Excel のオート フォーマットを元に戻す

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

ワークシートに情報を入力すると、意図していない方法で Excel が自動的に書式設定することがあります。 たとえば、Web アドレスを入力すると、Excel ではそれがハイパーリンクに変換されます。 これは非常に便利な機能ですが、場合によっては必要ないこともあります。 その場合は、1 つのセルまたはブック全体で、オートフォーマットをオフにすることができます。

  1. 自動的に書式設定された文字列の上にマウス ポインターを移動して、表示される [オートコレクトのオプション] をクリックします。 このボタンは小さいので、マウス ポインターを移動するときは注意が必要です。

[オートコレクトのオプション] ボタン

  1. 選んだテキストの書式設定だけを削除するには、[元に戻す]をクリックします。 たとえば、Excel で自動的に作成されたハイパーリンクを削除する場合は、[ハイパーリンクを元に戻す] をクリックします。

  2. Excel でブックに特定の形式の書式設定が適用されないようにするには、[停止] をクリックします。 たとえば、Excel で自動的にハイパーリンクが作成された場合、そのワークシートの他の部分では作成されないようにするには、[ハイパーリンクを自動的に作成しない] をクリックします。

すべてのオートフォーマットのオプションを一度に設定する

オートフォーマット オプションを一度に確認し変更する場合は、[オートコレクト] ダイアログ ボックスで行います。

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。

  2. [Excel のオプション] ダイアログ ボックスで、[文章校正]、[オートコレクトのオプション]の順にクリックします。

  3. [入力オートフォーマット] タブで、使用するオートフォーマットのボックスをオンにします。

    • インターネットとネットワークのパスをハイパーリンクに変更する    : 入力された URL、ネットワーク パス、メール アドレスをハイパーリンクに置き換えます。

    • テーブルに新しい行と列を含める    : Excel テーブルの下または横にデータを入力すると、新しいデータを格納するためにテーブルが拡張されます。 たとえば、列 A と列 B にテーブルがある場合、列 C にデータを入力すると、列 C がテーブルの一部として自動的に書式設定されます。

    • テーブルに数式をコピーして集計列を作成    : 1 つの数式を Excel テーブルの列のすべてのセルに適用します。

注:  数値と日付の表示方法を設定する場合は、[ホーム] タブの [数値] グループを使います。 オートフォーマットの一部ではありません。

この機能は Excel online ではできません。

Excel デスクトップ アプリケーションがあれば、 Excel で開く] ボタンを使用してブックとオート フォーマットを元に戻す] を開くことができます。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×