Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

組織によっては、データを収集するのにフォームとしての Microsoft Office Excel ブックを使用します。通常、これらのブックには、ユーザー データを入力するための空白セルが含まれます。Microsoft Office InfoPath フォーム テンプレートにブックを変換するには、InfoPath でインポート ウィザードを使用します。ブックをフォーム テンプレートに変換することによっては、ユーザーがスキーマ検証などの InfoPath 機能には、繰り返しセクション、およびデータの入力規則などのビジネス ロジックなどの動的なコントロールを利用できます。さらに、ことができますフォーム テンプレートに利用可能な幅広いユーザーにブラウザー対応フォーム テンプレートを作成します。ブラウザー対応フォーム テンプレートを作成するには、 InfoPath Forms Servicesを実行しているサーバーにブラウザー互換フォーム テンプレートを発行する必要があります。Web ブラウザーを使ってブラウザー対応フォーム テンプレートに基づくフォームに入力することができます。

インポート ウィザードで既定の設定を使用して Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換すると、結果のフォーム テンプレートには、Excel ブックのレイアウトが含まれています。また、Excel ブック内の特定の条件に一致するセルはユーザーがデータを入力したテキスト ボックス コントロールに自動的に変換されます。たとえばのすべての辺の罫線を表示するセルが設定されている場合、そのセルは後のフォーム テンプレートのテキスト ボックス コントロールに変換されます。インポート ウィザードで、既定の設定を使用しない場合は、Excel ブックをインポートする場合は、レイアウトのみを含める、またはコントロールに特定の種類のセルのみを変換するを選択できます。

この記事では、基本的な概念と機能と変換プロセスでサポートされていない設定も含めて、InfoPath フォーム テンプレートに Excel ブックを変換する手順について説明します。

この記事の内容

Excel ブック InfoPath フォーム テンプレートからへの変換について

機能と変換中に完全にサポートされていない設定

Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換します。

Excel ブック InfoPath フォーム テンプレートからへの変換について

Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換する新しいフォーム テンプレートを作成するのには、構想のように、ブックが使用されます。ブックのテーブルの構造は、フォーム テンプレートには、 レイアウト テーブルとして再作成します。ブックを変換すると、データを収集する使用されているセルを含める場合は、テキスト ボックス コントロールが、ブック内のフィールドの場所に対応するレイアウト テーブルのセル内のフォーム テンプレートに追加されます。サポートされているセル、セルの罫線と網かけ] のサイズと位置のされ、セルを結合または分割するかどうかは、後のフォーム テンプレートに保持されます。

ブックに複数のワークシートが含まれている場合は、最初のワークシートで、データや書式、新しいフォーム テンプレートの既定の表示に追加され、その他のワークシートは、対応するビュー、フォーム テンプレートに変換されます。追加された各ビューのタイトルでは、ワークシートのタイトルと一致します。

InfoPath のインポート ウィザードと後のフォーム テンプレートを使用して、変換するブック間の関係を理解するには、という名前の 2 つのワークシートが含まれている次のブックに保険エージェントを使用するいるとします。最初のワークシートの名前がホームし、2 番目の自動車の名前がします。各ワークシートの列で列見出しの種類、説明、ローン額、および購入価格はあります。各ワークシートのローン額] と [購入価格列は通貨データ型を使用する書式設定されます。すべての列見出しは太字の青いテキストとして書式設定します。列見出しには、償還スケジュールを計算する数式が含まれています。枠線の書式のすべての辺が適用されたセルを 1 つがお客様の名前を入力に使用されます。

使用している場合、インポート ウィザード Claims.xls をフォーム テンプレートに変換する Claims.xsn と呼ばれるフォーム テンプレートを作成します。

InfoPath フォーム テンプレートへの変換前後の Excel ブック。
Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換すると、レイアウトとその他の要素は保持されます。

新しいフォーム テンプレートには、2 つのビューが含まれています。既定のビューと呼ばれるホーム (既定)] には、レイアウトとホーム ワークシートの書式が含まれています。自動車、という、2 番目のビューには、レイアウトと自動車ワークシートの書式が含まれています。各ビューには、列ヘッダーの種類、説明、ローン額、および購入価格、元のブックと同じように、太字の青いテキストで書式設定されたテーブルが含まれています。ただしの設定に応じて、インポート ウィザードで選択した一部の機能は後のフォーム テンプレートの異なる場合があります。

  • Claims.xls レイアウトのみを保持してフォーム テンプレートに変換するのにはインポート ウィザードを使用するかどうか   結果のフォーム テンプレートには、Excel ブック内のテーブルに対応するレイアウト テーブルが含まれています。フォーム テンプレートには、テキスト ボックス コントロールはありません。

  • Claims.xls、レイアウトを保持し、コントロールにセルを変換すると、インポートするのにはインポート ウィザードを使用するかどうか    結果のフォーム テンプレートには、繰り返しテーブルが含まれています。特定の条件を満たす罫線の書式を含むセルなど、すべての枠線と、償還のスケジュールを計算する数式の参照に含まれているセルに適用されているセルは、テキスト ボックス コントロールに変換されます。

    注: 数式の参照に含まれているセルは、テキスト ボックス コントロールに変換されますが、数式は変換後のフォーム テンプレートでは保持されません。InfoPath の適切な機能を使用して、数式で提供される機能を再作成する必要があります。

