Excel でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

Excel でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Excel 2016 では、キーボードと、Windows の組み込みスクリーン リーダーである JAWS やナレーターなどのスクリーン リーダーを使用して、Excel 2016 の基本的なタスクを行えます。アプリを起動して新しいブックを作成し、データを挿入します。簡単な数式を作成し、データの並べ替えやフィルター処理を行い、表を追加して、データが意味する内容を表現します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Windows 用 Excel キーボード ショートカットとファンクション キー」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

Excel を起動する

Excel 2016 を起動するには、次のいずれかの操作を実行します。

  • Windows ロゴ キーを押し、「Excel」と入力してから Enter キーを押します。

  • お使いのデバイスまたは使用しているファイル ストレージで、開きたい Excel 2016 ブックに移動し、Enter キーを押します。ブックが Excel で開きます。

新しいブックを作成する

Excel ファイルはブックと呼ばれます。それぞれのブックには、通常スプレッドシートまたはワークシートと呼ばれるシートがあります。ブックに必要なだけシートを追加したり、新しいブックを作成してデータを分離したりできます。

  1. Excel で、新しいブックの作成を開始するには、Alt キーを押しながら F キーを押し、N キーを押します。

  2. 空白のブックを開くには、L キーを押します。

データを入力する

シートにデータを入力しながら、行、列、およびセルを操作します。セルは、シート上の行と列の場所によって参照されます。つまり、セル A1 は、A 列の最初のセルを示します。新しいシートでは、既定でセル A1 が選択されています。

  1. データの入力を開始する空のセルを選択するには、方向キーを押します。JAWS で、ブック内のセルに移動すると、セル参照とセルの内容が読み上げられます。空のセルを選ぶと、たとえば、"空白、G4" と読み上げられます。ナレーターでは、セル範囲は読み上げられますが、セルの内容は読み上げられません。

  2. セルに、テキストか数値を入力します。

  3. セルに内容を入力してから列内の次のセルに移動するには、Enter キーを押します。行内の次のセルに移動するには、Tab キーを押します。方向キーを使用することもできます。

オート SUM を使ってデータを合計する

オート SUM 関数を使用すると、シートに入力した数値をすばやく加算することができます。

  1. 合計値を入力するセルを選択します。これは、通常、加算対象の数値の右または下のセルとします。

  2. セルにオート SUM 関数を入力するには、Alt キーを押しながら H キーを押し、U キーを押し、S キーを押します。

    ヒント: オート SUM 関数に対して選択するセルは変更することができます。加算するセルの範囲を選択するには、Shift キーを押しながらし、方向キーを押します。

  3. 目的のセルを対象にした数式がオート SUM 関数によって作成されていることを確認したら、Enter キーを押します。選択した複数のセル内の数値がオート SUM によって加算され、その合計値が選択したセルに入力されます。

  4. オート SUM の計算結果を音声で聞くには、オート SUM 関数を含むセルに再び移動します。数値、数式の結果であることを示す情報、およびセル参照が読み上げられます。たとえば、"538、数式があります、G6" と読み上げられます。

簡単な数式を作成する

シート内の数値を追加、減算、乗算、または除算する簡単な数式を入力することができます。数式を作成するには、計算する数値が含まれているセル参照 (B4 または D6) と算術演算子を結合します。演算子には、加算の正符号 (+)、減算の負符号 (-)、乗算のアスタリスク (*)、除算のスラッシュ (/) があります。

  1. 数式の結果を入力するセルを選びます。これは、通常、計算対象の数値の右または下のセルとします。

  2. 等号 (=) を入力します。Excel の数式は常に等号 (=) で始まります。

  3. 数式を作成するには、セル参照 (B4 や D6 など) と算術演算子の組み合わせを入力します。たとえば、=B4+B5、=B4-B5、=B4*B5、または =B4/B5 とします。

    ヒント: すばやく計算するには、数式にセル参照ではなく、数値を入力します。たとえば、=20+10、=20-10、=20*10、または =20/10 とします。

  4. Enter キーを押します。数値が計算され、選択したセルに結果が入力されます。

    ヒント: カーソルを作業中のセルに留めておきたい場合は、Ctrl キーを押しながら Enter キーを押します。

数値の表示形式を適用する

さまざまな種類の数値を区別するには、通貨、パーセンテージ、日付など、数値の表示形式を追加します。

  1. 表示形式を設定する数値が含まれているセルを選びます。

  2. 数値の表示形式のコンボ ボックスを開くには、Alt キーを押しながら H キーを押し、N キーを押します。

  3. 数値の有効な表示形式を参照するには、下方向キーまたは上方向キーを押します。

    ヒント: 特殊な形式ユーザー設定形式 など、このリストに目的の表示形式が含まれていない場合は、Esc キーを押して、数値の表示形式のリストを終了します。[セルの書式設定] ダイアログ ボックスで [表示形式] タブを開くには、Alt キーを押しながら H キーを押し、O キーを押し、E キーを押します。数値の有効な表示形式のリストの中を参照するには、Tab キーを押してし、下方向キーまたは上方向キーを押します。

  4. 選択した数値の表示形式を、選択したセルに適用するには、Enter キーを押します。

表のデータのフィルター処理または並べ替えを行う

シート内のデータから表を作成する場合は、フィルター処理や並べ替えなどさまざまな方法でデータをすばやく分析することができます。

  1. 表として分析するデータのグループを選択するには、まず最初のセルを選択します。次に、Shift キーを押しながら方向キーを押して、データの最後のセル (通常、セル グループの対角に位置する) に移動します。セルのグループを選択すると、範囲内の最初のセルのセル参照と内容が読み上げられ、次に範囲内の最後のセルのセル参照と内容が読み上げられます (ナレーターでは、範囲内の最初のセルのセル参照と内容が読み上げられます)。

  2. クイック分析ツールを開くには、Ctrl キーを押しながら Q キーを押します。

  3. [] タブに移動するには、T キーを押します。

  4. [] グリッドを選択するには、Tab キーを押して、Enter キーを押します。選択したデータは表として書式設定されます。列見出しが追加され、行の色は交互に書式設定されます。

  5. 列の内容に基づいて表をフィルター処理します。

    1. フィルター処理の条件とするデータが含まれている列の見出しに移動します。

    2. 列見出しの矢印を選択します。

    3. “すべて​​選択、オン” と読み上げられるまで、Tab キーを押します。

    4. このチェック ボックスをオフにするには、Space キーを押します。

    5. フィルターの選択肢を参照するには、下方向キーを押します。フィルター処理の条件とするデータが含まれているチェック ボックスをオンにするには、Space キーを押します。Enter キーを押します。

    6. フィルターを削除し、もう一度すべてのデータを表示するには、手順 a から c を繰り返します。[すべて​​選択] チェック ボックスをオンにするには、Space キーを押します。Enter キーを押します。

  6. 表を並べ替えます。

    1. 表の並べ替えの基準とする列の見出しに移動します。

    2. 列見出しの矢印を選択します。

    3. [小さい順に並べ替え] (数値の場合) または [昇順で並べ替え] (テキストの場合) を選択するには、S キーを押します。[大きい順に並べ替え] または [降順で並べ替え] を選択するには、O キーを押します。

表内の数値を計算する

クイック分析ツールでは、数値をすばやく計算することができます。Excel では、合計、平均、個数の計算の種類に関係なく、計算結果を表内の計算対象の数値の下か横に表示します。

