Excel のステータス バーのオプション

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office プログラムの下部にあるステータス バーには、ステータス バーに表示する選択されているオプションの状態が表示されます。既定では、多くのオプションが選択されます。ステータス バーをカスタマイズする場合は、右クリックし、希望するオプションをクリックします。

Excel のステータス バーで、次のオプションを利用します。

注: いくつかのオプションを使用している Excel のバージョンによって、利用できることができないことがあります。

オプション

ステータス バーで、次が表示されます。

セル モード

既定で選択すると、このオプションは、編集モードのステータス バーの左側にある [現在のセルを表示します。次のモードのいずれかが表示されます。

  • 準備が一般的な状態を示します。

  • コンテンツ入力モードを示すを入力します。セルと入力] を選択するとき、または f2 キーを 2 回押すときに表示されます。

  • セル内の編集モードを示すには、編集をします。入力するか、セルのデータを編集できるように、F2 キーを押して、セルをダブルクリックしたときに表示されます。

  • 数式のセル選択モードを示すポイントにします。数式を開始し、数式に含めるセルをクリックすると表示されます。

フラッシュ フィルの空白セル

既定で選択すると、このオプションは、フラッシュ フィルの演算を行った後に空白のままされたセルの数を指定します。

フラッシュ フィルのセルを変更します。

既定で選択すると、このオプションは、フラッシュ フィルによって入力されたセルの数を指定します。

署名

既定で選択すると、このオプションは作業中のブックがデジタル署名されていることを示します。

情報管理ポリシー

既定で選択すると、このオプションは、Information Rights Management (IRM) がアクティブなブックのコンテンツへのアクセスを制限するに使われていることを示します。

アクセス許可

既定で選択すると、このオプションには、現在の読み取りを表示してドキュメントのアクセス許可の編集] をクリックすることができるセル モード インジケーターの横にあるアイコンが表示されます。

このアイコンは、ドキュメントへのアクセスが制限されている場合にのみ表示されます。Excel 2007の制限を適用するには、 Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像準備アクセス許可を制限する制限付きアクセス] をクリックします。その他のバージョンでは、[ファイル] をクリックして >情報>ブックの保護>アクセスの制限>のアクセスを制限します。

キャップス ロックです

選択した場合、このオプションでは、英大文字のロックを大文字で入力を許可する CAPS LOCK キーが有効になっていることを示すが表示されます。既定では、このオプションが選択されていません。

Numlock キー

選択した場合、 Numlockテンキーのキーを使用して、ワークシートの番号を入力するように Numlock キーが有効になっていることを示すには、このオプションが表示されます。既定では、このオプションが選択されていません。

スクロール ロック

既定で選択すると、このオプションは、スクロールのロックを示す矢印キーを使用して、ワークシートのスクロールができるようにスクロール ロックが有効になっているを表示します。

固定小数点以下

既定で選択すると、このオプションは表示固定 10 進数を固定小数を指定すると、ワークシートに入力したすべての数値が表示されることを示します。このオプションが有効で、小数点の位置が自動的に挿入] チェック ボックス [編集オプション] で [ Excel のオプション] ダイアログ ボックスの [詳細] タブを選択すると ( Excel 2007] をクリックします Office ボタンの画像 MicrosoftOffice ボタンExcel のオプション]で、高度なします。その他のバージョンの Excel でファイルをクリックして >オプション>詳細設定します。)。

上書き入力モード

このオプションは表示を編集モードのセルでセルの内容を編集中に上書き入力モードを有効に挿入が押されたことを示す上書き入力モードを選択すると (セルをダブルクリックまたは F2 キーを押します)。既定では、このオプションが選択されていません。

モードの終了

既定で選択すると、このオプションは、最後のモードを有効に終了が押されたことを示すモードの終了を表示します。終了後に、矢印キーを押すと、先頭と、データの末尾と、[開始またはワークシートの末尾を停止する、方向キーの方向に移動します。

マクロの記録

既定で選択すると、このオプションは、マクロの記録を開始する] をクリックすることができるセル モード インジケーターの横にあるボタンを表示します。

選択モード

このオプションを選択すると、既定では、次のセル選択モードのいずれかの表示します。

  • 選択範囲を拡張するときに、方向キーを使用して、セルの選択範囲を拡張する F8 キーを押すことです。

  • 選択範囲を追加方向キーを使用して、セルの選択範囲に隣接していないセルまたは範囲を追加するには、shift キーを押しながら F8 キーを押すこととします。

ページ番号

既定で選択すると、このオプションを表示選択されているワークシート ページのページ番号とページ数、ワークシートのページ レイアウト ビュー] または [印刷プレビュー表示で作業しているときにします。

AVERAGE

既定で選択すると、このオプションは、数値が含まれる選択したセルから計算される平均値を表示します。

COUNT

既定で選択すると、このオプションは、選択したセルの数を表示します。

数値の個数を数える

選択した場合、このオプションには、数値が含まれる選択したセルの数が表示されます。既定では、このオプションが選択されていません。

最小

選択した場合、このオプションは、選択したセルの最小の数値を表示します。既定では、このオプションが選択されていません。

最大

選択した場合、このオプションは、選択したセルの最大の数値を表示します。既定では、このオプションが選択されていません。

SUM

既定で選択すると、このオプションは、選択したセルの数値の合計を表示します。

状態をアップロードします。

既定で選択すると、このオプションは、web にスプレッドシートのアップロード状態を示します。

ビューのショートカット キー

既定で選択すると、このオプションには、標準表示、ページ レイアウトビューでは、改ページ プレビュー ] ボタンが表示されます。現在のビューを変更するのには、これらのボタンをクリックすることができます。

ズーム

既定で選択すると、このオプションは、ズームレベルを表示します。拡大/縮小する、拡大/縮小] ダイアログ ボックスを開き、使用する倍率の割合を指定することができます] をクリックすることができます。

ズーム スライダー

既定で選択すると、このオプションは、拡大/縮小したりおよび拡大/縮小] ボタンとズームスライダーを表示します。スライダーをドラッグしたり、またはその他のコンテンツを表示することができるように、ワークシート上のコンテンツのサイズを小さくために、詳細を確認するには、ワークシートの内容を拡大縮小し、拡大/縮小] をクリックできます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×