Excel 2010 で廃止、変更される機能

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Excel 2010 では、次の機能が廃止または大幅に変更されました。

この記事の内容

条件付き合計式ウィザードアドイン

ルックアップウィザードアドイン

スマートタグ

SmartArt

パターンの塗りつぶし

コントロールとオブジェクト

クリップアート作業ウィンドウ

[探す範囲] ボックス

クリップの整理リンク

クリップ オーガナイザー

自動整理

電子メールの受信者に添付ファイルとして送信する

コレクションから削除

類似スタイルの検索

リストビューと詳細ビュー

英文アシスタント サービスは使用できなくなりました。

韓国語のリファレンス (KOLR) サービスは使用できなくなりました。

条件付き合計式ウィザードアドイン

このアドインは、Excel 2010 には含まれなくなりました。 以前のバージョンの Excel では、条件付き合計式ウィザードを使用して、指定した条件を満たす値の合計を計算する数式を記述できました。 Excel 2010 では、 SUMIF関数やSUMIFS関数などの作業に役立つように設計された関数を使用して、条件付き数式を作成できます。

このウィザードによって生成された数式は、引き続き Excel 2010 で使用できます。 他の方法を使用して編集できます。

ページの先頭へ

ルックアップウィザードアドイン

このアドインは、Excel 2010 には含まれなくなりました。 以前のバージョンの Excel では、ルックアップウィザードを使って、値を検索することで、行と列の交点にある値を検索する数式を作成することができます。 この機能は、関数ウィザードと、利用可能な検索/行列関数 (リファレンス) に置き換えられました。

このウィザードによって生成された数式は、引き続き Excel 2010 で使用できます。 他の方法を使用して編集できます。

ページの先頭へ

スマートタグ

Excel 2010 では、スマートタグはサポートされていません。 スマートタグインジケーター (セルの四隅の紫色の三角形など) は、セルを選んだとき、またはセルの上にポインターを移動したときにワークシートに表示されなくなります。 代わりに、セルを右クリックして、ショートカットメニューの [その他の操作] をクリックして、コンテンツに関連付けられているカスタムアクションを表示できます。

追加の操作は既定で無効になっていますが、[オートコレクト] ダイアログボックスの [操作] タブ ([ファイル] タブ、[オプション]、[文章校正]、[オートコレクト]) で、この機能を有効または無効にすることができます。 [オプション] ボタン)。

ページの先頭へ

SmartArt

パターンの塗りつぶし

グラフ要素などの shape オブジェクトの [パターンの塗りつぶし] インターフェイスは、excel 2007 の新しい SmartArt 技術で提供されていません。パターンの塗りつぶしが以前のバージョンの excel で使用されていると、表示の問題が発生します。 Excel 2010 では、SmartArt にパターンの塗りつぶしインターフェイスが用意されているので、図形オブジェクトにパターンの塗りつぶしを適用できます。 excel 97-2003 ブックでパターンの塗りつぶしが含まれている図形オブジェクトも、excel 2010 でブックを開いたときに適切に表示されます。

コントロールとオブジェクト

Excel 2010 では、shape オブジェクトに加えて、次のコントロールとオブジェクトが新しい SmartArt 技術に変換されます。

  • フォーム コントロール

  • Microsoft ActiveX オブジェクト

  • OLE オブジェクト

  • カメラツールオブジェクト

以前のバージョンの excel で描画された図形オブジェクトは、excel 2010 にアップグレードされていない場合は、excel 2010 smartart 形式で作成またはアップグレードされた図形オブジェクトとグループ化できないことに注意する必要があります。 混在する shape オブジェクトは重なって表示され、それ以降のすべてのバージョンで、以前のバージョンの shape オブジェクトが上に描画されます。 これは、以前のバージョンの excel で作成されたダイアログシートに excel 2010 グラフを表示できないことを意味します。 [オブジェクトの選択] をクリックして新しい図形オブジェクトにアクセスすることはできません ([ホーム] タブの [編集] グループで、 [& 選択] ボタンを検索します)。 新しい図形オブジェクトを選択するには、 [複数のオブジェクトの選択] ([ファイル] タブの [オプション] の [リボンのユーザー設定]) を使用する必要があります。

ページの先頭へ

クリップ アート

Bing の画像からのクリップアート

オンラインでクリップ アートや画像を検索する場合は、Bing にリダイレクトされます。 ユーザーの責任において著作権を遵守してください。また、使用する画像を選択するときに、Bing のライセンス フィルターが役立ちます。

クリップの整理リンク

[クリップの整理] リンクは使用できなくなりました。 windows 7、windows Vista、または windows XP から Microsoft クリップオーガナイザーを開くには、windows の [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[ microsoft office]、[microsoft office 2010 ツール]、[microsoft] の順にクリックします。 クリップオーガナイザー

ページの先頭へ

クリップ オーガナイザー

クリップオーガナイザーは、ハードディスクに保存されているクリップアートやその他のメディアファイルを配置し、カタログ化するツールです。 この記事で既に説明したように、Microsoft Office プログラムの [クリップアート] 作業ウィンドウから直接クリップオーガナイザーにアクセスすることはできなくなりました。 さらに、クリップオーガナイザーに次の変更が加えられました。

自動整理

コンピューター上のメディアファイルを自動的に検索し、コレクションに整理するコマンドは存在しなくなりました。 ただし、クリップオーガナイザーに手動でクリップを追加したり、スキャナーやカメラからクリップをインポートしたりすることはできます。

電子メールの受信者に添付ファイルとして送信する

メールメッセージの添付ファイルとしてクリップを送信するコマンドは使用できなくなりました。

コレクションから削除

クリップオーガナイザーからクリップを削除することはできますが、特定のコレクションからクリップを削除することはできなくなりました。

類似スタイルの検索

似たスタイルのクリップを検索できるコマンドは廃止されました。

リストビューと詳細ビュー

リストビューと詳細ビューは利用できなくなりました。 代わりに、すべてのクリップは [クリップオーガナイザー] ウィンドウにサムネイルとして表示されます。

ページの先頭へ

英文アシスタント サービスは使用できなくなりました。

利用率が低いため、英文アシスタントの機能とサービスは使用できなくなりました。 詳細については、「英文アシスタントはどうなったのですか?」を参照してください。

このサービスを使用しようとすると、"インターネットに接続していないため、サービスを検索できませんでした" というメッセージが表示されます。 インターネットに接続している場合でも、「接続してもう一度やり直してください。」

ページの先頭へ

韓国語のリファレンス (KOLR) サービスは使用できなくなりました。

利用率が低いため、韓国語のリファレンス リサーチ サービスは使用できなくなりました。 これは、英語バージョンおよび韓国語版の Excel に影響します。

このサービスを使用しようとすると、"インターネットに接続していないため、サービスを検索できませんでした" というメッセージが表示されます。 インターネットに接続している場合でも、「接続してもう一度やり直してください。」

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×