スキップしてメイン コンテンツへ

Excel でブックを閉じるときに、"方法、保存を非表示にする次のように変更"のプロンプト

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

概要

Microsoft Excel で、Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) マクロが表示されなく変更を保存するブックを閉じるとを作成できます。 これは、ブックの保存されたプロパティの状態を指定するか、[ブックのすべての通知を非表示に実行できます。

詳細情報

メモ:Microsoft は、黙示保証するだけでプログラミングの例を示します。 これが含まれているが、商品や特定の目的の責任に限定されます。 この記事では、例示されているプログラミング言語とを作成して、プロシージャをデバッグするために使用するツールに精通していることを前提としています。 Microsoft サポート エンジニアは、特定のプロシージャの機能を説明することができます。 ただし、次の例を機能の追加または、特定の要件を満たしているプロシージャを作成、変更されません。 

以下の例のいずれかを実装するための準備を行うには、まず次の手順を実行します。

  1. Excel を起動し、新しいブックを開きます。

  2. Visual Basic editor を起動するには、alt キーを押しながら F11 キーを押します。

  3. [挿入] メニューの [モジュール] をクリックします。

  4. モジュール シートにサンプル マクロ コードを入力します。

  5. Excel に戻るには、alt キーを押しながら F11 キーを押します。

  6. Microsoft Office Excel 2003 およびそれ以前のバージョンの Excel では、[ツール] メニューからマクロを選択し、[マクロ] をクリックします。

    Microsoft Office Excel 2007 では、[開発] タブの [コード] でマクロをクリックします。 

    [開発] タブが使用できない場合、これを検討してください:

        します。 Microsoft Officeボタンをクリックし、[ Excel のオプション] をクリックします。

    b します。 [基本設定]、[ Excel の使用に関する基本オプション] をクリックしてショー
            リボンの [開発] タブの [
    チェック ボックスをオンして、[ OK] をクリックします。

  7. マクロを必要なを選択し、[実行] をクリックします。

保存されたプロパティは、変更が加えられたブックを最後に保存した後である場合、 Falseの値を返します。

予約されているサブルーチン名Auto_Closeを使用すると、ブックが閉じているときに実行されるマクロを指定します。 これにより、ユーザーが Excel でドキュメントを閉じたときにドキュメントを処理する方法を制御できます。
 

例 1: が変更を保存せずにブックを閉じる

ブックのすべての変更を保存しないで終了させるには、そのブックの Visual Basic モジュールで、次のコードを入力します。
 

    Sub Auto_Close()

        ThisWorkbook.Saved = True

    End Sub

True 保存されたプロパティを設定すると、Excel は、ブックが既に保存されているし、変更が発生していないため、最後に保存するように応答します。


プログラムの変更のプロパティは、同じ目的で使用できます。 たとえば、次のマクロは変更をオフにする、作業中のブックを閉じ、変更を保存せずにし、変更をもう一度オンにします。
 

    Sub CloseBook()

        Application.DisplayAlerts = False

        ActiveWorkbook.Close

        Application.DisplayAlerts = True

    End Sub

CloseメソッドのSaveChanges引数を使用することもできます。

次のマクロは、変更を保存せずに、ブックを閉じます。
 

    Sub CloseBook2()

        ActiveWorkbook.Close savechanges:=False

    End Sub

例 2: ブックを閉じて、変更を保存して

変更を保存するブックを強制的には、そのブックの Visual Basic モジュールで、次のコードを入力します。
 

    Sub Auto_Close()

        場合 ThisWorkbook.Saved [= false の場合

            ThisWorkbook.Save が終了します。

    End Sub

この sub プロシージャでは、ファイルの保存されたプロパティをFalseに設定されているかどうかを確認します。 場合は、前回の保存後、ブックが変更されているし、それらの変更が保存されています。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×