スキップしてメイン コンテンツへ

Excel for Windows でブックを SharePoint サイトに発行する

ブックを Microsoft SharePoint ライブラリに発行すると、Excel をコンピューターにインストールしなくても Web ブラウザーでブックを表示または編集できます。 発行は、基本的に保存と同じですが、いくつかの組み込みのオプションを使って、ユーザーがブラウザーでブックを開いたときに表示される内容を制御できます。

ブックを中央の SharePoint サイトに保存または発行するための組織全体の規則を採用すると、同じブックのわずかに異なるバージョンが電子メールで送信されても、組織全体に広まらないようにすることができます。

発行オプションを設定することによって、グラフなどのブックの特定の部分を強調したり、ブラウザーの表示から他の部分を除外したりすることができます。 たとえば、基になるデータを表示せずにグラフだけを表示することができます。 または、特定のワークシートだけを必要なユーザーに表示し、他のワークシートを隠すことができます。

この記事では、Excel for Windows からブックを発行する方法について説明します。 SharePoint ページの Excel Web Access Web パーツへのブックまたはブックのデータの接続については扱っていません。

ブックを SharePoint サイトに発行すると、ブック全体が SharePoint に保存されます。 必要な SharePoint 権限を持つユーザーは、ブラザーまたは Excel デスクトップ プログラムでブック全体を表示して操作することができます。

Web 用 Office が SharePoint に展開されている場合は、ブラウザーでのデータの表示と操作を、Excel デスクトップ プログラムでのデータの操作とほとんど同様に行うことができます。 実際には、Excel デスクトップ プログラムとは異なり、複数のユーザーがブラウザー グリッドで同時にブックを編集できます。 ブックをブラウザーで表示したときに、[Excel Online で編集] ボタンが表示される場合は、Web 用 Office を使用できる状態です。

[ブックの編集] メニューの [Excel Online で編集]

ブックを準備する

ブックを発行する前に、ブラウザーで表示するシートまたはアイテムを選択することができます。 このモードでは、表示可能な内容を制限できますが、ワークシートの全体のコンテンツは依然として SharePoint サーバーに保存されています。

グラフやピボットテーブルなどの他のアイテムに加えてワークシート全体をアイテムとして含める場合は、ワークシート全体を名前付き範囲として定義します。 ワークシート全体を選んで、名前付き範囲を定義します。 この名前付き範囲は、発行の準備ができたときに使用可能なアイテムとして [発行オプション ] ダイアログ ボックスに表示されます。

ユーザーがセルに値を入力して別のセルで数式を使用できるようにするには、ブックを発行する前に Excel で定義済みの名前としてそのセルを設定します。 その後、[ブラウザーの表示オプション] ダイアログ ボックスの [パラメーター] タブで、その定義済みの名前をパラメーターとして追加できます。

たとえば、次の図は、"Rate" という名前が定義されたセル D2 を示しています。 ユーザーは、ブラウザーで値 5.625 を [パラメーター] ウィンドウの [Rate] ボックスに入力し、[適用] をクリックします。 この値は、セル D2 に表示され、A2 の数式が D2 の値を使います。 数式の結果は再計算され、A2: $1,151.31 に表示されます。

ウィンドウでセル D2 で使用するパラメーターを入力する

注: Excel の表用のスライサーを作成して、表とスライサーを含むセルの範囲の名前を定義し、その定義した範囲を発行する場合、ブラウザーでスライサーを使用して表にフィルターを適用することはできません。 表、ワークシート全体、またはブックを発行すると、スライサーはブラウザーで期待どおりに機能します。

ブックを発行する

  1. [ファイル] タブをクリックし、[名前を付けて保存] をクリックして、[参照] をクリックします。

  2. [現在]、[最近]、または [以前] の下に SharePoint フォルダーが表示される場合、目的のフォルダーをクリックします。

    [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが表示されます。


    表示されない場合、[参照] をクリックし、SharePoint サイトの Web アドレスを入力し、ワークブックを公開するフォルダーに移動します。

    SharePoint フォルダーをクリックするか、[参照] をクリックする
  3. ブックから発行する個別のワークシートまたはアイテムを選ぶには、[ブラウザーの表示オプション] を選びます。

