボタンの画像検索] ボタン、名前付きアイテムビューの [ビュー ] ドロップダウンリスト、[ヘルプ]。

Web パーツページで Excel Web Access を表示していて、使用可能なすべてのコマンドやボタンにユーザーがアクセスできるようにする場合は、完全なツールバービューを使用することができます。

概要     表示されるのは次のとおりです。 [メニューを開く]と [excel でスナップショットを開く]、[更新] メニュー ([選択した接続ブックの再読み込み])、[ビュー ] ドロップダウンリスト (名前付きアイテムビューの場合)、必要に応じてナビゲーションボタンとヘルプ

Excel Web Access をダッシュボードなどの Web パーツページ上の他の Web パーツに接続していて、この制限されたコマンドとボタンのみが必要な場合は、[概要] ツールバーを使用することができます。

ナビゲーションのみ     次のような状況に応じて、次のコマンドとボタンが表示されます。

  • Excel Web Access がワークシートビューにある場合は、必要に応じてナビゲーションボタンが表示され、ヘルプが表示されます。

  • Excel Web Access が名前付きアイテムビューに含まれている場合は、[ビュー] ドロップダウンリスト、必要に応じてナビゲーションボタン、ヘルプ表示されます。

なし     ツールバーを非表示にします。

表示する名前付き範囲やグラフなど、特定の名前付きアイテムを選択したときに [なし] を選択した場合、たとえば、ダッシュボードや Web パーツページを作成しているときなど、操作やヘルプは必要ありません。

ツールバーメニューのコマンド:    

Excel で開き、Excel でスナップショットを開く (AllowInExcelOperations)

このチェックボックスをオンにすると、ユーザーのコンピューターに Excel がインストールされている場合に、ユーザーが Microsoft Office Excel でブックを開くことができるように、ツールバーの [開く] メニューの [Excel で開く] と [スナップショットを excel で開く] コマンドが表示されます。 このチェック ボックスは、既定でオンになっています。

このチェックボックスをオフにすると、[ excel で開く] コマンドと [スナップショットを excelで開く] コマンドが非表示になり、ユーザーが excel でブックを開くことができなくなります。

詳細については、「Excel Services から Excel のブックまたはスナップショットを開く」を参照してください。

選択した接続の更新、すべての接続の更新 (AllowManualDataRefresh)

このチェックボックスをオンにすると、選択した接続の更新と、ツールバーの [更新] メニューの [すべての接続の更新] コマンドが表示され、ユーザーが外部データソースへのすべてまたは選択した接続を手動で更新できるようになります。 このチェック ボックスは、既定でオンになっています。

このチェックボックスをオフにすると、ツールバーの [更新] メニューの [選択した接続の更新] と [すべての接続の更新] コマンドが非表示になります。

注: 手動更新操作は、ピボットテーブルレポートでオンライン分析処理 (OLAP) クエリを実行する操作を実行する場合にも発生する可能性があります。

詳細については、「 Excel Services で外部データを更新する」を参照してください。

ブックの計算 (AllowRecalculation 計算)

このチェックボックスをオンにすると、ツールバーの [更新] メニューに [ブックの計算] コマンドが表示されます。 このチェック ボックスは、既定でオンになっています。

このチェックボックスをオフにすると、ツールバーの [更新] メニューの [ブックの計算] が非表示になります。

注: このプロパティは、コマンドの表示のみに影響し、ブック内の現在の計算設定には影響しません。

詳細については、「 Office Excel Web Access でデータを計算、再計算する」を参照してください。

名前付きアイテムのドロップダウンリスト (ShowVisibleItemButton)

このチェックボックスをオンにすると、ツールバーに [表示] ドロップダウンリストが表示されます。 このチェック ボックスは、既定でオンになっています。 Excel Web Access も名前付きアイテムビューに含まれている必要があります。

このチェックボックスをオフにすると、ツールバーの [ビュー ] ドロップダウンリストが非表示になります。 名前付きアイテムビューを使用しているときに、ユーザーがアイテムを変更できないようにし、ダッシュボードまたは Web パーツページに特定のアイテムを表示する必要がある場合は、このドロップダウンリストを無効にすることができます。

詳細については、「 Excel Web Access で名前付きアイテムを表示する」を参照してください。

ページの先頭へ

ナビゲーションとインタラクティビティのセクション

ゲート    

ブックのナビゲーション (AllowNavigation)

このチェックボックスをオンにすると、ページボタンとシートのタブを使用してブック内を移動できるようになり、[ ボタンの画像検索] を使用して別のシートに移動することができます。 このチェック ボックスは、既定でオンになっています。

このチェックボックスをオフにすると、ユーザーはページボタン、シートタブ、および [検索] ボタンを使用してブック内を移動できなくなります。 名前付き範囲やグラフなどの特定の名前付きアイテムのみを表示する場合や、Excel Web Access をダッシュボードまたは Web パーツページ上の別の Web パーツに接続している場合は、このチェックボックスをオフにすることができます。

ハイパーリンク (AllowHyperlinks)

このチェックボックスをオンにすると、ブック内の場所、またはブック外のファイルやドキュメントに対してアクティブなハイパーリンクが有効になります。 ブック内の場所へのハイパーリンクを有効にするには、[ブックのナビゲーション] プロパティも有効になっている必要があります。

このチェックボックスをオフにすると、ブック内の場所、またはブック外のファイルとドキュメントのいずれかにかかわらず、ハイパーリンクが無効になります。 ハイパーリンクは非アクティブなテキスト文字列に変換されます。

詳細については、「 Excel For Windows でハイパーリンクを操作する」を参照してください。

対話    

ブックの対話機能 (AllowInteractivity)

