スキップしてメイン コンテンツへ
共有と共同編集

Excel のブックを他のユーザーと共有する

Excel のブックを他のユーザーと共有する

Excel 内で直接、他のユーザーとブックを共有しましょう。 他のユーザーにブックの表示のみ、または編集を許可することができます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  1. [共有] を選択します。

  2. アクセス許可を選択し、[適用] を選択します。

  3. ユーザーを追加します。

  4. 必要に応じてメッセージを入力します。

  5. [送信] を選びます。

次の 3 つの手順を行うだけで、ブックを共有できます。

Web ブラウザーを使用して、OneDriveOneDrive for Business、または SharePoint Online のライブラリにブックをアップロードするか新しいブックを作成します。

  1. ファイルをアップロードした場合は、ファイル名をクリックして開きます。 Web ブラウザーで新しいタブにブックが開きます。

  2. [Excel で編集] ボタンをクリックします。 このボタンが表示されない場合は、[ブラウザーで編集] をクリックし、ページが再び読み込まれたら [Excel で編集] をクリックします。

  3. [Microsoft Excel を開く] をクリックします。

  4. Excel プログラムでファイルを開くと、ファイルが [保護ビュー] になっていることを意味する黄色のバーが表示されることがあります。 その場合は、[編集を有効にする] ボタンをクリックします。

  5. 右上隅の [共有] をクリックします。

  6. [ユーザーを招待] をクリックします。 次に、セミコロンで区切ってメール アドレスを入力します。 [編集可能] が選択されていることも確認します。 作業が完了したら、[共有] ボタンをクリックします。

    ヒント: 自分にもリンクを送信する場合は、右上の [共有] をクリックして、[リンクのコピー]、[表示と編集] の順にクリックします。

  7. 前の手順で [共有] ボタンをクリックした場合は、各ユーザーにメール メッセージが送信されます。 メッセージは、自分のメール アドレスから送信されます。 内容を確認できるように、自分にもメッセージのコピーが送信されます。

[共有] ボタンをクリックした場合、ファイルを開くための招待メール メッセージが各ユーザーに送信されます。 ブックを開くためのリンクをクリックします。 Web ブラウザーが開き、ブックが Web 用 Excelで開きます。 ブラウザーで編集する場合は、[ブックの編集]、[ブラウザーで編集] の順にクリックします。 Excel アプリで開く場合は、[ブックの編集]、[Excel で編集] の順にクリックします。

ヒント: Office 365 サブスクライバー向けの最新バージョンの Excel 2016 を使用している場合は、Excel アプリで直接、ファイルを開くことができます。 [ファイル]、[開く]、[共有] の順にクリックすると、別のユーザーによって共有されているファイルを選択できます。

複数のユーザーが同時に 1 つのブックを編集することができます。 これは共同編集と呼ばれます。 ただし、すべてのユーザーに、共同編集をサポートしている Excel アプリのバージョンが必要です。 現時点では、Excel for Android、Excel for iOS、Excel Mobile、および Excel 2016 for Office 365 サブスクライバ―が共同編集をサポートしているバージョンです。 サポートされているバージョンを持っていない場合は、[ブック編集] Web 用 Excelクリックして、Web 用 Excelでファイルを編集できます。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

Excel ブックの共同編集を使用して同時に共同作業を行う

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×