    [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、ブラウザーの表示オプションをクリック

    [表示] タブと [パラメーター] タブが表示されます。

  4. ブック全体を発行する場合は、[保存] をクリックします。 それ以外の場合は、以下のいずれかの操作を行います。

    • ブラウザーにブック全体を表示するには、[表示] タブのリスト ボックスで [ブック全体] を選びます。

    • 特定のワークシートのみをブラウザーに表示するには、[表示] タブのリスト ボックスで [シート] を選んで、ブラウザーで表示しないシートのチェック ボックスをオフにします。

      既定では、すべてのシートが選択されます。 いくつかのチェック ボックスをオフにした後ですべてのシートをすばやく表示可能にするには、[すべてのシート] チェック ボックスをオンにします。

    • 特定のアイテム (名前付き範囲、グラフ、表、またはピボットテーブルなど) のみをブラウザーに表示するには、[表示] タブのリスト ボックスで [ブック内のアイテム] を選んで、表示するアイテムのチェック ボックスをオンにします。

    • [パラメーター] タブで、使用する定義済みの名前を追加し、ユーザーがブラウザーでブックを表示したときに編集できるセルを指定して、[OK] をクリックします。

  5. ブックを保存します。

注: 

  • 同じ名前の複数のアイテム (グラフとその基になる表データなど) を選択する場合は、ブラウザーでいずれかのアイテムのみを使用できます。 すべてのアイテムを表示するには、ブック内の各アイテムに固有の名前が付けられていることを確認します。

  • [プロパティ] グループの [デザイン] タブでテーブルの名前を変更したり、[ピボットテーブル] グループの [オプション] タブで [ピボットテーブル] の名前を変更したりできます。 [プロパティ] グループの [レイアウト] タブで、[グラフの名前の変更] を選択します。 [定義された名前] グループの [数式] タブで、名前付き範囲など、他の重複するアイテムの名前を変更します。

Web 用 Office が SharePoint に展開されている場合は、ブラウザーでのデータの表示と操作を、Excel デスクトップ プログラムでのデータの操作とほとんど同様に行うことができます。 実際には、Excel デスクトップ プログラムとは異なり、複数のユーザーがブラウザー グリッドで同時にブックを編集できます。 ブックをブラウザーで表示したときに、[Excel Online で編集] ボタンが表示される場合は、Web 用 Office を使用できる状態です。

[ブックの編集] メニューの [Excel Online で編集]

詳細については、記事「 excel と Excel Services でのブックの使用の相違点」を参照してください。

ブックを準備する

ブックを発行する前に、ブラウザーで表示するシートまたはアイテムを選択することができます。 このモードでは、表示可能な内容を制限できますが、ワークシートの全体のコンテンツは依然として SharePoint サーバーに保存されています。

グラフやピボットテーブルなどの他のアイテムに加えてワークシート全体をアイテムとして含める場合は、ワークシート全体を名前付き範囲として定義します。 ワークシート全体を選んで、名前付き範囲を定義します。 この名前付き範囲は、発行の準備ができたときに使用可能なアイテムとして [発行オプション ] ダイアログ ボックスに表示されます。

ユーザーがセルに値を入力して別のセルで数式を使用できるようにするには、ブックを発行する前に Excel で定義済みの名前としてそのセルを設定します。 その後、[ブラウザーの表示オプション] ダイアログ ボックスの [パラメーター] タブで、その定義済みの名前をパラメーターとして追加できます。

たとえば、次の図は、"Rate" という名前が定義されたセル D2 を示しています。 ブラウザーでは、ユーザーが [パラメーター ] ウィンドウのボックスに値5.625 を入力し、[適用] をクリックします。 この値は、セル D2 に表示され、A2 の数式が D2 の値を使います。 数式の結果は再計算され、A2: $1,151.31 に表示されます。

範囲の定義方法については、「Excel のヘルプ」を参照してください。

ウィンドウでセル D2 で使用するパラメーターを入力する

注: Excel の表用のスライサーを作成して、表とスライサーを含むセルの範囲の名前を定義し、その定義した範囲を発行する場合、ブラウザーでスライサーを使用して表にフィルターを適用することはできません。 表、ワークシート全体、またはブックを発行すると、スライサーはブラウザーで期待どおりに機能します。