このチェックボックスをオンまたはオフにして、ブックの操作を有効または無効にします。 このチェック ボックスは、既定でオンになっています。

ブックを操作するには、外部データの手動、定期的、自動更新、パラメーター値の設定、並べ替え、フィルター処理、アウトライン処理、ピボットテーブルレポート内のデータのレベルの展開または折りたたみなど、次の操作が含まれます。

パラメーターの変更 (AllowParameterModification 変更)

このチェックボックスをオンにすると、[パラメーター ] 作業ウィンドウが表示され、ブックに対して定義されているパラメーターの値を変更する機能が有効になります。 このチェック ボックスは、既定でオンになっています。

このチェックボックスをオフにすると、[パラメーター ] 作業ウィンドウが非表示になり、ブックに対して定義されているパラメーター値の表示と変更ができなくなります。

注: [ブックの対話操作] チェックボックスがオフの場合、[パラメーターの変更] プロパティは淡色表示され、選択またはクリアすることはできません。

詳細については、「 Excel Services でブックのパラメーターを変更する」を参照してください。

表示パラメーター作業ウィンドウ (ShowWorkBookParameters)

このチェックボックスをオンにすると、ブックに対してパラメーターが定義されている場合、[パラメーター ] 作業ウィンドウの表示が有効になります。 このチェック ボックスは、既定でオンになっています。

ブックに対してパラメーターが定義されている場合でも、[パラメーター ] 作業ウィンドウを表示しないようにするには、このチェックボックスをオフにします。 このチェックボックスをオフにして、ユーザーがパラメーターを変更できないようにすることもできます。代わりに、フィルター Web パーツを使用して値を変更します。

注: [パラメーターの変更] チェックボックスがオフの場合、[表示パラメーター] 作業ウィンドウプロパティは淡色表示になっていて、オンまたはオフにすることはできません。

詳細については、「 Excel Services でブックのパラメーターを変更する」を参照してください。

並べ替え (AllowSorting)

セル範囲、Excel テーブル、およびピボットテーブルレポートの並べ替えを有効にするには、このチェックボックスをオンにします。 このチェック ボックスは、既定でオンになっています。

このチェックボックスをオフにすると、セル範囲、Excel テーブル、およびピボットテーブルレポートの並べ替えができなくなります。 ただし、既にブックに適用されている並べ替えは維持されます。

詳細については、「 Excel Services でデータを並べ替える」を参照してください。

フィルター処理 (AllowFiltering)

このチェックボックスをオンにすると、セル範囲、Excel テーブル、ピボットテーブルレポートのフィルター処理が有効になり、アウトラインが有効になります。 このチェック ボックスは、既定でオンになっています。

このチェックボックスをオフにすると、セル範囲、Excel テーブル、ピボットテーブルレポートのフィルター処理が行われないようになり、アウトラインが作成されなくなります。 ただし、既にブックに適用されているフィルター処理は維持されます。

詳細については、「 Excel Services でデータをフィルター処理する」を参照してください。

すべてのピボットテーブルの対話機能 (Allowpivot固有の操作)

このチェックボックスをオンまたはオフにして、次の対話型のピボットテーブル操作を有効または無効にします。データのレベルの拡大 (ドリルダウン) と折りたたみ (ドリルアップ)、並べ替え、フィルター処理を行うことができます。 このチェック ボックスは、既定でオンになっています。

ブックで有効になっている場合に定期的に更新する (AllowPeriodicDataRefresh)

このチェックボックスをオンにすると、Excel Web Access Web パーツの下部にある定期的な更新操作のメッセージの表示が制御されます。 このチェック ボックスは、既定でオンになっています。

ブックで外部データを定期的に更新したり、定期的な更新操作のメッセージが Excel Web Access Web パーツの下部に表示されないようにしたりする場合は、このチェックボックスをオフにします。

詳細については、「 Excel Services で外部データを更新する」を参照してください。

定期的なデータ更新のプロンプトを表示する (自動 Periodicdatarefresh)

定期的な自動更新を制御するには、次のいずれかのオプションを選択します。

いつも    [常に更新] オプションを使わずに、定期的な更新のプロンプトを表示します。 既定では、このオプションが選ばれています。 スケジュールされた間隔ごとにデータを更新するかどうかをユーザーが決定できるようにするには、このオプションを使用します。ただし、[に] を選択することはできません。

あれ    [常時] オプションを使用して、定期的な更新のプロンプトを表示します。 スケジュールされた間隔ごとにデータを更新するかどうかをユーザーが決定できるようにし、以降の確認メッセージを表示せずに、スケジュールされた間隔で自動的に更新するかどうかを決定するには、このオプションを使用します。

なし     定期的な更新のプロンプトと [常に選択] オプションを非表示にします。 このオプションを使用すると、確認メッセージを表示せずに、スケジュールされた間隔ごとにデータを更新することができます。

注: このプロパティを設定するには、[ブック内で有効な場合に定期的に更新する] チェックボックスをオンにする必要があります。

詳細については、「 Excel Services で外部データを更新する」を参照してください。

新しいセッションを開く前にセッションを閉じる (CloseWorkbookSessions)

新しいブックを開いた後、現在のブックを閉じるには、このチェックボックスをオンにします。 このチェックボックスをオンにすると、複数のユーザーが同じブックを表示しているときのパフォーマンスを向上させることができます。

新しいブックを開いた後、現在のブックを開いたままにするには、このチェックボックスをオフにします。 このチェック ボックスは、既定でオンになっています。 このチェックボックスをオフにすると、別のブックを開いた後に、フィルター、並べ替え、またはパラメーター値の設定など、現在のブックの操作を保持することができます。

ページの先頭へ

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×