スキップしてメイン コンテンツへ
Google スプレッドシートから Web 用 Excel に切り替える

作業を行う

Excel for web で作業を行う

OneDrive.com を始める

これまでは Google ドライブがファイルのホームでしたが、これからは OneDrive.com が新しいファイルのホームです。 OneDrive.com にアクセスして職場または学校アカウントでログインしてください。 次に、[新規]、[Excel ブック] の順にクリックします。

OneDrive の [新規] メニュー、Excel ブック コマンド

ファイルに名前を付ける

ブックを作成すると、Web 用 Excelによって自動的に名前が付けられます。 名前を変更するには、

  1. 名前をクリックします。

  2. わかりやすい名前を入力します。

    ファイルの命名、データの入力など、Web 用 Excelで行うすべての作業は自動的に保存されます。

ファイル名をクリックするカーソル

ファイルを編集する

ファイルに名前を付けた後、データを入力し、表、グラフ、数式を作成することができます。 上部にあるタブをクリックして、目的の機能を見つけます。

リボンを折りたたんでスペースを増やすには、タブをダブルクリックします。

[挿入] タブ、[グラフ] メニュー

その他の機能が必要な場合

Excel デスクトップ アプリで、ファイルを開きます。

  1. [Excel で開く] を選択します。

    Excel アプリケーションが起動し、ファイルが開かれます。

  2. そのまま作業を続けて保存します。

    デスクトップ アプリで変更を保存すると、OneDrive に保存されます。ファイルに名前を付けて保存したり、ファイルを再度アップロードしたりする必要はありません。

[Excel で編集] ボタン

次へ: Excel for web で共有と共同作業を行う

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×