スキップしてメイン コンテンツへ

Excel でハイパーリンクを操作する

他のファイルまたは web ページにある関連情報にすばやくアクセスするには、ワークシートのセルに ハイパーリンク を挿入します。 特定のグラフ要素にハイパーリンクを挿入することもできます。

注: この記事に記載されているスクリーンショットのほとんどは Excel 2016で採用されています。 別のバージョンでは表示が少し異なる場合がありますが、特に記載がない限り、機能は同じです。

  1. ワークシートで、ハイパーリンクを作成するセルをクリックします。

    画像やグラフの要素など、ハイパーリンクの表示に使用するオブジェクトを選択することもできます。

    • [挿入] タブの [リンク] グループで [ハイパーリンク [ハイパーリンク] ボタン をクリックします。

    また、セルまたはグラフィックを右クリックし、ショートカットメニューの [ハイパーリンク] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押すこともできます。

  2. [リンク先] の [新規作成] をクリックします。

  3. [新しく作成するドキュメント名] ボックスに新しいファイルの名前を入力します。

    ヒント: [フルパス] に表示されていない場所を指定するには、[新しいドキュメント名] ボックスに名前の前に新しい場所を入力するか、[変更] をクリックして目的の場所を選択し、[ OK]をクリックします。

  4. [編集するタイミング] で、[後で新しいドキュメントを編集する] または [すぐに新しいドキュメントを編集する] をクリックして、新しいファイルを編集するために開くタイミングを指定します。

  5. [表示文字列] ボックスに、ハイパーリンクの表示に使用するテキストを入力します。

  6. ハイパーリンクにマウス ポインターを合わせたときにヒントを表示するには、[ヒント設定] をクリックし、[ヒントのテキスト] ボックスに文字列を入力して、[OK] をクリックします。

  1. ワークシートで、ハイパーリンクを作成するセルをクリックします。

    画像やグラフの要素など、ハイパーリンクの表示に使用するオブジェクトを選択することもできます。

    • [挿入] タブの [リンク] グループで [ハイパーリンク [ハイパーリンク] ボタン をクリックします。

    また、そのセルまたはオブジェクトを右クリックし、ショートカットメニューの [ハイパーリンク] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押すこともできます。

  2. [リンク先] で [ファイル、Web ページ] をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • ファイルを選ぶには、[現在のフォルダー] をクリックし、リンク先にするファイルをクリックします。

      [検索先] ボックスの一覧で別のフォルダーを選ぶことにより、現在のフォルダーを変更できます。

    • Web ページを選択するには、[ブラウズしたページ] をクリックし、リンク先の web ページをクリックします。

    • 最近使用したファイルを選択するには、[最近使用したファイル] をクリックし、リンク先のファイルをクリックします。

    • リンク先の既知のファイルまたは Web ページの名前と位置を入力するには、[アドレス] ボックスにその情報を入力します。

    • Web ページを検索するには、[Web Web ボタンを参照する参照] をクリックし、リンク先の web ページを開いて、ブラウザーを閉じずに Excel に切り替えます。

  4. ファイルまたは web ページ内の特定の場所へのハイパーリンクを作成する場合は、[ブックマーク] をクリックし、目的の ブックマーク をダブルクリックします。

    注: リンク先のファイルまたは Web ページには、ブックマークが必要です。

  5. [表示文字列] ボックスに、ハイパーリンクの表示に使用するテキストを入力します。

  6. ハイパーリンクにマウス ポインターを合わせたときにヒントを表示するには、[ヒント設定] をクリックし、[ヒントのテキスト] ボックスに文字列を入力して、[OK] をクリックします。

