スキップしてメイン コンテンツへ

Excel Services でのセッション、セッション タイムアウト、データの操作

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。 Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。 このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

セッションは Office SharePoint Server Web サイトサーバー上のブックの操作を管理するための手段です。 以下のセクションでは、セッションの概要、セッションを作成して終了する方法、セッションのタイムアウトがどのように影響するか、Excel Services でブックの表示と操作を管理する方法について説明します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

セッションとは

Excel Services でセッションを作成して終了する方法

Excel Services でデータを操作し、セッションがタイムアウトするとどうなるか

セッションのタイムアウト前に Excel Services でビューを保存する

セッションとは

セッションは、ブックの操作を識別して実行するために作成される、作業コンテキストの固有の単位です。 このセッションは、必要に応じて作成され、システム管理者によって設定された最大の期間が設定され、ユーザーによって明示的に、またはタイムアウトが発生したときに暗黙的に終了します。 セッションの主な利点は、セッションの実行中にブックに対して行った操作 (並べ替え、フィルター処理など) を維持しながら、セッション中の計算も最適化することです。 セッションは、サーバーコンピューター上の作業負荷のバランスを取るために使用されます。また、少数のユーザーが、CPU やメモリなどの多数のシステムリソースを他のユーザーによって使用されるのを防ぐことができます。 セッション中に、自分や他のユーザーが実行する操作はプライベートで分離されます。 たとえば、Excel Services でデータを並べ替え、別のユーザーが Excel Services のデータをフィルター処理すると、並べ替え操作が表示されますが、他のユーザーはそのフィルター操作を見ることができます。ただし、他のユーザーの操作は表示されません。

Excel Services でブックを開くと、セッションが作成され、ブックの最新バージョンが読み込まれます。 ブックがセッションに関連付けられると、ドキュメントライブラリ内のそのバージョンのブックに加えた変更は、現在のセッションには反映されません。 たとえば、別のユーザーが Microsoft Office Excel でブックを更新して、同じドキュメントライブラリにもう一度保存した場合、現在のセッションでそれらの変更は表示されません。

Excel ブックは1つのセッションにつき1つしか開くことはできませんが、複数のユーザーで同時に複数のセッションで同じブックを開くことができます。 さらに、同じブックまたは別のブックを使用して、一度に複数のセッションを開くことができます。 多数のユーザーがいる企業では、さまざまな種類のセッションでさまざまなブックを開くことができます。 ただし、ユーザーごとに1つのブックと各セッションが存在します。

1人のユーザーしかセッションに関連付けられていない場合でも、ユーザーは同じブックの複数のセッションを作成できます。 たとえば、Internet Explorer の [ファイル] メニューの下にある [新しいウィンドウ] コマンドを使用して、2つの Web パーツページの間で、同じワークシートの異なるビューを別々のウィンドウに比較することができます。 または、同じ Web パーツページ上の Excel Web Access Web パーツの2つの異なるインスタンスで異なる2つのブックを比較することもできます。 ただし、同じセッションを共有する1つの Web パーツページには、2つ以上の Excel Web Access Web パーツを表示できないことに注意してください。

ページの先頭へ

Excel Services でセッションを作成して終了する方法

一般に、Excel ブックを開くときにセッションを作成し、そのブックを閉じるとセッションを終了しますが、セッションを作成して終了するには、いくつかの方法があります。

Excel Services では、次の操作を行った場合に新しいセッションが作成されます。

  • ブックのプロパティで指定されている読み込まれたブックで Excel Services を表示します。

  • Excel Web Access ツールバーの [開く] メニューの [ブックの再読み込み] コマンドを使用して、ブックを再読み込みします。 このコマンドでは、常に最新バージョンのブックが使用されます。

  • ドキュメントライブラリからブラウザーで Excel ブックを開きます。 アイテムをポイントし、その横にある矢印をクリックして、[Web ブラウザーで表示] をクリックします。

  • Excel Web Access Web パーツを含む、ダッシュボードなどの Web パーツページを表示します。

  • Web パーツ接続を使用して、ドキュメントライブラリのリストビュー Web パーツから Excel Access Web パーツに、などの Excel ブックの URL を渡すことができます。

  • Web パーツツールウィンドウの [ OK]または [適用] ボタンをクリックして、Excel web Access web パーツのプロパティを更新します。

Excel Services では、次の操作を実行すると、現在のセッションが終了します。

  • セッションをタイムアウトさせたとき。

  • 新しいプロパティを開く前に [セッションを閉じる] を選択したときに、Excel Web Access Web パーツで excel ブックを開きます。

  • Web パーツ接続を使用して、たとえば、ドキュメントライブラリのリストビュー Web パーツから、新しいプロパティを開く前にExcel Web access web パーツの終了セッションが選択されている場合に、そのブックの URL を Excel Access web パーツに渡すことができます。

  • ツールウィンドウの [詳細設定] セクションで Excel Web Access Web パーツヘルプモードの共通プロパティを設定して移動し、excel Web access ツールバーの [ヘルプ] をクリックします。

ページの先頭へ

Excel Services でデータを操作し、セッションがタイムアウトするとどうなるか

Excel Services でブックを開くと、ブックを表示するか操作して、別の結果を表示することができます。 たとえば、データの並べ替え、フィルター処理、更新、またはパラメーターの設定を行うことができます。 この操作はセッション内で行われますが、Excel Services に現在読み込まれているブックは変更されません。 これらの操作は一時的なものでもあります。そのため、セッションタイムアウトが発生すると、対話操作は保存されず、元のブックに対する変更は行われません。

Internet Explorer ツールバーの [ ボタンの画像更新] をクリックすると、ブックの現在の表示が更新されますが、セッションは終了しません。 Internet Explorer ツールバーの [戻る] または [進む] をクリックしても、セッションは終了しません。 ブラウザーウィンドウを閉じると、セッションが終了します。

セッションのタイムアウトは、Excel Services を操作しているときでも発生する可能性があります。 たとえば、データの並べ替えやフィルター処理が行われた後、操作を完了する前に昼食または会議に移動します。 セッションのタイムアウトが発生すると、データの操作が保存されていないことを示すメッセージが表示されます。 次にブックを開くときに、元のバージョンのブックが読み込まれたとき、または Excel でブックが更新され、同じドキュメントライブラリまたはネットワークフォルダーに保存されている場合は、新しいバージョンが読み込まれます。

ページの先頭へ

セッションのタイムアウト前に Excel Services でビューを保存する

セッションタイムアウトの値は、システム管理者から確認することをお勧めします。これは、Excel Services を使用した操作を計画し、セッションのタイムアウト前に操作を完了するために十分な時間があることを確認するためです。

Excel Services でブックを操作した後、現在のビューを保存する場合は、次の操作を行うことができます。

ページの先頭へ

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×