スキップしてメイン コンテンツへ

Excel で "オブジェクトをシートに移動できない" というメッセージが表示されるのはなぜですか?

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

次のメッセージを表示すると、ワークシートの列または行を挿入したり、非表示にしたりすることができない場合があります。

"オブジェクトがシートからはみだします。その操作はできません" メッセージ ボックス

このメッセージが表示される場合は、考えられる解決策について、次の表を参照してください。

問題

問題が発生する理由とその対処方法

行または列を挿入できない

ワークシートに行または列を挿入しようとすると、"オブジェクトを移動できません" というメッセージが表示され、[オブジェクトの場合は、[Excel のオプション] セクションで [何も表示しない] が選択されています。 これは、一部のバージョンの Excel では既知のバグです。 このオプションは既定では選択されていませんが、特定のキーボードショートカット (CTRL + 6) キーを押して間違って設定することができます。

バグを回避するには、設定をNothing (オブジェクトの非表示)から [すべて] に変更する必要があります。 これを行うには、CTRL キーを押しながら6キーを押します。

または、[Excel のオプション] の設定を変更することもできます。 そのためには、

  1. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

    注: [ Z0z_] で、 Microsoft Office ボタンをクリックし、[ excel のオプション] をクリックします。

  2. [詳細設定] タブで、[このブックの設定の表示オプション] までスクロールします。 [オブジェクトの表示] で、[何もしない] (オブジェクトを表示しない) の代わりに [すべて] を選択します。

    [Excel のオプション] ダイアログ ボックスのオブジェクトの表示と非表示を切り替えるオプション

ブック内のオブジェクトを意図的に非表示にしている可能性があります。 たとえば、ブックに多くのオブジェクトが含まれている場合、それらのオブジェクトを非表示にすると、ブックの応答性が高くなることがあります。 その場合は、キーボードショートカット (CTRL + 6) を使用して、オブジェクトの表示と非表示を切り替えることができます。

列を挿入または非表示にすることができない

"ワークシートからオブジェクトを移動できません" というメッセージ (または同様の worded メッセージ) が表示されたままになっている場合、以前の解決方法を適用した後でも、コメント、画像、グラフなどのオブジェクトがワークシートグリッドの末尾に向かって表示されている可能性があります。

非表示にしたり、挿入したりできる列の量は、オブジェクトの右端とワークシートの最後の列 (列XFD) の間の列数に制限されます。 ワークシート上の非表示にする、またはワークシート上の任意の場所に挿入する列の数がその数字よりも大きい場合は、オブジェクトがワークシートの外に移動され、メッセージが表示されます。

一般的に、この問題を解決するには、問題のあるオブジェクトを検索し、そのオブジェクトを削除するか、ワークシートの末尾から離れた場所に移動します。 次に、オブジェクトを検索するためのヒントをいくつか示します。

  • 行または列の最後のセルにすばやく移動するには、END キーを押して、右方向キーまたは下方向キーを押します。

  • データまたは書式を含むワークシートの最後のセルに移動するには、CTRL キーを押しながら END キーを押します。

  • コメントをすばやく見つけて削除するには、F5 キーを押します。 [ジャンプ] ダイアログボックスで、[特殊文字] をクリックします。 [コメント] を選択し、[ OK]をクリックします。 コメントを削除するには、コメントが含まれるセルを右クリックし、[コメントの削除] をクリックします。

  • グラフやボタンなどのグラフィカルオブジェクトをすばやく見つけるには、F5 キーを押します。 [ジャンプ] ダイアログボックスで、[特殊文字] をクリックします。 [オブジェクト] を選択し、[ OK]をクリックします。 オブジェクトが見つかったら、それを削除または移動できます。

注: この問題は、通常、列を挿入または非表示にしたときに発生します。 行にも同じ問題が発生する可能性があります。ただし、Excel 2007 の行の上限に達しているため、これは一般的ではないため、ワークシートの最後にオブジェクトを配置する可能性は低くなります。

詳細とトラブルシューティングのヒントについては、「 Excel で列を非表示にするときにエラーメッセージが表示される」を参照してください。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×