現在のブックまたは他のブックの特定の位置にジャンプするリンクを作成するには、転送先のセルの名前を定義するかセル参照を使用します。

  1. 名前を使用するには、ジャンプ先のブックでジャンプ先のセルに名前を定義する必要があります。

    セルやセル範囲に名前を付ける方法

    1. 名前を指定するセル、セル範囲、または隣接しないセル範囲を選択します。

    2. 数式バー ボタン イメージ の左端にある [名前] ボックスをクリックします。

      名前ボックス

      ボタン イメージ 名] ボックス

    3. [名前] ボックスにセルの名前を入力し、enter キーを押します。

      注: 名前にスペースを含めることはできません。また、文字で始まる必要があります。

  2. リンク元のブックのワークシートで、ハイパーリンクを作成するセルをクリックします。

    画像やグラフの要素など、ハイパーリンクの表示に使用するオブジェクトを選択することもできます。

    • [挿入] タブの [リンク] グループで [ハイパーリンク [ハイパーリンク] ボタン をクリックします。

    また、そのセルまたはオブジェクトを右クリックし、ショートカットメニューの [ハイパーリンク] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押すこともできます。

  3. [リンク先] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 現在のブックのセルにリンクするには、[このドキュメント内] をクリックします。

    • 他のブックのどこかにリンクするには、[ファイル、Web ページ] をクリックし、リンク先のブックを検索して特定した後、[ブックマーク] をクリックします。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • [またはドキュメント内の場所を選択してください] の [セル範囲] で、リンク先のワークシートをクリックし、[セル参照を入力してください] ボックスにセル参照を入力して [OK] をクリックします。

    • [定義された名前] のプラス (+) 記号をクリックして、リンク先のセルを示す名前をクリックし、[OK] をクリックします。

  5. [表示文字列] ボックスに、ハイパーリンクの表示に使用するテキストを入力します。

  6. ハイパーリンクにマウス ポインターを合わせたときにヒントを表示するには、[ヒント設定] をクリックし、[ヒントのテキスト] ボックスに文字列を入力して、[OK] をクリックします。

HYPERLINK 関数を使用して、ネットワークサーバー、 イントラネット、またはインターネット上に保存されている文書を開くためのハイパーリンクを作成できます。 HYPERLINK 関数が設定されているセルをクリックすると、リンク先に指定した場所に保存されているファイルが開きます。

書式

HYPERLINK(リンク先,別名)

リンク先     は、テキストとして開くドキュメントのパスとファイル名です。 リンク先には、ドキュメント内の特定の位置 (Excel のワークシートまたはブックの特定のセルや名前付き範囲など) や、Microsoft Word 文書のブックマークを指定することができます。 パスは、ハードディスクドライブに保存されているファイルへのパス、またはインターネットやイントラネット上のサーバー上の UNC (Microsoft Excel for Windows) パスまたは URL (Uniform Resource Locator) パスにすることができます。

  • リンク先には、文字列を二重引用符で囲んで指定するか、またはリンクが設定されているセルを文字列として指定することができます。

  • リンク先に指定されたジャンプ先が存在しない、または移動できない場合は、セルをクリックするとエラーが表示されます。

別名     は、セルに表示される [ジャンプテキスト] または [数値] です。 別名は青色で表示され、下線が引かれます。 別名を省略すると、セルには "リンク先" で指定した文字列が表示されます。

  • 別名には、数値、文字列、名前、または文字列や数値を含むセルを指定することができます。

  • 別名で指定した項目にエラー値 (#VALUE! など) が含まれる場合は、セルにはそのエラー値が表示されます。

使用例

次の例では、 example.microsoft.com/report という名前の場所にインターネット上に保存されているワークシート (Budget Report .xls) という名前のワークシートを開き、テキスト "レポート用にクリックします" というテキストを表示します。

=HYPERLINK("http://example.microsoft.com/report/budget report.xls", "Click for report")

次の使用例では、" example.microsoft.com/report" という名前の場所にインターネット上に保存されているブックの [年次] という名前のワークシートのセル F10 へのハイパーリンクを作成します。 アクティブ セルには、セル D1 の内容が表示されます。

=HYPERLINK("[http://example.microsoft.com/report/budget report.xls]Annual!F10", D1)

次の使用例では、DeptTotal という example.microsoft.com/report名前の場所にインターネット上に保存されているワークシート上の [第1四半期] という名前のワークシートに、という名前の範囲のハイパーリンクを作成します。 ハイパーリンクが含まれているワークシートのセルに、"クリックすると第1四半期部門の合計" というテキストが表示されます。

