Excel の概要

Excel を計算機として使用する

Excel を計算機として使用する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

電卓を使用する代わりに、Microsoft Excel を使用して数学を実行します。

単純な数式を入力して、2つ以上の数値を加算、除算、乗算、減算することができます。または、 sum機能を使用して、数式に手動で入力することなく、一連の値をすばやく集計することができます。数式を作成した後、隣接するセルにコピーすることができます。同じ数式を何度も作成する必要はありません。

Excel での減算

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Excel での乗算

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Excel での除算

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

簡単な数式について

数式の入力は、すべて等号 (=) から始まります。簡単な数式の場合は、等号に続き計算する数値と数学演算子を入力するだけです。正符号 (+) は加算、負符号 (-) は減算、アスタリスク (*) は乗算、スラッシュ (/) は除算です。次に、Enter キーを押すと、Excel はすぐに計算して、数式の結果を表示します。

たとえば、セル C5 に =12.99+16.99 と入力して Enter キーを押すと、Excel は結果を計算して、そのセルに 29.98 を表示します。

単純な数式の例

セルに入力した数式は、数式バーに表示されたままで、そのセルが選択されたときには常に確認できます。

重要: SUM 関数はありますが、SUBTRACT 関数は存在しません。代わりに、=8-3+2-4+12 のように、数式でマイナス (-) 演算子を使用します。あるいは、負符号を使用して SUM 関数で数字を負の値に変換します。たとえば、数式 =SUM(12,5,-3,8,-4) では、SUM 関数を使用して、順番に 12 と 5 を加算、3 を減算、8 を加算、4 を減算しています。

オート SUM を使用する

SUM 数式をワークシートに追加する最も簡単な方法は、オート SUM を使用することです。合計する範囲のすぐ上または下の空のセルを選択し、リボンの [ホーム] タブまたは [数式] タブで、[オート SUM]、[合計] の順にクリックします。オート SUM ウィザードは、合計する範囲を自動的に認識して数式を作成します。左側または右側の範囲を選択した場合は、横方向に合計することもできます。

注: オート ​​SUM は、連続していないセル範囲では機能しないことにご注意ください。

オート SUM ウィザードを使用すると、自動的に SUM 数式を作成できます。集計する上/下または左/右の範囲を選び、リボンの [数式] タブに移動して、[オート SUM] の [合計] を選びます。

縦方向にオート SUM

セル B6 はオート SUM の合計の数式を示す: =SUM(B2:B5)

上記の図では、オート Sum 機能がセル B2: B5 を合計する範囲として自動的に認識した様子が示されています。あとは、Enter キーを押して確定するだけです。セルを追加または除去する必要がある場合は、Shift キーを押しながら、必要な選択範囲に一致するまで任意の方向キーを押します。Enter キーを押して操作を完了します。

Intellisense 関数ガイド: 関数の下のフローティング タグ SUM(数値1,[数値2], …) は、その関数の Intellisense ガイドです。SUM または関数名をクリックすると、その関数のヘルプ トピックへの青いハイパーリンクに変わります。個々の関数の要素をクリックすると、数式内のそれぞれの部分が強調表示されます。この例では、数式内で 1 つの数値参照しかないため、B2:B5 だけが強調表示されます。任意の関数の Intellisense タグが表示されます。

横方向にオート SUM

セル D2 はオート SUM の合計の数式を示す: =SUM(B2:C2)

詳細については、「SUM 関数」についての記事を参照してください。

同じ数式を何度も作成しないようにする

数式を作成したら、ほかのセルにコピーできるため、何度も同じ数式を作成する必要はありません。数式をコピーするか、[フィル ハンドル] フィル ハンドル を使用して、隣接するセルに数式をコピーします。

たとえば、セル B6 の数式をセル C6 にコピーすると、セル B6 の数式は自動的に変更され、C 行のセル範囲で更新されます。

数式をコピーするときに、セル範囲が自動的に更新されます。

数式をコピーしたら、セル範囲が正しいことをご確認ください。セル範囲が相対参照を使用する場合は、セル範囲が変わることがあります。詳細については、「数式を別のセルまたはワークシートにコピーする」を参照してください。

電卓キーと同じ機能を持つ数式の記号

電卓のキー

Excel のキー

説明、例

結果

+ (プラス記号キー)

+ (プラス)

数式で使用すると、数字を加算します。例: =4+6+2

12

-(マイナス記号キー)

- (マイナス)

数式で使用すると、数字を減算するか、負の値を示します。

例: =18-12

例: = 24 *-5 (24 にマイナス 5 を乗算)


6

-120

x (乗算キー)

* (アスタリスク、または "星印" とも呼ばれます)

数式で使用すると、数字を乗算します。例: =8*3

24

÷ (除算キー)

/ (スラッシュ)

数式で使用すると、1 つの数字を別の数字で除算します。例: =45/5

9

% (パーセント キー)

% (パーセント)

* を数式で使用すると、パーセントで乗算します。例: =15%*20

3

(平方根)

SQRT 関数

SQRT 関数を数式で使用すると、数字の平方根を検索します。例: =SQRT(64)

8

1/x (逆数)

=1/n

数式で =1/n を使用します (n は、1 で除算する数字です)

例: =1/8

0.125

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

演算子と Excel での優先順位

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式のエラーを検出する

Excel キーボード ショートカット - ファンクション キー

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (機能別)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×