Excel for Mac を使用してワークシートに手動で改ページを作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

印刷すると、 シート "改ページ" のコンテンツが自動的に表示されるか、次のページに進みます。標準表示モードでは、破線の水平線と縦線として表示されます。[改ページプレビュー ] ビューでは、ページ番号が中央にオーバーレイされたページ間の実線の太字の線として表示します。自動改ページが行われる場所を調整したり、独自の改ページを手動で追加したりすることができます。手動で改ページを削除することはできますが、自動改ページを削除することはありません。ただし、列の幅や余白を調整したり、用紙サイズを縮小して、ページの内容に合わせたりすることができます。

改ページプレビュー表示に表示される改ページ:

8ページを表示する改ページのプレビュー

改ページを表示する

リボンの [表示] タブをクリックし、[改ページプレビュー] を選択します。

また

[ファイル]、[印刷] ( コマンド P) の順にクリックします。

  1. [印刷] ダイアログボックスでは、ページがどのように印刷されるかを簡単にプレビューできます。左/右のボタンを使用して各ページを表示します。

  2. [キャンセル] をクリックして [印刷] ダイアログ ボックスを閉じます。

    [印刷] ダイアログボックスを閉じると、シートに破線の線が表示され、ページが壊れる場所が示されます。

    注: 破線を非表示にするには、[ Excel ]、[環境設定]、[表示] の順にクリックし、[ブックの表示] で [改ページ] チェックボックスをオフにします。

水平または垂直の手動改ページを挿入する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    設定するインデント

    操作

    水平の改ページ

    改ページする行の下の行を選択します。

    垂直の改ページ

    改ページする列の右側にある列を選びます。

  2. [ページレイアウト] タブで、[ページ] をクリックし、[区切りを挿入] をクリックします。

    [ページ レイアウト] タブで [区切り] を選ぶ

改ページを移動する

  1. [表示] タブの [改ページプレビュー] をクリックします。

  2. ポインターが 水平の改ページ ハンドル に変わるまでポインターを改ページの線の上に置き、改ページの線を新しい場所にドラッグします。

    注: 自動改ページを移動すると、手動改ページに変更されます。 手動改ページは自動的に調整されません。

手動改ページを削除する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    移動する改ページ

    操作

    水平の改ページ

    改ページの下にある行を選びます。

    垂直の改ページ

    改ページの右にある列を選びます。

  2. [ページ レイアウト] タブで [改ページ]、[改ページの解除] の順にクリックします。

    [ページ レイアウト] タブで [区切り] を選ぶ

すべての手動改ページを解除する

  • [ページ レイアウト] タブで [改ページ]、[すべての改ページを解除] の順にクリックします。

    [ページ レイアウト] タブで [区切り] を選ぶ

関連トピック

プリント時のシートのサイズを調整する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×