=HYPERLINK("[http://example.microsoft.com/report/budget report.xls]First Quarter!DeptTotal", "Click to see First Quarter Department Total")

Microsoft Word 文書内の特定の場所へのハイパーリンクを作成するには、ブックマークを使用して、文書内のジャンプ先を指定する必要があります。 次の例では、 example.microsoft.comにある "年次報告書" という名前のドキュメントに、QrtlyProfits という名前のブックマークへのハイパーリンクを作成します。

=HYPERLINK("[http://example.microsoft.com/Annual Report.doc]QrtlyProfits", "Quarterly Profit Report")

Excel for Windows では、次の例では、セル D5 の内容がセル内のジャンプテキストとして表示され、1つのファイルが "財務" という名前のサーバーに保存されています。 この例では、UNC パスを使用します。

=HYPERLINK("\\FINANCE\Statements\1stqtr.xls", D5)

次の例では、D ドライブの Finance という名前のディレクトリに保存されている Excel for Windows で、ファイル1stqtr を開き、セルに格納されている数値を表示します。

=HYPERLINK("D:\FINANCE\1stqtr.xls", H10)

Excel for Windows では、次の例では、別の (外部) ブックの Mybook.xlsx というに "合計" という名前の領域へのハイパーリンクが作成されます。

=HYPERLINK("[C:\My Documents\Mybook.xls]Totals")

Microsoft Excel for Mac の場合、次の例では、セル内で "クリックしてください" という名前のファイルが表示され、[最初の四半期] という名前のフォルダーに保存されている、ハードドライブの "Macintosh HD HD" という名前のフォルダーが表示されます。

=HYPERLINK("Macintosh HD:Budget Reports:First Quarter", "Click here")

1つのセルから別のセルにジャンプするには、ワークシート内にハイパーリンクを作成できます。 たとえば、"Budget" というブックの "June" というワークシートで作業している場合、次の例は、セル E56 にジャンプするハイパーリンクを作成します。 リンク テキストには、セル E56 内の値がそのまま使用されます。

=HYPERLINK("[Budget]June!E56", E56)

同じブックの別のワークシートにジャンプするには、リンクのワークシート名を変更します。 前の例で "September" というワークシートのセル E56 にジャンプするリンクを作成するには、"June" を "September" に変更します。

メールプログラムがインストールされている場合は、メールプログラムが自動的に起動し、[宛先] ボックスに正しいアドレスが記載された電子メールメッセージが作成されます。

  1. ワークシートで、ハイパーリンクを作成するセルをクリックします。

    画像やグラフの要素など、ハイパーリンクの表示に使用するオブジェクトを選択することもできます。

    • [挿入] タブの [リンク] グループで [ハイパーリンク [ハイパーリンク] ボタン をクリックします。

    また、そのセルまたはオブジェクトを右クリックし、ショートカットメニューの [ハイパーリンク] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押すこともできます。

  2. [リンク先] で [電子メール アドレス] をクリックします。

  3. [電子メールアドレス] ボックスに、使用するメールアドレスを入力します。

  4. [件名] ボックスにメール メッセージの件名を入力します。

    注: Web ブラウザーやメール プログラムによっては、件名の行が識別されない場合もあります。

  5. [表示文字列] ボックスに、ハイパーリンクの表示に使用するテキストを入力します。

  6. ハイパーリンクにマウス ポインターを合わせたときにヒントを表示するには、[ヒント設定] をクリックし、[ヒントのテキスト] ボックスに文字列を入力して、[OK] をクリックします。

    メール アドレスを直接入力して、セルにメール アドレスへのハイパーリンクを作成することもできます。 たとえば、「someone@example.com」のようなメール アドレスを入力すると、ハイパーリンクが自動的に作成されます。

イントラネット またはインターネット上にある別のブックに、1つ以上の外部参照 (リンクとも呼ばれます) をブックから挿入できます。 この場合、ブックを HTML ファイルとして保存しないでください。

