Excel for Mac でのセルの結合と結合解除

結合を行うと、2 つ以上のセルを組み合わせて、より大きなセルが新しく作成されます。これは、複数の列にまたがるラベルを作成するのに便利な方法です。

たとえば、A1、B1、C1 というセルを結合して "月間売上" というラベルを作成し、2 ~ 7 行の情報について説明することができます。

他のセルの上のセルを結合する

セルを結合する

  1. 結合対象となる 2 つ以上の隣接セルを選びます。

    重要: 結合セルに残すデータは、左上隅のセルに入力しましょう。他の結合セルに入力されているデータは削除されます。他のセルのデータを保持するには、結合する前にワークシート上の別の場所にその内容をコピーしておいてください。

  2. [ホーム] タブで、[セルを結合して中央揃え] を選びます。

    [ホーム] タブで、[セルを結合して中央揃え] を選びます。

ヒント: 

  • [セルを結合して中央揃え] が淡色表示されている場合は、セルが編集中になっていないか、結合するセルが Excel テーブルとして書式設定されていないかを確認してください。 通常、テーブルとして書式設定されたセルは 1 行おきに網掛けが設定されており、列の見出しにフィルターが付いています。

  • 中央揃えなしでセルを結合するには、[セルを結合して中央揃え] の横にある矢印をクリックし、[横方向に結合] または [セルの結合]をクリックします。

  • 考えが変わったら、いつでも結合したセルを分割できます。

異なるセルに文字列を分割する

1 つ以上のセルに含まれる文字列を、複数のセルにわたって分割できます。これは、2 つ以上のセルから合わせた文字列を 1 つのセルに入力する連結の反対の処理です。たとえば、姓名の列が含まれている列がある場合、次のような手順でその列を姓の列と名の列に分割することができます。

別々の列に分割された文字列の分割前と分割後

[データ]、[区切り位置] の順に移動すると、ウィザードにより処理の手順が示されます。その仕組みの全体は、次のようになります。

  1. 分割する文字列が格納されたセルまたは列を選びます。

    注: 任意の数の行を選びます。ただし、列は 1 つのみです。上書きされないように右側に十分な数の空のセルを確保しておきましょう。十分な数の空のセルがない場合は、追加します。

  2. [データ]、[区切り位置] の順にクリックします。

    [データ] タブをクリックし、[区切り位置] をクリックします。

  3. これにより、区切り位置指定ウィザードが開始します。[区切り文字で区切られています。]、[次へ] の順にクリックします。

  4. [スペース] ボックスをオンにして残りのボックスをオフにするか、文字列の分割方法 (Mayer, Linda のように、名前の間にコンマとスペースが入る場合など) によっては [コンマ] と [スペース] のボックスをオンにします。[選択したデータのプレビュー] ウィンドウにデータのプレビューが表示されます。

    ウィザードの手順 2 の [区切り文字] で、データの分割方法を指定し、[プレビュー] を選択すると、データのプレビューが表示される

  5. [次へ] をクリックします。

  6. この手順では、新しい列の書式を選ぶか、Excel に選ばせることができます。独自の書式を選びたい場合は、[文字列] などの書式を選び、[データのプレビュー] ウィンドウの 2 列目のデータをクリックし、同じ書式をもう一度クリックします。プレビューウィンドウ内のすべての列に対して、この手順を繰り返します。

    テキスト オプションが選択された状態のウィザードの手順 3

  7. [表示先] ボックスの右にある ダイアログ ボックスの折りたたみボタンの画像 ボタンをクリックし、ダイアログ ボックスを折りたたみます。

  8. 分割したデータを貼り付けるセルをブックの中から選びます。たとえば、フルネームを名前の列と姓の列に分割する場合、2 つの隣接した列に存在するセルを必要な数だけ選びます。

    分割したセルを貼り付けるセルを選択する

  9. [展開] ボタン ボタンをクリックしてダイアログ ボックスを展開し、[完了] をクリックします。

    [展開] ボタンをクリックする。

ページの先頭へ

特定の関数について質問がある場合

Excel のコミュニティ フォーラムに質問を投稿してください

Excel の機能を向上させるためのお願い

次のバージョンの Excel の改善に関して、ご提案はございませんか。提案がありましたら、Excel UserVoice のトピックを参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×