Excel for Mac でセルをロックして保護する

ユーザーが誤ってまたは意図的に重要なデータを変更、移動、削除することを防ぐために、セルをロックして保護することができます。 セルをロックするには、2 つの手順を実行します。まず [ロック] 書式設定をセルに追加し、次にシートの保護をオンにします。

セルをロックするには

  1. ロックするセルを選びます。

  2. [書式] メニューで [セル] をクリックするか、 コマンド + 1 を押します。

  3. [保護] タブをクリックし、[ロック済み] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

    注: 既定では、事前にオフにしない限り、すべてのセルに [ロック済み] 書式が設定されています。

  4. セルのロックを解除する必要がある場合は、該当するセルを選びます。 コマンド + 1 を押します。 次に、[ロック済み] チェック ボックスをクリックしてオフにします。

  5. [校閲] タブの [シートの保護] または [ブックの保護] をクリックします。 シートまたはブックのパスワードを入力し、[確認] の下にパスワードを再入力します。

    注: パスワードは省略可能です。 パスワードを設定しない場合は、すべてのユーザーがシートの保護を解除したり、保護された内容を変更したりできます。 パスワードを入力する場合は、覚えやすいパスワードを選ぶか、パスワードをメモして安全な場所に保管してください。 パスワードを紛失すると、シートの保護された部分にアクセスできなくなります。

  6. ユーザーがロックされたセルを選ぶことができないようにする場合は、[ロックされたセル範囲の選択] チェック ボックスをオフにします。

  7. ユーザーがロック解除されたセルを選んで入力できるようにする場合は、[ロックされていないセル範囲の選択] チェック ボックスをオンにします。

  8. [OK] をクリックして終了する前に、セルの選択や書式設定などの他の操作をユーザーがロックされたセルに対して実行できるようにすることができます。 その場合は、[このシートのすべてのユーザーに許可する操作] で、ユーザーが選択または変更できるようにする要素を選びます。

  9. [OK] をクリックします。

セルをロック解除するには

  1. 場合によっては、セルをロック解除できるようにするために、一時的に保護をオフにする必要があります。 [校閲] タブの [シート保護の解除] または [ブック保護の解除] をクリックします。 次に、パスワードを入力します。

  2. ロック解除するセルを選びます。

  3. コマンド + 1 を押します。 次に、[ロック済み] チェック ボックスをクリックしてオフにします。

  4. 引き続きロックする必要がある他のセルがある場合は、[校閲] タブの [シートの保護] または [ブックの保護] をクリックします。 次に、シートのパスワードを入力し、確認のためにパスワードをもう一度入力します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×