スキップしてメイン コンテンツへ

Excel の数式に名前付き範囲を挿入する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Excel スプレッドシートで作成している数式に、名前付き範囲をすばやく挿入できます。名前付き範囲とは

数式で名前付き範囲を使用すると、数式を簡単に作成し、維持することができます。数式で名前付き範囲を使用すると、数式がよりわかりやすくなります。

名前付き範囲の SUM 関数の例 SUM forrmula の例

SUM 数式の例

名前付き範囲の SUM 数式の例

数式に範囲を挿入する

  1. 必要に応じて、数式の入力を開始します。

  2. 数式のセルにカーソルを置いたまま、[数式]、[数式]、[名前貼り付け] の順にクリックします。

  3. [貼り付けの名前] ボックスの一覧で、数式に挿入する名前付き範囲を選びます。

  4. 必要に応じて、手順2と3を繰り返して、できるだけ多くの範囲を追加します。

    注: 範囲自体を更新しても、数式内の範囲に対する参照は自動的に更新されません。数式で名前付き範囲を手動で再挿入する必要があります。

スプレッドシートに範囲リストを貼り付ける

現在のシートまたはブックで使用されているすべての名前付き範囲のリストを取得し、シートにリストとして貼り付けることができます。これは、現在のスプレッドシートに関連付けられているデータ参照と共に範囲のリストをすばやく表示する必要がある場合に特に便利です。

  1. ワークシートで範囲の詳細を貼り付けるセルまたは空白の範囲を選択します。

  2. [数式] 、[数式]、 [名前の貼り付け] の順にクリックします。

  3. [名前の貼り付け] ダイアログボックスで、[リストの貼り付け] をクリックします。

  4. [OK] をクリックします。

    これで、スプレッドシート内に2つの列が表示されます (範囲名と各範囲に含まれるセル参照)。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

数式で名前を定義し使用する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×