  1. 表として計算するデータのグループを選択するには、まず最初のセルを選択します。次に、Shift キーを押しながら方向キーを押して、データの最後のセル (通常、セル グループの対角に位置する) に移動します。

  2. クイック分析ツールを開くには、Ctrl キーを押しながら Q キーを押します。

  3. [合計] タブに移動するには、O キーを押して、Tab キーを押します。

  4. 水平方向または垂直方向のデータに対する計算オプション (合計平均個数合計の %累計など) を参照するには、右方向キーを押します。

  5. 計算オプションを選択し、Enter キーを押します。選択したデータのグループが、指定したオプションに従って計算されます。

  6. 結果を音声で聞くには、数式が入っているセルを 1 つ 1 つ選択します。数式の結果と、数式を含むセルであることを示す情報と、セル参照が読み上げられます。

データを表として書式設定または強調表示する

条件付き書式やスパークラインを使うと、最も重要なデータを強調表示したり、データの傾向を示したりできます。クイック分析ツールを使用すると、これらの強調表示をすばやく適用できます。

  1. 条件付き書式またはスパーク ラインで強調表示するデータのグループを選択するには、まず最初のセルを選択します。次に、Shift キーを押しながら方向キーを押して、データの最後のセル (通常、セル グループの対角に位置する) に移動します。

  2. クイック分析ツールを開くには、Ctrl キーを押しながら Q キーを押します。

  3. [書式] タブに移動するには、F キーを押します。[スパークライン] メニューに移動するには、S キーを押します。タブのオプションに移動するには、Tab キーを押します。

  4. 書式オプションまたはスパークライン オプションを参照するには、右方向キーまたは左方向キーを押します。数値の書式オプションには、データ バーカラーアイコン セットがあります。テキストの書式オプションには、文字列重複する値一意の値指定の値に等しい書式の消去があります。スパークラインのオプションには、折れ線縦棒勝敗があり、数値を選択した場合にのみ使用できます。

  5. 書式オプションやスパークライン オプションを選択し、Enter キーを押します。選択したデータ グループが、指定したとおりの表示形式となります。

注: 詳細については、「スパークラインを使ってデータの傾向を分析する」を参照してください。

データをグラフで表示する

クイック分析ツールは、特定のグラフを推奨し、データをすばやく視覚的に表示します。

  1. グラフとして表現する数値とラベルのグループを選択するには、まず最初のセルを選択します。次に、Shift キーを押しながら方向キーを押して、データの最後のセル (通常、セル グループの対角に位置する) に移動します。

  2. クイック分析ツールを開くには、Ctrl キーを押しながら Q キーを押します。

  3. [グラフ] タブに移動するには、C キーを押して、Tab キーを押します。

  4. グラフのオプションを参照するには、右方向キーまたは左方向キーを押します。

  5. 目的のグラフの種類を選択し、Enter キーを押します。選択したグループを表現するグラフは、埋め込みオブジェクトとしてワークシートに追加されます。

注: その他の方法については、「Create a chart in Excel 2016 for Windows」 (Windows 版 Excel 2016 でグラフを作成する) を参照してください。

作業内容を保存する

  1. Ctrl キーを押しながら S キーを押します。このブックを保存するのが今回初めてである場合は、[名前を付けて保存] Backstage ビューが開くので、保存場所を選択し、名前を付けます。

  2. [名前を付けて保存] で保存場所の選択肢に移動するには、Tab キーを押します。

  3. ブックの保存場所 (OneDrive または コンピューター など) を選択するには、下方向キーまたは上方向キーを押します。または、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを開くには、[参照] に移動し、Enter キーを押します。

  4. 選択した場所にあるフォルダーを参照するには、Tab キーを押します。階層内で上位のフォルダーに移動するには、[1 つ上のフォルダーに移動] を選択します。フォルダーの一覧に移動するには、Tab キーを繰り返し押します。一覧内を移動するには、Tab キーまたは方向キーを使用します。フォルダーを選択するには、Enter キーを押します。

  5. [ここにファイル名を入力してください] ボックスにタブ移動し、ブックの名前を入力します。

  6. [保存] ボタンにタブ移動し、Enter キーを押します。

作業内容を印刷する

  1. [印刷] Backstage ビューを開くには、Ctrl キーを押しながら P キーを押します。

  2. 印刷プロパティ片面印刷縦方向標準の余白、および ページ設定などの印刷設定をタブ移動します。選択した設定を変更するには、Enter キーを押します。別の設定を選択するには、↑キーまたは↓キーを押して、Enter キーを押します。

  3. 印刷の設定が希望どおりになっている場合に、[印刷] を選択するには、"印刷" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押します。Enter キーを押します。プリンターによってブックが印刷されます。

関連項目

Excel でスクリーン リーダーを使ってデータを置き換える

Windows 用 Excel キーボード ショートカットとファンクション キー

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

キーボードと、VoiceOver、組み込みの Mac OS のスクリーン リーダーなどのスクリーン リーダーをExcel 2016 for Macを使用して、基本的な作業を操作を次のような新しいブックを作成する、データを入力、単純な数式を作成して、作業内容を印刷します。

注: 

この記事の内容

Excel を起動する

Excel 2016 for Macを簡単に開始するのにには、Finder と VoiceOver を使用します。

  1. Finder で [アプリケーション] リストに移動するには、Shift + Command キーを押しながら A キーを押します。

  2. "M"で始まるし、が聞こえるまで Tab キーを押してアプリケーションに直接移動するのには、 M入力:「Excel アプリケーションです」。

  3. Excel 2016 for Macを開くには、コマンドと下方向キーを押します。

新しいブックを作成する

Excelファイルには、ブックと呼ばれ、それぞれ 1 つまたは複数のワークシートがあります。Excel 2016 for Macで新しいブックを作成するには、コマンド + * Excelキーを押しては、シートの最初のセルにフォーカスを配置する別のウィンドウで空白のブックを開きます。サウンドが:「Excel の準備完了です」。

データを入力する

ワークシートのデータを入力すると、行、列、セルを操作します。セルは、セル A1 が列 A の最初の行では、シート上の行と列の位置によって参照されます。新しいシートでは、セル A1 は既定の選択です。

  1. セル間を移動するには、Control + Option + 方向キーを押します。それらの間を移動すると、セル名が聞こえます。セルが含まれるテキスト、VoiceOver は、そのテキストを読み込みます。

  2. セルに文字列を入力したり、セルの文字列を置き換えたりするには、文字列、数値、または数式を入力します。

  3. 次のセルに移動するには、Enter キーまたは Tab キーを押します。

オート Sum を使用して、番号を追加するには

[オート Sum 関数を使用すると、シートに入力した数値を簡単に追加します。

  1. 上またはすぐ下に追加する数値の右側にあるセルにフォーカスを移動します。

  2. オート ​​SUM の数式を挿入するには、Command + Shift + T キーを押します。

オート SUM は、数値を合計して、その結果を選択したセルに格納します。

簡単な数式を作成する

シート内の数値を追加、減算、乗算、または除算する簡単な数式を入力することができます。数式を作成するには、計算する数値が含まれているセル参照 (B4 または D6) と算術演算子を結合します。演算子には、加算の正符号 (+)、減算の負符号 (-)、乗算のアスタリスク (*)、除算のスラッシュ (/) があります。

