Excel の組み込み関数を使用してテーブルまたはセル範囲のデータを検索するには

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

概要

この資料では、Microsoft Excel のさまざまな組み込み関数を使用してテーブル (またはセルの範囲) でデータを検索する方法について説明します。 同じ結果を得るための異なる数式を使用することができます。

サンプルのワークシートを作成します。

この資料では、ワークシートの例を使用して、Excel の組み込み機能を説明します。 列 A から名前を参照して、列 C からその人物の年齢を返すの例を検討してください。このシートを作成するには、空白の Excel ワークシートに次のデータを入力します。

セル E2 に検索する値を入力します。 同じワークシートに空白のセルに数式を入力できます。

A

B

C

D

E

1

Name

部署

樹齢

値を見つける

2

Henry

501

28

Mary

3

経歴の持ち主

201

19

4

Mary

101

22

5

ラリー

301

29

用語の定義

この資料では、以下の用語を使用して、Excel の組み込み機能を説明します。

用語

定義

テーブル配列

検索対象テーブル全体

A2:C5

検査値

範囲の左端の列で検索する値。

E2

検査
または、
検査範囲

検査値が含まれているセルの範囲。

A2 から A5 まで

列番号

範囲の対応する値の列数が返されます。

3 (範囲の 3 番目の列)

Result_Array
または、
対応範囲

1 つだけの行または列を含む範囲です。 検査範囲または検査範囲と同じサイズの可能性があります。

C2:C5

検索の型

論理値 (TRUE または FALSE)。 TRUE を指定するか省略した場合、近似値が返されます。 FALSE の場合、正確に一致するのになります。

FALSE

Top_cell

オフセットを作成する参照です。 Top_Cell は、セルまたは隣接したセルの範囲を参照する必要があります。 それ以外の場合、#value! が返されます。 エラー値を返します。

Offset_Col

これは、左または右に参照するために、結果の左上隅のセルをへの列の数です。 たとえば、参照の左上隅のセルが参照の右側にある 5 つの列を Offset_Col 引数として「5」に指定します。 Offset_Col では、(右方向へ参照) を指定したりすると、開始参照の左側に) することができます。

関数

LOOKUP()

LOOKUP関数では、1 つの行または列の値が見つかるし、別の行または列の同じ位置の値と一致すます。

ルックアップ数式の構文の例を次に示します。

   =LOOKUP(Lookup_Value,Lookup_Vector,Result_Vector)


次の数式では、サンプル ワークシートで Mary の年齢を検索します。

   =LOOKUP(E2,A2:A5,C2:C5)

この数式では、セル E2 の値"Mary"を使用し、ルックアップ ベクトル (列 A) で"Mary"が検索されます。 数式には、結果ベクトル (列 C) で、同じ行の値が [と一致します。 "Mary"が行 4 であるため、参照は、4 列 C (22)] 行から値を返します。

メモ:LOOKUP関数では、テーブルを並べ替える必要があります。

LOOKUP関数の詳細については、場合は、Microsoft サポート技術情報の記事を表示するのには、次の記事数をクリックします。
 

Excel では、LOOKUP 関数を使用する方法

VLOOKUP()」と入力

VLOOKUPまたは垂直方向の Lookup 関数を使って、データの列に表示されている場合。 この関数は、左端の列の値を検索し、同じ行に指定された列のデータと一致させます。 並べ替えるか、並べ替えていない表のデータを検索するのにVLOOKUPを使用することができます。 次の例では、並べ替えられていないデータを含むテーブルを使用します。

VLOOKUP数式の構文の例を次に示します。

    =VLOOKUP(Lookup_Value,Table_Array,Col_Index_Num,Range_Lookup)

次の数式では、サンプル ワークシートで Mary の年齢を検索します。

   =VLOOKUP(E2,A2:C5,3,FALSE)

この数式では、セル E2 の値"Mary"を使用し、左端の列 (列 A) で"Mary"が検索されます。 数式には、Column_Index 内の同じ行の値が [と一致します。 この例は、「3」を Column_Index (列 C) として使用します。 "Mary"が行 4 であるため、 VLOOKUPは、列 C (22) の行 4 の値を返します。

VLOOKUP関数に関する詳細については、Microsoft サポート技術情報の記事を表示するのには、次の記事数をクリックします。
 

使用する VLOOKUP または HLOOKUP に完全一致を検索する方法

INDEX() および MATCH()

ルックアップまたはVLOOKUPを使用する場合と同じ結果を得る共同 INDEX と MATCH 関数を使用することができます。

前の例のルックアップvlookup 関数と同じ結果を生成するには、 INDEXMATCHを組み合わせて構文の例を次に示します。

    =INDEX(Table_Array,MATCH(Lookup_Value,Lookup_Array,0),Col_Index_Num)

次の数式では、サンプル ワークシートで Mary の年齢を検索します。


=INDEX(A2:C5,MATCH(E2,A2:A5,0),3)

数式がセル E2 に値"Mary"を使用し、列 A の"Mary"が検索されます。[列 C で、同じ行の値と一致します。"Mary"が行 4 であるため、数式は、列 C (22) の行 4 の値を返します。

メモ: 検査範囲内のセルの [なし] には、検索値 ("Mary") が一致すると、次の数式で #n/a が返されます。
INDEX関数の詳細については、場合は、Microsoft サポート技術情報の記事を表示するのには、次の記事数をクリックします。

テーブル内のデータを検索する INDEX 関数を使用する方法

Offset() 関数および MATCH()

前の例で関数と同じ結果を得るにまとめて、 OFFSET関数とMATCH関数を使用できます。

次には、 OFFSETと一致するルックアップvlookup 関数と同じ結果を生成するための構文の例を示します。

   =OFFSET(top_cell,MATCH(Lookup_Value,Lookup_Array,0),Offset_Col)

この数式は、サンプル ワークシートで Mary の年齢を検索します。

   =OFFSET(A1,MATCH(E2,A2:A5,0),2)

数式がセル E2 に値"Mary"を使用し、列 A の"Mary"が検索されます。数式には、同じ行が (列 C) の右に 2 つの列の値が [と一致します。 "Mary"では、列 A の中であるため、数式は、列 C (22) の行 4 の値を返します。

詳細については、 OFFSET関数は、場合は、Microsoft サポート技術情報の記事を表示するのには、次の記事数をクリックします。
 

OFFSET 関数を使用する方法

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×