  1. リンク元ブックを開き、コピーするセルまたはセル範囲を選択します。

  2. [ホーム] タブの [クリップボード] で [コピー] をクリックします。

    [ホーム] タブの [コピー] ボタンと [貼り付け] ボタン
  3. 情報を配置するワークシートに切り替え、情報を表示するセルをクリックします。これには、次の操作を行います。

  4. [ホーム] タブの [クリップボード] で [形式を選択して貼り付け] をクリックします。

  5. [リンク貼り付け] をクリックします。

    セルまたはセル範囲の各セルの外部参照リンクが作成されます。

注: Web 上でブックを開かずに外部参照リンクを作成する方が便利な場合もあります。 インポート先のブックで、外部参照リンクを追加するセルをクリックし、等号 (=)、URL アドレス、およびブック内の場所を入力します。 例:

= ' http://www.someones.homepage/[file .xls] Sheet1 '!セル

= ' ftp. 場所/ファイル .xls '!MyNamedCell

転送先へのリンクをアクティブ化せずに ハイパーリンク を選択するには、次のいずれかの操作を行います。

  • ハイパーリンクを含むセルをクリックしてマウス ボタンを押したままにし、ポインターが十字形 Excel の選択カーソル になったらマウス ボタンを放します。

  • 方向キーを使用して、ハイパーリンクを含むセルを選択します。

  • ハイパーリンクがグラフィックで表されている場合は、Ctrl キーを押したままにし、グラフィックをクリックします。

ブック内の既存のハイパーリンクの変更は、その転送先、スタイル、または表示に使用されている文字列やグラフィックを変更することによって実行できます。

ハイパーリンクのリンク先を変更する

  1. 変更するハイパーリンクが含まれているセルまたはグラフィックを選択します。

    ヒント: ハイパーリンクが設定されたセルで、リンク先に移動することなくセルを選ぶには、セルをクリックしてマウス ボタンを押したままにし、ポインターが十字形 Excel の選択カーソル になったらマウス ボタンを放します。 方向キーを使用して、セルを選ぶこともできます。 グラフィックを選択するには、Ctrl キーを押しながらグラフィックをクリックします。

    • [挿入] タブの [リンク] グループで、[ハイパーリンク] をクリックします。 [ハイパーリンク] ボタン

    また、セルまたはグラフィックを右クリックし、ショートカットメニューの [ハイパーリンクの編集] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押すこともできます。

  2. [ハイパーリンクの編集] ダイアログボックスで、必要な変更を行います。

    注: HYPERLINK ワークシート関数を使ってハイパーリンクを作成した場合、リンク先を変更するには、その数式を編集する必要があります。 ハイパーリンクが設定されたセルを選び、数式バー をクリックして数式を編集します。

ハイパーリンクのセル スタイルを変更することにより、現在のブックにあるすべてのハイパーリンク文字列のスタイルを変更できます。

  1. [ホーム] タブの [スタイル] グループで [セルのスタイル] をクリックします。

  2. [データとモデル] で、次の操作を行います。

    • クリックされていないハイパーリンクの外観を変更して、リンク先に移動するには、[ハイパーリンク] を右クリックし、[変更] をクリックします。

    • クリックしたハイパーリンクの外観を変更して移動先に移動するには、[表示済みのハイパーリンク] を右クリックし、[変更] をクリックします。

      注: ハイパーリンクセルスタイルは、ブックにハイパーリンクが含まれている場合にのみ使用できます。 表示されるハイパーリンクセルスタイルは、クリックされたハイパーリンクがブックに含まれている場合にのみ使用できます。

  3. [スタイル] ダイアログ ボックスの [書式設定] をクリックします。

  4. [フォント] タブと [塗りつぶし] タブで、必要な書式設定オプションを選択し、[OK] をクリックします。

    注: 

    • [スタイル] ダイアログ ボックスの [スタイルに設定されている書式] には、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスで選択したオプションが選択された状態で表示されます。 適用しないオプションのチェック ボックスはすべてオフにできます。

    • [ハイパーリンク] セル スタイルおよび [表示済みのハイパーリンク] セル スタイルに加えた変更は、現在のブックのすべてのハイパーリンクに適用されます。 個々のハイパーリンクの外観を変更することはできません。

