Excel 以外のプログラムからコピーする場合の [形式を選択して貼り付け]

[形式を選択して貼り付け] ダイアログ ボックスを使用すると、Excel 以外のプログラムから複雑なアイテムをコピーし、Excel ワークシートに貼り付けることができます。

[リンク元   ] ソース データの名前と場所が表示されます。データのコピー元プログラムがソース データと場所をクリップボードに渡さなかった場合、リンク元は "不明" と示されます。

[貼り付け   ] [貼り付ける形式] ボックスで指定した形式で、クリップボードの内容を挿入ポイントに挿入するかまたは埋め込みます。このオプションを選択すると、クリップボードの内容がオブジェクトとして貼り付けられるか埋め込まれますが、リンクは作成されません。データをオブジェクトとして埋め込んだ場合、ワークシートのデータをダブルクリックすると、コピー元プログラムが起動します。データの編集は、コピー元プログラムを使用して行います。

[リンク貼り付け   ] 貼り付けたデータからソース ファイルへのリンクを作成します。このオプションを選択すると、ソース ファイルに加えた変更がワークシートに反映されます。

[貼り付ける形式   ] クリップボードから貼り付けるデータの種類を指定します。

[アイコンで表示   ] クリップボードの内容をワークシートにアイコンで表示します。このチェック ボックスをオンにすると、統合先範囲にアイコンが表示されます。埋め込まれたデータまたはリンクされたデータを表示するには、このアイコンをクリックします。このオプションは、埋め込まれたデータまたはリンクされたデータをワークシートに表示しない場合に使用します。

[結果   ] 選択したオプションの効果の説明が表示されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×