ブックを発行する

  1. [ファイル> >SharePointとして保存] をクリックします。

  2. [現在のフォルダー]または[最近使用したフォルダー] の下に SharePoint フォルダーが表示されている場合は、目的のフォルダーをクリックします。 それ以外の場合は、[参照] をクリックし、SharePoint サイトの web アドレスを入力します。 次に、ブックを公開するフォルダーを参照します。 [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. ブックから発行する個別のワークシートまたはアイテムを選ぶには、[ブラウザーの表示オプション] を選びます。 [表示] タブと [パラメーター ] タブが表示されます。 ブック全体を発行する場合は、[保存] をクリックします。 それ以外の場合は、以下のいずれかの操作を行います。

    • ブラウザーにブック全体を表示するには、[表示] タブのリスト ボックスで [ブック全体] を選びます。

    • ブラウザーで特定のワークシートのみを表示するには、[表示] タブのリストボックスで [シート] を選び、ブラウザーで非表示にしないシートのチェックボックスをオフにします。

      既定では、すべてのシートが選択されます。 一部のチェックボックスをオフにした後で、すべてのシートをすぐに表示するには、[すべてのシート] チェックボックスをオンにします。

    • ブラウザーで特定のアイテム (名前付き範囲、グラフ、テーブル、またはピボットテーブルなど) のみを表示するには、[表示] タブで、リストボックスの [ブック内のアイテム] を選択し、表示するアイテムのチェックボックスをオンにします。

    • [パラメーター ] タブで、使用する定義済みの名前を追加して、ユーザーがブラウザーでブックを表示したときに編集できるセルを指定します。 [ OK ] をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

  4. ブックを保存します。

注: 

  • 同じ名前の複数のアイテム (グラフとその基になる表データなど) を選択する場合は、ブラウザーでいずれかのアイテムのみを使用できます。 すべてのアイテムを表示するには、ブック内の各アイテムに固有の名前が付けられていることを確認します。

  • 同じ名前の複数のアイテム (グラフとその基になる表データなど) を選択する場合は、ブラウザーでいずれかのアイテムのみを使用できます。 すべてのアイテムを表示するには、ブック内の各アイテムに固有の名前が付けられていることを確認します。

  • [プロパティ] グループの [デザイン] タブでテーブルの名前を変更したり、[ピボットテーブル] グループの [オプション] タブで [ピボットテーブル] の名前を変更したりできます。 [プロパティ] グループの [レイアウト] タブで、[グラフの名前の変更] を選択します。 [定義された名前] グループの [数式] タブで、名前付き範囲など、他の重複するアイテムの名前を変更します。

  • [プロパティ] グループの [デザイン] タブでテーブルの名前を変更したり、[ピボットテーブル] グループの [オプション] タブで [ピボットテーブル] の名前を変更したりできます。 [プロパティ] グループの [レイアウト] タブで、[グラフの名前の変更] を選択します。 [定義された名前] グループの [数式] タブで、名前付き範囲など、他の重複するアイテムの名前を変更します。

Excel Web Access web パーツの詳細については、「 Excel Web access web パーツにブックを表示する」を参照してください。

ブックを SharePoint server に発行すると、ブックのすべての内容がサーバーに保存され、Excel デスクトッププログラムでブックを開いた場合に表示および操作できます。 Office Web Apps が SharePoint サーバーに展開されている場合、Web ブラウザーでデータを表示して操作するには、Excel デスクトッププログラムでデータを操作するのとほとんど同じです。 実際には、Office Web Apps を展開するときに、ブラウザーグリッドでブックの同時編集を行うことができます。 ブラウザーでブックを表示すると、[ブラウザーで編集] ボタンが表示されている場合は、Office Web Apps が利用可能であることを意味します。

[ブラウザーで編集] ボタン

詳細については、記事「 excel と Excel Services でのブックの使用の相違点」を参照してください。

ブックを準備する

ブックを発行する前に、[ブラウザーで編集] ボタンをクリックして編集が有効になっていないときに、ブラウザーで表示するワークシートまたはアイテムを選択することができます。 このモードでは、表示可能な内容を選ぶことができますが、ブックの内容全体が SharePoint サーバーに保存されていることにご注意ください。

グラフやピボットテーブルなどの他のアイテムに加えてワークシート全体をアイテムとして含める場合は、ワークシート全体を名前付き範囲として定義します。 ワークシート全体を選んで、名前付き範囲を定義します。 この名前付き範囲は、発行の準備ができたときに使用可能なアイテムとして [発行オプション ] ダイアログ ボックスに表示されます。