ページの先頭へ

機能と変換中に完全にサポートされていない設定

InfoPath では、いくつかの設定と Excel のブックで書式設定はサポートされていません。このような設定を含むブックを変換するとその機能や設定後の InfoPath フォーム テンプレートは含まれません。たとえば、ブックに画像を含むヘッダーがある場合は、イメージは保持されません後の InfoPath フォーム テンプレートの InfoPath ではヘッダーやフッターに画像がサポートされないため。

以下は、リストの機能と設定を Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換する場合は保持されません。

  • 「に合わせて自動調整」を含むセルの書式設定

  • セルの背景画像

  • セルの背景パターン

  • セルのグラデーション

  • 条件付き書式

  • データの入力規則

  • 数式

  • マクロ

  • 印刷の設定 (印刷範囲の設定および A4 の用紙サイズ変更、白黒、センターのページ、最初のページ番号、ページの順序、画像、枠線を印刷、印刷品質、行と列見出し、行と列を拡大するには、すべてのページを含む)

  • テキストを縦方向の配置

  • 10 pt の既定フォントの高さより狭い行

  • ワードアート

次の一覧では、設定 Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換すると、部分的にサポートされる機能について説明します。

データの書式設定されたセル    スタイルまたは書式設定するデータをセルに適用された色は変換されません。たとえば、負の数値を赤色のテキストとして表示するセルが設定されている場合、数値を変換するは赤いテキストの書式設定されません。

ハイパーリンクはサポートされていないプロトコルを参照します。    ハイパーリンクが http 以外のプロトコルを使用する場合は、すべてのハイパーリンクが変換: https: ftp: mailto: ユーザーが、リンクをクリックすると、ハイパーリンクは動作しません。

ヘッダーとフッターの配置と書式設定    ヘッダーまたはフッターを Excel ブックでは、左側、中央、および右のセクションを含めることができます。これらは、infopath インポート時に連結されます。たとえば、名「西村美智江、」タイトル「進捗レポート」を含む、中央のヘッダーと「2007 年 10 月 13 日」の日付を含む、右側のヘッダーを含んでいるヘッダーの左側のブックを 1 つのヘッダーを InfoPath フォーム テンプレートに変換されます。次のテキスト:「西村さん WheelerStatus セクション」。1 つのセクションで、ブックのヘッダーまたはフッターにテキストが含まれている場合のみ、フォーム テンプレートにテキストが適切揃います。たとえば、だけ、フォーム テンプレート内の対応するテキストが正しい場合は、見出しの右のセクションに、ブック内のテキストが含まれる場合次のように配置されます。それ以外の場合、すべてのヘッダーまたはフッターのテキストは左揃えで配置がインポートされるときにします。ブック内の最初のヘッダーまたはフッター セクションに適用されているフォントの設定は、全体のヘッダーまたはフッターで作成された InfoPath フォーム テンプレートに適用されます。

フォントの変換   InfoPath インポート フォント ブックから、新しいフォーム テンプレートを作成するときに、ブック内のフォントは、インポートを実行するコンピューターで使えるようにいない場合、別のフォントは自動的にフォーム テンプレートの選択されます。

暗黙的に結合されたセル    Excel では、現在のセル内に収まるより多くのテキストを入力する場合、テキストが表示されます後続のセルの上に、セルが結合された場合は。InfoPath では、この機能はサポートしません。変換後のセルにテキストが、セルの幅が含まれている場合は、テキストが InfoPath では、次の行に折り返されます。これを防ぐため、ブックをインポートする前に、セルを選択し、後続のセルには、文字列を含めるし、テキストは、結合されたセル内に収まるように、セルを結合するに必要なします。

ピボット テーブル レポート    ピボット テーブル レポートは、レイアウト テーブルに変換されます。

非常に大きな表    InfoPath では、最大 63 列と 999 行までがテーブルをサポートしています。Excel ブックでは、以下の制限を超えている場合は、最初の 63 列と 999 行のみが変換されます。

注: パスワードを使わずに、いくつかの Excel ブックを開くことができません。場合、ブックの場合は、されないことができます InfoPath に正常にインポートします。この問題を修正するのには、インポートする前に、ブックのパスワード要件を削除するしてみてください。さらに、いくつかのブックは、ワークシートの名前を変更または移動、削除、非表示にして、ブック内の別の構造要素を変更するユーザーを防ぐために設計されています。場合、ワークシートの場合は、されないことができます InfoPath に正常にインポートします。この問題を修正するのには、インポートする前に、ブックの制限を編集する構造を削除してみてください。

ページの先頭へ

Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換する

  1. [ファイル] メニューで、フォームのインポート] をクリックします。

  2. インポート ウィザード] ダイアログ ボックスでは、 Excel ブックの InfoPath のインポート] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  3. [参照] をクリックします。

  4. Excel ブックを変換する] をクリックし、[開く] をクリックします。

  5. 既定のインポートの動作を変更するには、オプション] をクリックし、[オプションを指定します。

  6. [完了] をクリックします。

    注: レイアウトと、Excel ブックの複雑さ、によってレイアウトの要素またはコントロール可能性がありますいない思いどおりに表示後の InfoPath フォーム テンプレートのします。その結果に変換した後、新しいフォーム テンプレートを調整する必要があります。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×