  1. 変更するハイパーリンクが含まれているセルまたはグラフィックを選択します。

    ヒント: ハイパーリンクが設定されたセルで、リンク先に移動することなくセルを選ぶには、セルをクリックしてマウス ボタンを押したままにし、ポインターが十字形 Excel の選択カーソル になったらマウス ボタンを放します。 方向キーを使用して、セルを選ぶこともできます。 グラフィックを選択するには、Ctrl キーを押しながらグラフィックをクリックします。

  2. 次のいずれか 1 つまたは複数の操作を行います。

    • ハイパーリンクテキストを変更するには、[ 数式バー] をクリックし、テキストを編集します。

    • グラフィックの書式を変更するには、グラフィックを右クリックして、書式を変更する必要があるオプションをクリックします。

    • グラフィックの文字列を変更するには、選んだグラフィックをダブルクリックし、必要に応じて変更を行います。

    • ハイパーリンクのグラフィックを変更するには、新しいグラフィックを挿入し、元のグラフィックと同じリンク先をハイパーリンクとして設定します。次に、元のグラフィックおよびハイパーリンクを削除します。

  1. コピーまたは移動する ハイパーリンク を右クリックし、ショートカットメニューの [コピー ] または [切り取り] をクリックします。

  2. ハイパーリンクのコピー先または移動先のセルをマウスの右ボタンでクリックし、ショートカットメニューの [貼り付け] をクリックします。

既定では、 ハイパーリンク のコピー先のファイルに指定されていないパスは、作業中のブックの場所を基準としています。 別の既定のパスを設定する場合は、この手順を使用します。 その場所にあるファイルへのハイパーリンクを作成するたびに、[ハイパーリンクの挿入] ダイアログボックスでファイル名を指定するだけでパスを指定する必要はありません。

使用している Excel のバージョンに応じて、次のいずれかの手順を実行します。

  • Excel 2016、 Excel 2013、 Excel 2010で、次の操作を行います。

    1. [ファイル] タブをクリックします。

    2. [情報] をクリックします。

    3. [プロパティ] をクリックして、[詳細プロパティ] を選びます。

      [詳細プロパティ]
    4. [概要] タブの [ハイパーリンクの基点] テキストボックスに、使用するパスを入力します。

      注: [ハイパーリンクの挿入] ダイアログ ボックスで、ハイパーリンクの完全なアドレス (絶対アドレス) を使用してハイパーリンクのベース アドレスを上書きできます。

  • Excel 2007:

    1. [ Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[準備] をクリックして、[プロパティ] をクリックします。

    2. ドキュメント情報パネルで、[プロパティ] をクリックし、[詳細プロパティ] をクリックします。

      [詳細プロパティ]
    3. [概要] タブをクリックします。

    4. [ハイパーリンクの基点] ボックスに、使用するパスを入力します。

    注: [ハイパーリンクの挿入] ダイアログ ボックスで、ハイパーリンクの完全なアドレス (絶対アドレス) を使用してハイパーリンクのベース アドレスを上書きできます。

ハイパーリンクを削除するには、次のいずれかの操作を行います。

  • ハイパーリンクとリンクを示すテキストを削除するには、ハイパーリンクが含まれているセルを右クリックし、ショートカットメニューの [数式と値のクリア] をクリックします。

  • ハイパーリンクとそれを表すグラフィックを削除するには、Ctrl キーを押しながらグラフィックをクリックし、Del キーを押します。

  • 1つのハイパーリンクをオフにするには、ハイパーリンクを右クリックし、ショートカットメニューの [ハイパーリンクの削除] をクリックします。

  • 複数のハイパーリンクを一度にオフにするには、次の操作を行います。

    1. 空白セルに「 1」という数値を入力します。

    2. セルを右クリックし、ショートカットメニューの [コピー ] をクリックします。

    3. Ctrl キーを押しながら、無効にする各ハイパーリンクを選びます。

      ヒント: ハイパーリンクが設定されたセルで、リンク先に移動することなくセルを選択するには、セルをクリックしてマウス ボタンを押したままにし、ポインターが十字形 Excel の選択カーソル になったらマウス ボタンを放します。