  1. セルに移動し、[このセルに数式が含まれているExcelに指示する等号 (=) を入力します。

  2. 数式を作成するには、数値と計算演算子を組み合わせて入力します。演算子には、加算の正符号 (+)、減算の負符号 (-)、乗算のアスタリスク (*)、除算のスラッシュ (/) などがあります。たとえば、=2+4、=4-2、=2*4、=4/2 などと入力します。

  3. 数式を保存して計算を実行するには、Enter キーを押します。または、アクティブ セルにカーソルを置いたまま計算を実行するには、Ctrl + Enter キーを押します。

  1. 数式の結果を入力するセルを選びます。これは、通常、計算対象の数値の右または下のセルとします。

  2. 等号 (=) を入力します。Excel の数式は常に等号 (=) で始まります。

  3. 数式を作成するには、セル参照 (B4 や D6 など) と算術演算子の組み合わせを入力します。たとえば、=B4+B5、=B4-B5、=B4*B5、または =B4/B5 とします。

    ヒント: すばやく計算するには、数式にセル参照ではなく、数値を入力します。たとえば、=20+10、=20-10、=20*10、または =20/10 とします。

  4. Enter キーを押します。数値が計算され、選択したセルに結果が入力されます。

    ヒント: カーソルを作業中のセルに留めておきたい場合は、Ctrl キーを押しながら Enter キーを押します。

計算が実行されて、結果がセルに格納されます。

数値の表示形式を適用する

Excelでさまざまな種類の数値を表示するには、通貨、パーセンテージ、日付など、書式を適用します。

  1. セルの書式を設定するセルを選択します。必要なすべてのセルが選択されるまで一連のセルを選択するに shift キーを押しながら方向キーを押してください。

  2. セルの書式設定] ウィンドウを表示するには、Command + 1 キーを押します。サウンドが:「セルを書式設定します」。

  3. リスト内を移動するには、Tab キーを押します。

  4. 書式の種類を参照するには、上向き方向キーを押してまたは下向き矢印キーです。カテゴリ名、通貨日付などのサウンドがします。

  5. いくつかのカテゴリでは、さまざまな形式を提供します。たとえば、15/3/14 15 年 3 月 14 などの特定の日付形式を選択します。特定のカテゴリの書式設定の種類を聞くには、タブの [キーを押します。書式設定オプションを聞くには、上向き矢印または下向き方向キーを押します。

  6. 特定の書式を選んで選択したセルに適用するには、Enter キーを押します。

作業内容を保存する

以前に保存したファイルに変更を保存するには、Ctrl キーを押しながら S キーを押します。

このファイルを初めて保存する場合は、次のように操作します。

  1. Ctrl キーを押しながら S キーを押します。名前を付けて保存のテキスト フィールドには、フォーカスが移動します。

  2. ブックを使用する名前を入力して、次のいずれかの操作を行います。

    1. お使いのコンピューター上のファイルを保存するには、キーを押して] タブの [サウンドが:「場所」します。Control + オプション + Space キーを押して、[上方向または下方向キーで、ブックを保存する場所に移動します。選択範囲を確認するには、[コントロール + オプション キーを押しながら Space キーを押します。

    2. オンラインのファイルを保存する必要があるまで Tab キーを押し:「オンラインの場所] ボタン」。Control + オプション + Space キーを押して、[OneDrive および SharePoint の場所の一覧などのリストの領域に移動するコントロール + オプション + 右方向キーを押します。リスト内のアイテムに移動するには、上向き矢印または下向き方向キーを押します。オンラインの場所を内のアイテムを表示するには、右矢印キーを押します。フォルダーまたはファイル名] を選択するには、上向き矢印または下向き方向キーを使用します。

  3. 選択した場所にファイルを保存するには、enter キーを押します。

作業内容を印刷する

  1. Command キーを押しながら P キーを押します。

  2. プリンターの一覧からプリンターを選択するには、コントロール + オプション + 右矢印キーを押してし、リストでのプリンターの名前を聞くには、下向き矢印キーを押します。

  3. プリンターを選択するには、Enter キーを押します。

  4. Control + オプション + 右方向キーを押してのサウンドが「印刷] ボタン、」と、印刷するのには、コントロール + オプション + Space キーを押します。

関連項目

アクセシビリティの高い Excel スプレッドシートを作成する

Excel 2016 for Mac のキーボード ショートカット

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

Voiceover を利用、組み込みの iOS スクリーン リーダーを開くアプリなどの基本的な作業を行う、ブックを作成する、またはデータを入力するExcel for iOSを使用します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • Excel for iOSでタッチ機能をExcel for iPhone タッチ ガイドを参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

  • このトピックで説明する印刷オプションを使用できるかどうかは、プリンターの機能によって異なります。詳細については、プリンターのマニュアルを参照してください。

この記事の内容

開いている Excel

  1. IPhone のホーム画面では、"Excel"を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで画面を 1 本の指をドラッグします。

初めて Excel を起動するときに、Microsoft アカウントにサインインする必要があります。手順については、最初の使用時のサインインに移動します。

ヒント: いないサインインする場合Excelアプリから、前回使用したことが、アプリを起動せずにサインインするように求められます。

Excel へのサインイン

Excel for iOSの最初のレコードに起動したアプリにサインインすることができます以降。Excelにサインインした後、アカウントもOfficeの他のアプリでは使用できます。サインインせずに、すぎるExcelを使用することができます。

最初の使用時にサインインします。

  1. 初めてExcelを開いたときに、アプリが最初のセットアップを開始し、サウンドが:"外出先で使用する Excel"。

  2. "メールまたは電話番号、テキスト フィールドに、"を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。

  3. 使用して、スクリーン キーボードをそのメール アドレスまたは電話番号を入力します。聞こえるまでに画面を 1 本の指をドラッグして、完了したら、「次へ、ボタン、」し、[画面を 2 回タップします。[次へ] ボタンは、画面の中央に配置されています。

  4. 「パスワード、パスワード、必要に応じて、セキュリティで保護されたテキスト フィールドを入力してください」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右へスワイプします。

  5. スクリーン キーボードを使って、パスワードを入力します。

  6. 聞こえるまでに画面を 1 本の指をドラッグして、完了したら、「サインイン、ボタン、」し、[画面を 2 回タップします。[サインイン] ボタンは、画面の中央に配置されています。サウンドが:「準備ができました」。

    再生する場合は、「見落とさない、何も」の「いないので、」または「の通知を有効」、必要なオプションが聞こえるまで右にスワイプし、画面を 2 回タップします。

最初に使用した後にサインインします。

ブックを最大限に活用する場合をサインインせずにアプリを既に使用した後でもはExcel for iOSにサインインすることができます。

  1. Excel を開きます。

  2. 一番下の周りドラッグ 1 本の指では、「アカウント] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで、画面の左します。

  3. 聞こえるまで右にスワイプして「記号ボタンに」し、[画面を 2 回タップします。

  4. 「メール、電話番号、または [Skype] テキスト フィールドに、必要に応じて、」が聞こえるまでに画面を 1 本の指をドラッグし、画面を 2 回タップします。

  5. 使用して、スクリーン キーボードをメール アドレス、電話番号、またはSkypeの名前を入力します。聞こえるまでに画面を 1 本の指をドラッグして、完了したら、「次へ、ボタン、」し、[画面を 2 回タップします。[次へ] ボタンは、画面の中央に配置されます。