ブラウザーでワークシートを表示するときに、ユーザーが数式にパラメーターを指定できるようにする場合は、定義された名前としてセルを設定します。 次に、[発行オプション] ダイアログボックスの [パラメーター ] タブで、定義された名前をパラメーターとして追加できます。

たとえば、次の図では、ブラウザーにワークシートが表示されています。セル D2 には、定義された名前の単価があります。 ブラウザーでは、ユーザーが [パラメーター ] ウィンドウのボックスに値5.625 を入力し、[適用] をクリックします。 この値は、セル D2 に表示され、A2 の数式が D2 の値を使います。 数式の結果は再計算され、A2: $1,151.31 に表示されます。

ブラウザーでパラメーターを使う

範囲の定義方法については、「Excel のヘルプ」を参照してください。

ブックを発行する

  1. [ファイル] タブをクリックして、[保存と送信] をクリックします。

  2. [ SharePoint に保存] をクリックします。
       [ sharepoint に保存] コマンドを使用できない場合でも、[名前を付けて保存] コマンドを使用して、ブックを SharePoint サイトに保存することができます。 [発行オプション] ダイアログボックスは使用できません。 SharePoint ライブラリから直接ブックをアップロードすることもできます。 ユーザーは、ブックが保存されているサイトに直接移動することで、ブラウザーでブックの内容を表示したり編集したりできます。

    [名前を付けて保存] コマンド

  3. ブック内で発行する個々のワークシートまたはアイテムを選択する場合は、[発行オプション] をクリックします。 ブック全体を公開する場合は、手順4に直接進みます。
    [表示] タブで、次の操作を行います。

    • ブック全体をブラウザーで表示するには、リストボックスで [ブック全体] を選択します。

    • ブラウザーで特定のワークシートのみを表示するには、リストボックスで [シート] を選択し、表示しないシートのチェックボックスをオフにします。
      メモ   既定では、[すべてのシート] が選択されています。 一部のチェックボックスをオフにした後で、すべてのシートを再び表示できるようにするには、[すべてのシート] チェックボックスをオンにします。

    • ブラウザーで特定のアイテム (名前付き範囲、グラフ、テーブル、ピボットテーブルなど) のみを表示するには、リストボックスでブック内のアイテムを選択し、表示するアイテムのチェックボックスをオンにします。
      注:グラフとその基になるデータのテーブルなど、同じ名前を持つアイテムを選択すると、ブラウザーで使用できるアイテムは1つだけです。 すべての項目を表示するには、ブック内の各項目に一意の名前が設定されていることを確認する必要があります。 [プロパティ] グループの [デザイン] タブでテーブルの名前を変更したり、[ピボットテーブル] グループの [オプション] タブで [ピボットテーブル] の名前を変更したりできます。 [プロパティ] グループの [レイアウト] タブで、[グラフの名前の変更] を選択します。 名前付き範囲などの重複アイテムは、[定義された名前] グループの [数式] タブで名前を変更できます。
      ワークシートまたは項目の選択

    • [パラメーター ] タブで、ユーザーがブラウザーでブックを表示したときに編集できるセルを指定するために使用する定義された名前を追加します。 [ OK ] をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
      パラメーターの設定

  4. ブックを発行する場所を選択します。
    [現在の場所]、[最近使用した場所]、または選択可能な場所の下にサーバーの場所が保存されている可能性があります。 目的の場所がない場合、または新しい場所に保存する場合は、[場所] の下で [場所の参照] をダブルクリックします。

  5. [名前を付けて保存] ダイアログボックスで、SharePoint サイトの web アドレスを入力し、ブックを保存するサイトまたはライブラリを参照します。

  6. 個別のワークシートまたはアイテムをまだ選択していない場合や、パラメーターを設定していない場合は、[発行オプション] ボタンをクリックします。

  7. [ファイル名] ボックスで、ブックの提示された名前をそのまま使うか、必要に応じて新しい名前を入力します。

  8. 公開操作が完了した直後にブラウザーウィンドウでブックの内容を表示するには、[ブラウザーで Excel を開く] チェックボックスがオンになっていることを確認します。

  9. [保存] をクリックします。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×