Excel で実行中の合計を計算します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

時間の経過時間を加算する新しい項目を入力すると、セル内のアイテムの値と値を確認するのには、合計を使用できます。実行中の合計を計算するには、次の手順を使用します。

  1. 次の例のようなワークシートを設定します。

    使用例を新規のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

    使用例をコピーする方法

    1. 新しいブックまたはワークシートを作成します。

    2. ヘルプ トピックから使用例を選びます。

      注: 行見出しまたは列見出しは選ばないでください。

      サンプル データを選ぶ

    3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

    4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

    5. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーを押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、[数式] タブの [ワークシート分析] で [数式の表示] をクリックします。

      1

      2

      3

      4

      5

      6

      7

      8

      9

      10

      11

      12

      13

      A

      B

      C

      D

      E

      日付

      Product

      Quantity

      数式

      累計

      1 月 2 日

      ビーチ株式会社

      5

      =SUM($C$2:$C2)

      5

      1 月 2 日

      サングラス

      3

      =SUM($C$2:$C3)

      8

      1 月 3 日

      ビーチ株式会社

      9

      =SUM($C$2:$C4)

      17

      1 月 3 日

      サングラス

      8

      =SUM($C$2:$C5)

      25

      1 月 3 日

      外付けの設定

      1

      =SUM($C$2:$C6)

      26

      1 月 4 日

      ビーチ株式会社

      6

      =SUM($C$2:$C7)

      32

      1 月 4 日

      サングラス

      4

      =SUM($C$2:$C8)

      36

      1 月 5 日

      ビーチ株式会社

      11

      =SUM($C$2:$C9)

      47

      1 月 5 日

      サンド ボックス

      1

      =SUM($C$2:$C10)

      48

      1 月 5 日

      サングラス

      5

      =SUM($C$2:$C11)

      53

      1 月 5 日

      外付けの設定

      2

      =SUM($C$2:$C12)

      55

      列 D の数式を調べわかります範囲の最初の部分が (列と行の両方が前に$記号)、絶対参照であり、範囲の 2 番目の部分が (列だけが続く、複合参照 ドル記号) でです。この方法で数式を入力して隣接する行にコピーする場合は、合計として作業を有効にします。

  2. 実行合計を維持するには、新しい項目ごとに行を追加し、数式を列 D からその行にコピーします。

    手動で入力するかの行ごとに、数式をコピーする必要はありません。たとえば、だけでセル D2 で数式を入力できます。[データを含むセル D13 フィル ハンドルをドラッグして他の行にだけで、数式をコピーします。

注: 実行中の合計は、拡張または新しいエントリを追加すると (たとえば、会計、) 圧縮値の合計を視聴することで、実行中の残高によって異なります。

  1. 次の例のようなワークシートを設定します。

    使用例を新規のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

    使用例をコピーする方法

    1. 新しいブックまたはワークシートを作成します。

    2. ヘルプ トピックから使用例を選びます。

      注: 行見出しまたは列見出しは選ばないでください。

      サンプル データを選ぶ

    3. コマンド +C キーを押します。

    4. ワークシートで、セル A1 を選択して、 コマンド を押しながら V キーを押します。

    5. 結果を表示して、結果を返す数式の表示を切り替えるには、CONTROL + キーを押します。 ' (アクサン グラーブ)、または [数式] タブの [ワークシート分析] グループで、[数式の表示] ボタンをクリックします。

      1

      2

      3

      4

      5

      6

      7

      8

      9

      10

      11

      12

      13

      A

      B

      C

      D

      E

      日付

      Product

      Quantity

      数式

      累計

      1 月 2 日

      ビーチ株式会社

      5

      =SUM($C$2:$C2)

      5

      1 月 2 日

      サングラス

      3

      =SUM($C$2:$C3)

      8

      1 月 3 日

      ビーチ株式会社

      9

      =SUM($C$2:$C4)

      17

      1 月 3 日

      サングラス

      8

      =SUM($C$2:$C5)

      25

      1 月 3 日

      外付けの設定

      1

      =SUM($C$2:$C6)

      26

      1 月 4 日

      ビーチ株式会社

      6

      =SUM($C$2:$C7)

      32

      1 月 4 日

      サングラス

      4

      =SUM($C$2:$C8)

      36

      1 月 5 日

      ビーチ株式会社

      11

      =SUM($C$2:$C9)

      47

      1 月 5 日

      サンド ボックス

      1

      =SUM($C$2:$C10)

      48

      1 月 5 日

      サングラス

      5

      =SUM($C$2:$C11)

      53

      1 月 5 日

      外付けの設定

      2

      =SUM($C$2:$C12)

      55

      列 D の数式を調べわかります範囲の最初の部分が (列と行の両方が前に$記号)、絶対参照であり、範囲の 2 番目の部分が (列だけが続く、複合参照 ドル記号) でです。この方法で数式を入力して隣接する行にコピーする場合は、合計として作業を有効にします。

  2. 実行合計を維持するには、新しい項目ごとに行を追加し、数式を列 D からその行にコピーします。

    手動で入力するかの行ごとに、数式をコピーする必要はありません。たとえば、だけでセル D2 で数式を入力できます。[データを含むセル D13 フィル ハンドルをドラッグして他の行にだけで、数式をコピーします。

注: 実行中の合計は、拡張または新しいエントリを追加すると (たとえば、会計、) 圧縮値の合計を視聴することで、実行中の残高によって異なります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×