  6. 右にスワイプし、"パスワード、セキュリティで保護されたテキスト フィールド" と読み上げられたら画面をダブルタップします。

  7. スクリーン キーボードを使って、パスワードを入力します。

  8. 聞こえるまでに画面を 1 本の指をドラッグして、完了したら、「サインイン、ボタン、」、画面をオフに指を取り出します。[サインイン] ボタンは、画面の中央に配置されています。

ブックを開く

最近使用したブックを開く

  1. Excel を開きます。

  2. 最近使用したブックを開くには、「最近使用したファイル] ボタン、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで、画面の下部を 1 本の指をドラッグします。

  3. 目的の画面を 2 回タップし、ファイルが聞こえるまで右へスワイプします。

以前のブックを開く

  1. Excel を開きます。

  2. 古いブックを開くには、「を開く] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで、画面の下部を 1 本の指をドラッグします。

  3. 目的の画面を 2 回タップし、ファイルの場所が聞こえるまで右へスワイプします。

  4. ファイルに移動し、開く、画面を 2 回タップします。

注: 聞こえるまでに、画面の一番上を 1 本の指をドラッグして、ブックで既に作業している別の 1 つを開く場合、「ファイルを閉じる、ボタン、」し、[画面を 2 回タップします。最新または以前のブックを開くには、上記の手順に従います。

新しいブックを作成する

Excelファイルには、ブックが呼び出されます。個々 のブックには、通常は 1 つまたは複数のスプレッドシートと呼ばれるシートが含まれています。ブックまたは分類されたデータを保持する新しいブックを作成するだけのシートを追加できます。

  1. Excel を開きます。

  2. 聞こえるまでに、画面の下部を 1 本の指をドラッグ]、[新規ボタン"と、画面を 2 回タップします。サウンドが:「空白ブック」と表示されます。

  3. 空白のブックを開くを 2 回タップ画面。別のテンプレートを使用するには、し、目的の画面を 2 回タップし、ブックのテンプレートの名前が聞こえるまで右へスワイプします。

注: 聞こえるまでに、画面の一番上を 1 本の指をドラッグして、ブックで既に作業している、新しいアカウントを作成する場合は、「ファイルを閉じる、ボタン、」し、[画面を 2 回タップします。 新しいブックを作成するには、上にある 2-3 の手順に従います。

ブックで、新しいワークシートを作成する

  1. ブックでは、「追加シート]」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで、画面の一番下の周囲に指をドラッグします。新しいシートが開きますが、し、[シートの追加] ボタンのフォーカス留まるします。

  2. フォーカスをシートに移動するには、たとえば、「列 B, 3 行 B3,」、セルの名前を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで画面上に指をドラッグします。

データを入力する

シートにデータを入力しながら、行、列、およびセルを操作します。セルは、シート上の行と列の場所によって参照されます。つまり、セル A1 は、A 列の最初のセルを示します。新しいシートでは、既定でセル A1 が選択されています。

  1. ワークシートの 1 本の指を共同編集するセルを見つけるには、画面上をドラッグします。

  2. 画面を 2 回タップします。「選択している、」セルの詳細が続くが聞こえます。セルが選択されます。

  3. 開くには、キーボードで、画面をもう一度ダブルタップして画面に表示されます。使用して、スクリーン キーボードを数値またはテキストを入力します。

  4. 完了すると、上の部分 1 本の指をドラッグして「を入力する] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで画面の右します。

数値の表示形式を適用する

通貨、パーセンテージ、日付などの書式をセルに適用することにより、さまざまな種類の数値を表示できます。

  1. ワークシートで作業するセルを検索する画面上で指をドラッグし、[セルを選択するには、[画面を 2 回タップします。

  2. 閉じるには、キーボードで、画面をもう一度ダブルタップして画面に表示されます。

  3. 「リボンのボタンを表示」と画面を 2 回タップし、サウンドがまでは、画面の一番上を 1 本の指をドラッグします。たとえば、「データ] タブ」の現在のタブを聞く

  4. 必要に応じて、 [ホーム] タブに移動する、画面を 2 回タップしてが聞こえるまで左スワイプ:「ホーム] タブの [」。画面を 2 回タップを。

  5. 「番号の書式設定] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右へスワイプします。サウンドが:「表示形式」します。

  6. 通貨時刻、またはパーセンテージなどお好みの形式が聞こえるまでに、画面 1 本の指をドラッグします。

  7. 表示形式を選ぶには、画面をダブルタップします。

    ヒント: 一部の書式設定オプションがあるその他のオプションを提供するサブメニューもします。サブメニューがあるかどうかを確認するには、オプションの右側をスワイプします。オプションにサブメニューがある場合は、サウンドが:「その他の情報です」。サブメニューを開くには、2 回タップ画面。

作業内容を保存する

Excel for iOSは、作業内容を自動保存されますが、ファイルの名前を変更し、ファイルの場所を選択できます。

新しい名前でファイルのコピーを保存します。

  1. 「ファイル] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまでExcelワークシートで、画面の一番上を 1 本の指をドラッグします。

  2. 「、[コピー] ボタンを保存する」と画面を 2 回タップし、メニュー項目が聞こえるまで右へスワイプします。サウンドが:「名前を付けて、ファイル名、テキスト フィールド」スクリーン キーボードの開きます。

  3. ファイル名を変更するには、スクリーン キーボードを新しいファイル名を入力します。

  4. 完了したら後、は、「完了」を聞くと、[ファイルを保存するには、[画面を 2 回タップになるまで、画面の右下隅を 1 本の指をドラッグします。

ファイルの場所を選択する

  1. 「ファイル] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまでExcelワークシートで、画面の一番上を 1 本の指をドラッグします。

  2. 「、[コピー] ボタンを保存する」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右へスワイプします。サウンドが:「名前を付けて、ファイル名、テキスト フィールド」

  3. OneDriveiPhoneなど、ファイルを保存する場所の場所が聞こえるまで右へスワイプします。場所を選択するには、[画面を 2 回タップします。

  4. 選択した場所] オプションで、左または可能なフォルダーまたはし、目的の画面を 2 回タップし、その他のサブサイトの場所が聞こえるまで右へスワイプします。

  5. 右にスワイプして "保存ボタン" と聞こえたらダブルタップし、選択した場所にファイルを保存します。

    ヒント: 既に存在する名前でファイルを保存しようとすると、"ファイルを置き換えますか" という音声が聞こえます。"キャンセル ボタン" または "置換ボタン" と聞こえるまで右にスワイプします。画面をダブルタップして選択を確定します。

作業内容を印刷する

IPhone から直接 AirPrint をサポートしているプリンターにワークシートを印刷します。AirPrint とサポートされているプリンターの詳細については、 iPhone、iPad、または iPod touch の印刷を使用する AirPrintを参照してください。

  1. iPhone とプリンターが同じ Wi-Fi ネットワークに接続されていることを確認します。

  2. 「ファイル] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで、 Excelファイルに画面の一番上を 1 本の指をドラッグします。