    4. [ホーム] タブの [クリップボード] で、[貼り付け] の下にある矢印をクリックし、[形式を選択して貼り付け] をクリックします。

      [ホーム] タブの [コピー] ボタンと [貼り付け] ボタン
    5. [演算] で [乗算] をクリックし、[ OK]をクリックします。

    6. [ホーム] タブの [スタイル] グループで [セルのスタイル] をクリックします。

    7. []、[Bad]、[中立] の下で、[標準] を選びます。

ハイパーリンクとは、クリックしたときにドキュメントから別のページやファイルを開くリンクのことです。 リンク先は、別の web ページになることがよくありますが、画像、メールアドレス、またはプログラムにすることもできます。 ハイパーリンク自体には、テキストまたは画像を指定できます。

サイトユーザーがハイパーリンクをクリックすると、リンク先が、リンク先の種類に応じて、 Web ブラウザー、開いている、または実行されます。 たとえば、ページへのハイパーリンクの場合、Web ブラウザーにページが表示され、AVI ファイルへのハイパーリンクの場合は、メディア プレーヤーでファイルが開きます。

ハイパーリンクの使用方法

次の作業を行うときにハイパーリンクを使用できます。

  • ネットワーク、 イントラネット、またはインターネット上のファイルまたは web ページに移動する

  • これから作成するファイルまたは Web ページに移動する

  • メール メッセージを送信する

  • ダウンロードや FTP プロセスなどのファイル転送を開始する

ハイパーリンクが含まれたテキストまたは画像をポイントすると、ポインターが 手の形のポインター 「手の形」に変わり、そのテキストまたは画像をクリックできることが示されます。

URL の概要としくみ

ハイパーリンクを作成すると、そのリンク先は URL (Uniform Resource Locator) としてエンコードされます。たとえば、次のようになります。

http://example.microsoft.com/news.htm

file://ComputerName/SharedFolder/FileName.htm

URL には、 HTTP、 FTP、ファイル、 Web サーバー またはネットワークの場所、パスとファイル名などの プロトコルが含まれます。 次の図は、URL の各部分を示しています。

URL の 4 つの構成要素

1. 使用するプロトコル (http、ftp、file)

2. Web サーバーまたはネットワークの場所

3. パス

4. ファイル名

絶対ハイパーリンクと相対ハイパーリンク

絶対URL には完全なアドレスが含まれます。 プロトコル、 Web サーバー、パスとファイル名も含まれます。

"相対" URL には、指定されていない部分が 1 つ以上あります。 不足している情報は、その URL を含むページから取得されます。 たとえば、プロトコルと Web サーバーの部分がない場合、Web ブラウザーは現在のページのプロトコルとドメイン (.com、.org、.edu など) を使用します。

Web 上のページに共通なのは、パスやファイル名の一部だけを含む相対 URL を使用することです。 ファイルが別のサーバーに移動された場合、ページの相対的な位置が変わらない限り、どのハイパーリンクも引き続き動作します。 たとえば、default.htm のハイパーリンクは、"Food" という名前のフォルダーにある "apple. .htm" という名前のページを指します。両方のページを別のサーバー上の Food という名前のフォルダーに移動しても、ハイパーリンク内の URL が正しいままになります。

Excel ブックでは、ハイパーリンク先のファイルへの指定されていないパスは、既定では作業中のブックの場所を基準としています。 既定で使用する別のベースアドレスを設定すると、その場所にあるファイルへのハイパーリンクを作成するたびに、[ハイパーリンクの挿入] ダイアログボックスでファイル名を指定するだけで、パスを指定する必要はありません。

  1. ワークシートで、ハイパーリンクを作成するセルをクリックします。

  2. [挿入] タブの [ハイパーリンク] をクリックします。

    また、セルを右クリックし、ショートカットメニューの [ハイパーリンク] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押すこともできます。

