Excel for Mac でデータベースからデータをインポートする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

データベースなど、Excel 以外に格納されているデータが必要な場合があります。 この場合、まず外部データ ソースに接続すると、データを操作できます。

外部データ ソースに接続する

外部データ ソースを使用できますが、ソースの種類によって手順が異なります。

ソースが SQL データベースである場合

  1. [データ] タブの [新しいデータベース クエリ] をクリックします。

  2. [SQL Server ODBC] をクリックします。

  3. [SQL Server ODBC データ ソースへの接続] ダイアログ ボックスが表示されます。 データベース管理者からサーバー情報を取得し、このダイアログ ボックスに入力します。 作業を終えたら、[接続] をクリックします。

  4. 左側で、サーバーの横にある矢印をクリックし、データベースを表示します。

  5. 必要なデータベースの横にある矢印をクリックします。

  6. 必要なテーブルの名前をクリックします。

  7. データのプレビューを表示するには、[実行] をクリックします。

  8. Excel にデータを入力する準備ができたら、[データを返す] をクリックします。

  9. [データのインポート] ダイアログ ボックスで、データを配置する場所として、既存のシート、新しいシート、またはピボットテーブル内を選びます。 次に [OK] をクリックします。

ソースが SQL データベースではない場合

SQL データベース以外の外部ソース (FileMaker Pro など) を使用する場合は、Mac にインストールされている Open database コネクティビティ (ODBC) ドライバーが必要です。ドライバーに関する情報は、この web ページから入手できます。ソースのドライバーがインストールされたら、次の手順に従ってデータを使用できます。

  1. [データ] タブの [新しいデータベース クエリ] をクリックします。

  2. [データベースから] をクリックします。

  3. データベースのデータ ソースを追加して、[OK] をクリックします。

  4. 左側で、サーバーの横にある矢印をクリックし、データベースを表示します。

  5. 必要なデータベースの横にある矢印をクリックします。

  6. 必要なテーブルの名前をクリックします。

  7. データのプレビューを表示するには、[実行] をクリックします。

  8. Excel にデータを入力する準備ができたら、[データを返す] をクリックします。

  9. [データのインポート] ダイアログ ボックスで、データを配置する場所として、既存のシート、新しいシート、またはピボットテーブル内を選びます。 次に [OK] をクリックします。

関連項目

Excel for Mac 互換 ODBC ドライバー

ピボットテーブルを作成してワークシート データを分析する

microsoft SQL Server などのデータベースからデータをインポートするには、コンピューターにインストールされている microsoft query と互換性のある ODBC ドライバーが必要です。互換性のある ODBC ドライバーはサードパーティベンダから入手できます。詳細については、「 Excel for Mac と互換性のある ODBC ドライバー」を参照してください。ODBC ドライバーのインストールの詳細については、Microsoft Query のサポートを参照してください。

  1. [データ] メニューの [外部データの取得] をポイントし、[新しいデータベースクエリ] をクリックします。

  2. Microsoft query を使用して、データソースに接続し、クエリを作成します。完了したら、[データを返す] をクリックして、データを Excel にインポートします。

    データソースに接続し、microsoft query を使用する方法の詳細については、「microsoft query のサポート」を参照してください。

  3. [ Microsoft Excel に外部データを返す] ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を行います。

目的

操作

クエリ定義、更新コントロール、データレイアウトオプションを選択する

[プロパティ] をクリックします。

パラメータークエリの設定を変更する

[パラメーター] をクリックします。

作業中のシートに外部データを返す

[既存のシート] をクリックします。シート上で、外部データ範囲の左上隅を配置するセルをクリックし、[ OK] をクリックします。

新しいシートに外部データを返す

[新しいシート] をクリックして、[OK] をクリックします。

ブックに新しいシートが追加され、そのシートの左上隅に外部データ範囲が自動的に貼り付けられます。

外部データを使用してピボットテーブルを作成する

[ピボットテーブル] をクリックし、[ OK] をクリックします。

注: 

  • Excel 2011 for Mac では、OLE DB または OLAP データソースからデータをインポートできません。

  • 既定では、Excel for Mac はテーブルを使用してデータをインポートします。データをインポートするときにテーブルをオフにするには、[ Microsoft Excel に外部データを返す] ダイアログボックスで [プロパティ] をクリックし、[テーブルの使用] チェックボックスをオフにします。

  • アクセスする外部データソースがローカルコンピューター上にない場合は、パスワード、ユーザーアクセス許可、またはその他の接続情報についてデータベースの管理者に問い合わせる必要があります。

関連項目

FileMaker Pro からデータをインポートする

CSV、HTML、またはテキスト ファイルからデータをインポートする

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×