  3. 聞こえるまで右にスワイプして「印刷, ボタン」と、画面を 2 回タップします。サウンドが:「は、[戻る] ボタン」。

  4. 右へスワイプして聞く:"AirPrint] ボタン"。画面を 2 回タップします。[レイアウト オプション] ページが開きます。

  5. レイアウトのオプションの一覧を参照するのには、[画面を 1 本の指をドラッグします。オプションを選択するには、2 回タップ画面。

  6. 聞こえるまで右にスワイプしてプリンターを選択するには、「次に、ボタンをクリックします」。場合は、オンラインのファイルの変換方法,"、許可"を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプを許可するように求められます。[印刷] オプションページが開きます。

  7. 「プリンター [プリンター] で、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプ、プリンターを選択します。画面を 2 回タップし、プリンターが聞こえるまで右へスワイプします。[印刷] オプションページにフォーカスを返します。

  8. コピーの数を設定するには、印刷「コピー」を 1 つまたは現在の選択範囲が聞こえるまで右へスワイプします。コピー、「減少」が聞こえるまで右にスワイプまたは「増分」の現在の数を変更し、画面を 2 回タップします。

  9. 「[印刷] では、」と画面を 2 回タップし、サウンドがまで左へスワイプします。

高度な印刷タスクを実行する方法については、 Excel ブックを印刷するスクリーン リーダーを使用するをご覧ください。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Excel ブックを印刷する

Excel for iPhone で外付けキーボードを使う

Excel for iPad で外付けキーボードを使う

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

使ってExcel TalkBack、組み込みの Android スクリーン リーダーを基本的な作業には、次のような作成、編集、またはブックを印刷します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • Excel for Android のタッチ機能については、「Excel for Android タッチ ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

Excel for Android を開く

  1. 「アプリ、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで、Android デバイスのホーム画面で、画面を 1 本の指をドラッグします。アイコンについては、画面の下部中央にあります。

  2. "Excel"を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。

Excelを初めて起動したときに、Microsoft アカウントにサインインする必要があります。手順については、最初の使用時のサインインに移動します。

ヒント: Googleアプリで音声検出のGoogle の [ok]をオンにして、することができますならば、"Ok Google、開いているExcel"

ヒント: いないサインインする場合Excelアプリから、前回使用したことが、アプリを起動せずにサインインするように求められます。

Excel へのサインイン

Excelの最初のレコードに起動したアプリにサインインすることができます以降。Excelにサインインすると、自分のアカウントを他の Office アプリケーションで利用できるようもします。サインインせずに、すぎるExcelを使用することができます。

最初の使用時にサインインします。

  1. 初めてExcelを開いたときに、アプリが最初のセットアップを開始し、サウンドが:"アカウントにサインイン Microsoft"。

  2. 「、メール、電話、または Skype の編集] ボックスを入力」し、[画面を 2 回タップが聞こえるまで右へスワイプします。

  3. 使用して、スクリーン キーボードをメール アドレス、電話番号、または Skype の名前を入力します。完了したらは、「移動] ボタン、」し、指画面をオフが聞こえるまで、1 本の指を画面上にドラッグします。[移動] ボタンは、画面の右下隅にあります。

  4. 「パスワードの編集] ボックス」が聞こえるまで右にスワイプして、画面を 2 回タップします。

  5. スクリーン キーボードを使って、パスワードを入力します。

  6. 完了したらは、「移動] ボタン、」し、指画面をオフが聞こえるまで、1 本の指を画面上にドラッグします。[移動] ボタンは、画面の右下隅にあります。

最初に使用した後にサインインします。

ブックを最大限に活用する場合をサインインせずにアプリを既に使用した後でもはExcelにサインインすることができます。

  1. Excelを開きます。

  2. 「で [サインイン]」聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。サウンドが:"仕事を片付ける、外出先でします。サインインしてください。"

  3. 「] ボタン、サインイン」が聞こえるまで右にスワイプして、画面を 2 回タップします。サインインウィンドウが開きます。

  4. 「、メール、電話、または Skype の編集] ボックスを入力」し、[画面を 2 回タップが聞こえるまで右へスワイプします。

  5. スクリーン キーボードを使用すると、メール アドレス、電話番号、または Skype の名前を入力します。完了したら、布 1 本の指で画面「移動] ボタン、」し、指画面をオフが聞こえるまでです。[移動] ボタンは、画面の右下隅にあります。

  6. 「パスワードの編集] ボックス」が聞こえるまで右にスワイプして、画面を 2 回タップします。

  7. スクリーン キーボードを使って、パスワードを入力します。

  8. 完了したらは、「移動] ボタン、」し、指画面をオフが聞こえるまで、1 本の指を画面上にドラッグします。[移動] ボタンは、画面の右下隅にあります。

ブックを開く

Excelが開いたら、[ Excel ] ページでアクセスします。最新のブックが表示されます。したり、ブックを以前のいずれかの操作を開くことができます。

  • 最近使用したブックを開くには、し、目的の画面を 2 回タップし、ファイルが聞こえるまでに、画面に 1 本の指をドラッグします。

  • 左または右のボタン、「開く」と画面を 2 回タップしが聞こえるまでにスワイプして古いブックを開く。ファイルの場所を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。ファイルに移動し、開く、画面を 2 回タップします。

注: ブックで既に作業しているあり、別の 1 つ、スワイプしてを左下に表示します。Excelのページにアクセスするとします。最新または以前のブックを開くには、上記の手順に従います。

新しいブックを作成する

Excelファイルには、ブックが呼び出されます。個々 のブックには、通常は 1 つまたは複数のスプレッドシートと呼ばれるシートが含まれています。ブックまたは分類されたデータを保持する新しいブックを作成するだけのシートを追加できます。

  1. Excelを開きます。

  2. 左または「新規作成]」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右にスワイプします。サウンドが:「新しい、空白のブック」

  3. 空白のブックを開くを 2 回タップ画面。別のテンプレートを使用するのには、まで右へスワイプは、使用、および画面を 2 回タップし、目的のブック テンプレートの名前を鳴らします。

注: ブックで既に作業しているありを左下に新しい 1 つ、スワイプしてを作成します。Excelのページにアクセスするとします。新しいブックを作成するには、上にある 2-3 の手順に従います。

ブックで、新しいワークシートを作成する

ブックの画面左下あたりを指でドラッグし、"シートの追加ボタン" と聞こえたら、画面をダブルタップします。

データを入力する

シートにデータを入力しながら、行、列、およびセルを操作します。セルは、シート上の行と列の場所によって参照されます。つまり、セル A1 は、A 列の最初のセルを示します。新しいシートでは、既定でセル A1 が選択されています。

  1. ワークシートで、画面を共同編集するセルを見つけるには、指をドラッグします。

  2. コンテキスト メニューを開くを 2 回タップ画面。サウンドが:「[切り取り] ボタン」。

  3. [編集] ボタン、] と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右にスワイプします。などのサウンドが「< キーボードの言語 > が表示されている」、「へのご協力英語キーボード」

  4. 使用して、スクリーン キーボードを数値またはテキストを入力します。

  5. 完了するには、「入力] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまでに、画面の右上隅の周りに指をドラッグします。

数値の表示形式を適用する

通貨、パーセンテージ、日付などの書式をセルに適用することにより、さまざまな種類の数値を表示できます。

  1. ワークシートで作業するセルを検索する画面上で指をドラッグし、[アクティブ セルに画面を 2 回タップします。

  2. コンテキスト メニューを閉じるには、するには、下、左にスワイプします。

  3. 左または「他のオプション]、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右にスワイプします。サウンドが:「] タブのメニューの [< 現在 >] タブを選択します」。

