Excel の数式に関数およびネストした関数を使用する

関数は、引数と呼ばれる特定の値を特定の順序または構造で使用して計算を実行するあらかじめ定義された数式です。関数を使用して、単純な計算や複雑な計算を実行できます。Excel のすべての関数はリボンの [数式] タブで確認できます。

Excel のリボンにある [数式] タブ
  • Excel の関数の構文

    セル A10 の数値を四捨五入する ROUND 関数の次の例で関数の構文を示します。

    関数の構造

    1. 構造。関数の構造は、等号 (=) で始まり、関数名、左かっこ、コンマで区切られた関数の引数、右かっこが続きます。

    2. 関数名。使用可能な関数の一覧を表示するには、セルをクリックし、Shift + F3 キーを押します。[関数の挿入] ダイアログが開きます。

    Excel の数式 - [関数の挿入] ダイアログ

    3. 引数。引数は、数値、文字列、論理値 (TRUE または FALSE)、配列、エラー値 (#N/A など)、セル参照などです。指定する引数は、その引数の有効な値を生成する必要があります。引数は、定数、数式、他の関数でもかまいません。

    4. 引数のヒント。関数を入力すると、構文と引数のヒントが表示されます。たとえば、「=ROUND(」と入力すると、ヒントが表示されます。ヒントは、組み込み関数に対してのみ表示されます。

    注: 関数をすべて大文字で入力する必要はありません (=ROUND など)。Enter キーを押すと関数名は自動的に大文字になります。関数名にスペル ミスがあると (=SUM(A1:A10) ではなく =SUME(A1:A10) など)、#NAME? エラーが返されます。

  • Excel 関数の入力

    関数を含む数式を作成するときは、[関数の挿入] ダイアログ ボックスを使用してワークシート関数を入力できます。[関数の挿入] ダイアログで関数を選択すると、関数ウィザードが起動され、関数の名前、各引数、関数と各引数の説明、関数の現在の結果、および数式全体の現在の結果が表示されます。

    Excel の関数ウィザード

    数式の作成と編集を容易にし、入力ミスや構文エラーを最小限に抑えるには、数式オートコンプリートを使用します。= (等号) を入力して関数の文字の入力を始めると、有効な関数、引数、および文字と一致する名前の動的なドロップダウン リストが表示されます。ドロップダウン リストから 1 つを選択すると、後は自動的に入力されます。

    Excel の数式オートコンプリート

  • Excel 関数のネスト

    ある関数を、別の関数の引数として使用することもできます。たとえば、次の数式は、ネストした AVERAGE 関数を使って、その結果を値 50 と比較します。

    ネストした関数

    1. AVERAGE 関数と SUM 関数が IF 関数内にネストされています。

    有効な戻り値   ネストした関数を引数として使用する場合は、ネストした関数が返す値の型と引数の型が同一であることが必要です。たとえば、引数が TRUE または FALSE の値を返す場合は、TRUE または FALSE の値を返す関数をネストすることができます。ネストした関数が正しい型の値を返さない場合は、#VALUE! が表示されます。エラー値が返されます。

    ネスト レベルの制限   数式には、7 レベルまでのネストした関数を含めることができます。ある関数 (関数 B とします) を別の関数 (関数 A とします) の引数として指定する場合、関数 B は、第 2 レベルの関数として機能します。たとえば、AVERAGE 関数と SUM 関数は IF 関数の引数として指定されている場合、第 2 レベルの関数となります。さらに、ネストした AVERAGE 関数にネストする関数があった場合、その関数は第 3 レベルの関数になります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×