  3. [表示するテキスト] ボックスに、ハイパーリンクの表示に使用するテキストを入力します。

  4. [ Url] に、リンク先の web ページの完全な Uniform resource LOCATOR (url) を入力します。

  5. [OK] をクリックします。

現在のブックの任意の場所にリンクするには、コピー先のセルに名前を定義するか、セル参照を使用します。

  1. 名前を使用するには、ブックのコピー先のセルに名前を指定する必要があります。

    セルまたはセル範囲に対して名前を定義する方法

    1. 名前を付けるセルまたはセルの範囲を選択します。

    2. [ 数式バー ボタン イメージ の左端にある [名前]ボックスにセルの名前を入力し、enter キーを押します。

      注: 名前にスペースを含めることはできません。また、文字で始まる必要があります。

  2. ワークシートで、ハイパーリンクを作成するセルをクリックします。

  3. [挿入] タブの [ハイパーリンク] をクリックします。

    また、セルを右クリックし、ショートカットメニューの [ハイパーリンク] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押すこともできます。

  4. [表示するテキスト] ボックスに、ハイパーリンクの表示に使用するテキストを入力します。

  5. [挿入するドキュメント] ボックスに、定義された名前またはセル参照を入力します。

  6. [OK] をクリックします。

メールプログラムがインストールされている場合は、メールプログラムが自動的に起動し、[宛先] ボックスに正しいアドレスが記載された電子メールメッセージが作成されます。

  1. ワークシートで、ハイパーリンクを作成するセルをクリックします。

  2. [挿入] タブの [ハイパーリンク] をクリックします。

    また、セルを右クリックし、ショートカットメニューの [ハイパーリンク] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押すこともできます。

  3. [表示するテキスト] ボックスに、ハイパーリンクの表示に使用するテキストを入力します。

  4. [電子メールアドレス] で、目的の電子メールアドレスを入力します。

  5. [OK] をクリックします。

メール アドレスを直接入力して、セルにメール アドレスへのハイパーリンクを作成することもできます。 たとえば、「someone@example.com」のようなメール アドレスを入力すると、ハイパーリンクが自動的に作成されます。

Hyperlink関数を使用して、URL へのハイパーリンクを作成することができます。

注: リンク先には、引用符で囲まれた文字列、または文字列としてリンクを含むセルへの参照を指定できます。

転送先へのリンクをアクティブ化せずに ハイパーリンク を選択するには、次のいずれかの操作を実行します。

  • ポインターが矢印になったときに、そのセルをクリックして選択します。

  • 方向キーを使用して、ハイパーリンクを含むセルを選択します。

ブック内の既存のハイパーリンクを変更するには、その 転送先、その外観、または表示に使用されているテキストを変更します。

  1. 変更するハイパーリンクが含まれているセルを選択します。

    ヒント: 転送先へのリンクをアクティブにしないで ハイパーリンク を選択するには、方向キーを使用して、ハイパーリンクが設定されているセルを選びます。

  2. [挿入] タブの [ハイパーリンク] をクリックします。

    また、セルまたはグラフィックを右クリックし、ショートカットメニューの [ハイパーリンクの編集] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押すこともできます。

  3. [ハイパーリンクの編集] ダイアログボックスで、必要な変更を行います。

    注: HYPERLINK ワークシート関数を使ってハイパーリンクを作成した場合、リンク先を変更するには、その数式を編集する必要があります。 ハイパーリンクが設定されたセルを選び、数式バー をクリックして数式を編集します。

  1. コピーまたは移動する ハイパーリンク を右クリックし、ショートカットメニューの [コピー ] または [切り取り] をクリックします。

  2. ハイパーリンクのコピー先または移動先のセルをマウスの右ボタンでクリックし、ショートカットメニューの [貼り付け] をクリックします。

ハイパーリンクを削除するには、次のいずれかの操作を行います。

  • ハイパーリンクを削除するには、セルを選択し、Del キーを押します。

  • ハイパーリンクをオフにする (ハイパーリンクを削除しても、ハイパーリンクを含むテキストは残します) には、セルを右クリックし、[ハイパーリンクの削除] をクリックします。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

ハイパーリンクを削除またはオフにする

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×