  4. 「番号の書式設定] メニューの [」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右へスワイプします。サウンドが:「表示形式」します。

  5. 通貨時刻、またはパーセンテージなどお好みの形式が聞こえるまで右へスワイプします。

  6. 表示形式を選ぶには、画面をダブルタップします。

    ヒント: 一部の表示形式オプションにはサブメニューがあります。たとえば、次のように読み上げられます。"数値メニュー"サブメニューを開くには、画面をダブルタップします。

簡単な数式を作成する

数値の加算、減算、乗算、除算を行う簡単な数式を作成できます。

  1. ワークシートで、画面を共同編集するセルを見つけるには、指をドラッグします。

  2. コンテキスト メニューを開くを 2 回タップ画面。サウンドが:「[切り取り] ボタン」。

  3. 「の編集] ボタン、」と、スクリーン キーボードを開くには、[画面を 2 回タップが聞こえるまで右へスワイプします。

  4. 数式を作成するには、キーボードの上に指をドラッグして必要なものに指を離す数字と比較演算子を組み合わせてを入力します。

    加算の正符号 (+)、減算の負符号 (-)、乗算のアスタリスク (*)、または除算のスラッシュ (/) を入力します。たとえば、 = 2 + 4= 4-2= 2 * 4、または= 4/2を入力します。

  5. 完了するには、「入力] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまでに、画面の右上隅の周りに指をドラッグします。Excelでは、計算を実行し、セルに結果を挿入します。

作業内容を保存する

Excel では作業内容が自動的に保存されますが、ファイル名を変更したり、ファイルの場所を選択したりできます。

ファイルのコピーを保存する

  1. ファイルの名前を変更するのには、 Excelファイルに「ファイル] ボタン、」と画面を 2 回タップし、という言葉がするまで右へスワイプします。サウンドが:「ファイル] メニューを開く」。

  2. メニュー項目 "名前を付けて保存ボタン" が読み上げられるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。次のように読み上げられます。"ファイル名を入力してください"

  3. ファイル名を変更するまで右へスワイプ「のクリア] ボタン、」し、[ファイルの現在の名前をオフにして画面を 2 回タップを聞きます。

  4. 「ファイル名を入力、編集する] ボックスに、」を聞くと、[開く] 画面を 2 回タップになるまでスワイプ、スクリーン キーボードします。

  5. ファイル名を入力します。1 回完了したら、「の保存] ボタン、」と、ファイルを保存し、ダブルタップが聞こえるまで右へスワイプします。

ファイルの場所を選択する

  1. ファイル内の場所を変更するのには、 Excelファイルにスワイプまたは右するまで「ファイル] ボタン、」し、[ファイル] メニューを開く] 画面を 2 回タップを鳴らします。サウンドが:「ファイル] メニューを開く」。

  2. メニュー項目 "名前を付けて保存ボタン" が読み上げられるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。"ファイル名を入力してください" と聞こえます。

  3. 左または右の場所、 OneDriveデバイスなど、ファイルを保存する場所が聞こえるまでにスワイプします。場所を選択するには、[画面を 2 回タップします。

  4. 選択した場所] オプションで、左または可能なフォルダーまたはし、目的の画面を 2 回タップし、その他のサブサイトの場所が聞こえるまで右へスワイプします。

  5. 右にスワイプして "保存ボタン" と聞こえたらダブルタップし、選択した場所にファイルを保存します。

    ヒント: 既に存在する名前でファイルを保存しようとすると、"ファイルを置き換えますか" という音声が聞こえます。"キャンセル ボタン" または "置換ボタン" と聞こえるまで右にスワイプします。画面をダブルタップして選択を確定します。

作業内容を印刷する

デバイスにプリンターが接続されていることを確認します。

  1. Excelファイルにするまで右へスワイプ聞く「ファイル] ボタン、」し、[ファイル] メニューを開く] 画面を 2 回タップします。サウンドが:「ファイル] メニューを開く」。

  2. 「印刷]」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。サウンドが:「レイアウト オプション、[ファイル] メニューを閉じる」。[印刷オプション] ページが開きます。

  3. 印刷すると、既定のオプションで、「印刷、ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右にスワイプします。

  4. サウンドが:「printing? のファイルを準備する Microsoft からのオンライン サービスを使用するExcelを許可する」、「ボタンを許可する」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右にスワイプしています。

  5. 聞こえるまで右にスワイプして"] ボックスの一覧です。プリンターを選択するには"とし、画面を 2 回タップします。

  6. 目的のライセンス認証画面を 2 回タップ プリンターの名前が聞こえるまで右へスワイプします。

  7. 「[印刷] では、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右へスワイプします。

高度な印刷タスクを実行する方法については、 Excel ブックを印刷するスクリーン リーダーを使用するをご覧ください。

参照

スクリーン リーダーを使用して Excel のワークシートにテーブルを挿入する

スクリーン リーダーを使用して Excel ブックを印刷する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

ナレーターは、組み込みの Windows スクリーン リーダーのExcelを使用すると、 Excelにサインインして、ブックを開くなど、基本的な作業を実行できます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Windows 10 版の Excel Mobile で外付けキーボードのショートカット キーを使う」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、Windows Phone でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、タブレットまたは PC では異なる場合があります。

この記事の内容

開いている Excel

  1. すべてのアプリの一覧で、お使いのデバイスでナレーターまで右へスワイプによってアナウンスされます。"Excel"にします。

  2. 画面をダブルタップしてアプリを開きます。

注: Excelは、スマート フォンとを設定した Microsoft アカウントを使用して自動的に署名します。サウンドが開始"ページ"という、後で、アカウント名と「] ボタン」。前回使用した、 Excelアプリから署名する場合、または別のアカウントを使用する場合は、 Excel へのサインインに参照してください。

ヒント: デバイスのホーム画面でExcelのタイルを固定する場合は、そこからもアプリを開くことができます。"Excel"「小] などです」に、タイルのサイズが続くが聞こえるまで右へスワイプ画面を 2 回タップします。

Excel へのサインイン

同じ Microsoft アカウントが電話を設定する、または別の Microsoft、職場または学校のアカウントを選択するとに署名簡単にできます。

お勧めのアカウントでサインインします。

  1. Excelを開いたら、「サインインするのには、ボタン、」が聞こえるまで右にスワイプして、画面を 2 回タップします。サウンドが「みましょうには、[サインインした」で、電話を設定した Microsoft アカウントの名前を続けます。

  2. 「続行] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまでに、この取引先企業、右へスワイプを使用します。サウンドが開始"ページ"という、後で、アカウント名と「] ボタン」。

    サインインするようになりましたし、[スタート] ページにフォーカスがあります。

Microsoft アカウントでサインイン

  1. Excelを開いたら、「サインインするのには、ボタン、」が聞こえるまで右にスワイプして、画面を 2 回タップします。サウンドが「みましょうには、[サインインした」で、電話を設定した Microsoft アカウントの名前を続けます。

  2. 聞こえるまで右にスワイプして別の Microsoft アカウントを使用するには、「Microsoft アカウント、Outlook.com、Hotmail、Live.com、MSN、」し、[画面を 2 回タップします。

  3. 「続行] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右へスワイプします。サウンドが:"、メール、電話番号、または [Skype] を入力して編集します"。

  4. 使用する、画面上の場所を入力するメール アドレス、電話番号、または Skype のユーザー名、フォーカスが、Enter キーをキーボードし、画面を 2 回タップします。サウンドが:"パスワードの入力、編集します"。

  5. 使用して、スクリーン キーボードをパスワードを入力、Enter キーにフォーカスを移動し、画面を 2 回タップします。

  6. 「[OK] ボタン」を再生する場合は、デバイス暗証番号 (pin) を入力して、Microsoft アカウントを有効にする必要があります。画面を 2 回タップし、使用して、スクリーン キーボードを自分の PIN を入力します。

  7. 聞くと「の開始] ページの [新規] をクリック」 Excel番号が完了したら、サインインします。[スタート] ページで、フォーカスがあります。

職場または学校のアカウントでサインインします。

  1. Excelを開いたら、「サインインするのには、ボタン、」が聞こえるまで右にスワイプして、画面を 2 回タップします。サウンドが「みましょうには、[サインインした」で、電話を設定した Microsoft アカウントの名前を続けます。

  2. 聞こえるまで右にスワイプして別のアカウントを使用するには、"作業または学校のアカウントを"し、[画面を 2 回タップします。

  3. 「続行] ボタン、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右へスワイプします。サウンドが:「[キャンセル] ボタン」。

  4. 左の「メール アドレス、編集可能なテキストは、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまでにスワイプします。

  5. 使用して、スクリーン キーボードをメール アドレスを入力、入力] を選択し、画面を 2 回タップします。

  6. 「パスワード、編集可能なテキストは、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。

  7. 使用して、スクリーン キーボードをパスワードを入力、Enter キーにフォーカスを移動し、画面を 2 回タップします。

  8. お使いのデバイスでは、Windows が現在のアカウントを記憶かどうかを確認します。オプションによって場合、右にスワイプするまで「ボタンはい」または「ここではスキップ, リンク」を再生し、画面を 2 回タップします。

  9. 「このアプリに追加したアカウント」のサウンドが、アカウント情報を続けます。「[閉じる] ボタン、」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。サウンドが開始"ページ"という、後で、アカウント名と「] ボタン」。

最近使用したブックを開く

Excelの開始] ページで、最近使用したブックが表示されます。

  1. Excelの開始] ページで、「最近使用したファイルを選択します」が聞こえるまで右へスワイプ最近使用したブックの一覧を開始します。

  2. 開く、または [画面を 2 回タップ ブックが見つかるまで右へスワイプします。

ブックの参照

  1. Excelにシークするブックがない場合は、ページ、スワイプして右または左を「[参照] ボタンでは、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで開始します。サウンドが:「アプリ、最近使用したファイルを選択します」。

  2. 表示されるまで、必要なオプションは、このデバイスOneDriveなどの画面を 2 回タップし、右にスワイプします。

  3. 表示されるまで適切なフォルダー、たとえば、ドキュメント画面を 2 回タップし、右にスワイプします。

  4. 表示されるまで、適切なファイルの画面を 2 回タップし、右にスワイプします。サウンドが:「ダウンロード」します。

  5. 「アプリ バー ボタンのブックを開く」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまで右へスワイプします。「ファイルを開く」に続けて、ブックの名前が聞こえます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Excel ブックを印刷する

Windows 10 版の Excel Mobile で外付けキーボードのショートカット キーを使う

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

キーボードとナレーター、組み込みの Windows スクリーン リーダーを使ってExcel Onlineを使用して、基本的な作業を操作を次のような新しいブックを作成、ブックを編集して、作業内容を印刷します。

注: 

  • Windows 10 Fall Creators Update でナレーターを使用する場合、Office Online でドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを編集するには、スキャン モードをオフにする必要があります。詳細については、「Turn off virtual or browse mode in screen readers in Windows 10 Fall Creators Update」 (Windows 10 Fall Creators Update のスクリーン リーダーで仮想モードまたはブラウズ モードをオフにする) を参照してください。

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Excel Online のショートカット キー」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • Excel Online を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。Excel Online は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。また、F1 キー (ヘルプ) や Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Excel Online には適用されません。

この記事の内容

開いている Excel Online

  1. Https://www.office.com に移動します。

  2. 「自分のアカウントにサインイン」が聞こえるまで Tab キーを押すと、Enter キーを押します。アカウントを選びます] ウィンドウが開きます。

  3. Enter キーを押して、サインインに使用するアカウントまたはユーザーの名前が聞こえるまで Tab キーをキーを押します。サウンドが:"パスワードの入力、編集します"。

    目的のアカウントをされない場合は、キーを押す.「別のアカウントを使用して、ボタン」が聞こえるまで Tab がキーを押してを入力します。アカウントのメールまたは電話番号を入力し、Enter キーを押します。

  4. 、パスワードを入力し、Enter キーを押します。サウンドが:「マイクロソフト オフィス、自宅」。

  5. Excel Onlineを開くには、キーを押して] タブの [サウンドが" Excel] に移動するリンク、"し、Enter キーを押します。Excel Onlineを開きます。

ブックを開く

最近作業したまたはOneDriveなど、好みのオンライン リポジトリに移動してからファイルを開いてファイルを開くことができます。

Excel Online の起動時にブックを開く

  1. 開くし、 Excel Onlineにサインインします。アプリとフォーカスは、新しい空白のブックのオプションでです。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 最近使用したファイルを開くには、し、Enter キーを押して、目的の最近使用したファイルが聞こえるまで shift キーを押しながら Tab キーを押します。編集表示または閲覧表示では、ファイルが開きます。

    • オンラインのリポジトリからドキュメントを開くには、「< オンライン リポジトリ > から開く」とし、Enter キーを押してが聞こえるまで] タブの [キーを押します。目的のファイルに移動し、Enter キーを押します。閲覧表示では、ファイルが開きます。

Excel Online で作業するときに、ブックを開く

注: 既にExcel Onlineで作業する場合は、ブックを開くするには、編集表示にする必要があります。閲覧表示で使用できるはできません。編集ビューを表示する方法の詳細については、編集表示に切り替えるに移動します。

  1. Alt キーを押しながら Windows ロゴ キーを押します。リボンにフォーカスが移動します。

  2. [ファイル] メニューを開くに F キーを押します.サウンドが:「閉じる] メニューのメニュー項目」。この聞こえないいない場合、編集表示にします。

  3. 開くには、[開く] メニューを O キーを押します.

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • Enter キーを押して、目的の最近使用したドキュメントが聞こえるまで Tab キーをキーを押します。編集表示または閲覧表示では、ファイルが開きます。

    • オンラインのリポジトリからドキュメントを開くには、"詳細については、< オンライン リポジトリ >"聞くし、し、Enter キーを押してになるまで] タブの [キーを押します。目的のファイルに移動し、Enter キーを押します。閲覧表示では、ファイルが開きます。

製品版の Excel でブックを開く

Excelのデスクトップ バージョンの場合は、そのでは、多くの他のオプション、ファイルを操作するときにします。Excel Onlineから製品版を開くには簡単です。

  1. Excel Onlineの完全バージョンを使って、編集するブックを開いた後 ctrl + f6 キーを押してが聞こえるまで:「選択、ホーム] タブの [アイテム」。

  2. 聞こえるまで Tab キーを押し"、Excel で編集] ボタン、"し、Enter キーを押してExcel 2016でブックを開きます。サウンドが「] ダイアログ ボックスを開いてこの Microsoft Excel の」プログラムの読み込み中にします。

  3. Excel 2016が開くのサインインを求められることがあります。メール アドレスを入力し、Enter キーを押しますパスワードを入力し、Enter キーを押します。

    注: 作業を使用しているか学校のアカウントへのサインインの手順が少し異なる場合があります。たとえば、暗証番号 (pin) またはスマート カードを使用してサインインする必要があります。

    Excel 2016] では、ブックの最初の行の最初のセルにフォーカスがあります。

編集ビューに切り替える

閲覧表示では、ブックを開いたしてファイルを編集する場合は、編集表示に切り替える必要があります。

  1. 閲覧表示で、[ユーザー名またはユーザー名が聞こえるまで ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。

  2. 聞こえるまで Tab キーを押し"ブックの編集] ボタンが折りたたまれている"。Enter キーを押して、メニューを展開します。

  3. 「ブラウザーで編集する」と入力しますが聞こえるまでに、下向き矢印キーを押します。編集表示では、ファイルが開きます。

新しいブックを作成する

新しいブックをテンプレートから、またはまったく新規に作成できます。

Excel Online の起動時にブックを作成します。

  1. 開くし、 Excel Onlineにサインインします。アプリとフォーカスは、新しい空白のブックのオプションでです。ブックは、このオプションには、事前に定義された書式設定が含まれていません。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 新しい空白のブックとその図面で作業の開始を開くには、Enter キーを押します。

    • 使用可能なテンプレートの一覧を参照するには、し、Enter キーを押して、目的のテンプレートが聞こえるまで Tab キーを押しします。

    シートの最初のセルにフォーカスがあるし、新しいブックが開きます。

Excel Online で作業する場合に、ブックを作成します。

注: 既にExcel Onlineで作業する場合は、新しいブックを作成するには、編集表示にする必要があります。閲覧表示で使用できるはできません。編集ビューを表示する方法の詳細については、編集表示に切り替えるに移動します。

  1. ブックで既に作業しているして新しい 1、キーを押して alt キーを押しながら Windows ロゴ キーを作成します。リボンにフォーカスが移動します。

  2. [ファイル] メニューを開くに F キーを押します.サウンドが:「閉じる] メニューのメニュー項目」。この聞こえないいない場合、編集表示にします。

  3. [新規作成] メニューを開く N キーを押して

  4. Enter キーを押して、目的のテンプレート] オプションが聞こえるまで Tab キーをキーを押します。

ブックを編集します。

ブックを編集するには、編集表示にする必要があります。編集ビューを表示する方法の詳細については、編集表示に切り替えるに移動します。

データを入力する

  1. セル間を移動するには、方向キーを押します。スクリーン リーダーは、ワークシート上の行と列の位置を移動すると、セルを発表します。列 A の最初の行では、セル A1 です。セルが含まれるテキスト、スクリーン リーダーは、テキストを読み上げます。

  2. セルに文字列を入力したり、セルの文字列を置き換えたりするには、文字列、数値、または数式を入力します。

  3. 次のセルに移動するには、Enter キーまたは Tab キーを押します。

[オート Sum を使用して、数値を合計するには

シート内の数値を追加します。

  1. 合計する数値のすぐ下の右側のセルに移動します。

  2. Alt キーを押しながら Windows ロゴ キー、H、U、秒をキーを押します。計算を実行するのには、[Enter キーを押します。

    Excel Onlineでは、番号を追加し、選択したセルに結果を配置します。

簡単な数式を作成する

数値の加算、減算、乗算、除算を行う簡単な数式を作成できます。

  1. 計算する数値の右側またはすぐ下にあるセルに移動します。

  2. 等号 (=) を入力します。サウンドが:「編集、等号 (=)」

  3. 数式を作成するには、数字を組み合わせた加算の正符号 (+)、減算の負符号 (-)、乗算のアスタリスク (*)、または除算のスラッシュ (/) などの比較演算子を入力します。たとえば、次のいずれかを入力します。

    • 数値を追加するには、「 = 2 + 4」と入力します。

    • 数値を減算するには、「 = 4-2」と入力します。

    • 数値を乗算するには、 = 2 * 4を入力します。

    • 数値を除算するには、 = 4/2」と入力します。

  4. 計算を実行するには、Enter キーを押します。

Excel Onlineでは、計算を実行し、選択したセルの結果を示します。

数値の表示形式を適用する

Excel Onlineでさまざまな種類の数値を表示するには、通貨パーセンテージ日付など、書式を適用します。

  1. セルの書式を設定するセルを選択します。複数の隣接するセルを選び、shift キーを押しながら矢印キーを押して次のようにキーします。

  2. コンテキスト メニューを開くには、shift キーを押しながら F10 キーを押します。サウンドが:「切り取り、メニュー項目」。

  3. 「書式番号」とし、Enter キーを押してが聞こえるまでに、下向き矢印キーを押します。サウンドが:「] ダイアログ ボックスの数値の書式を設定します」。

  4. 書式を選択するには、「通貨」または「日付」などして、enter キーを押して選択、書式設定が聞こえるまで下方向矢印キーを押します。

データからテーブルを作成します。

たとえば、すばやくフィルター処理したり、データを並べ替えることは、データからテーブルを作成できます。

  1. テーブルに含めるセルを選択します。複数の隣接するセルを選び、shift キーを押しながら矢印キーを押して次のようにキーします。

  2. [テーブルとして書式設定] ダイアログを開くには、alt キーを押しながら Windows ロゴ キー、H、T の L キーを押します。サウンドが:「] ダイアログ ボックスの [テーブルとして書式設定します」。

  3. Shift キーを押しながら Tab キーをキーを押します。「ヘッダー行をテーブルの」のサウンドが、かどうかは、チェック ボックスをオンにします。選択範囲を変更するには、space キーを押します。

    注: スクリーン リーダーのユーザーのテーブルのアクセシビリティを向上するのにには、テーブルの見出しを使用します。スクリーン リーダーでは、ヘッダー情報を使用して、表のセルを検索する方法をご説明します。

  4. テーブルを作成するには、Enter キーを押します。

並べ替えやフィルターをテーブルのデータ

  1. テーブルの並べ替えまたはフィルターするには、並べ替えとフィルターのドロップダウン メニューを使うと、セルに移動します。「の並べ替えとフィルターのドロップダウン メニュー」が続く、セルの詳細を聞く

  2. ドロップダウン メニューを開くには、するには、alt キーを押しながら下方向キーを押します。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • データを並べ替えるには、キーを押して下方向矢印「昇順で並べ替え」または「降順で並べ替え」が発生して、Enter キーを押します。

    • 単純なフィルターを適用するには、「フィルター」を聞くし、し、Enter キーを押してになるまでダウン矢印キーを押します。[フィルター ] ダイアログを開きます。Space キーを押して選択またはオプションの選択を解除し、目的のオプションが聞こえるまでに、下向き矢印キーを押します。フィルターを適用するには、Enter キーを押します。

    • 複雑なフィルターを適用するには、「テキスト フィルター]」を聞くし、右矢印キーを押してになるまでダウン矢印キーを押します。フィルターのメニューが開きます。必要なオプションから、Enter キーを押してが聞こえるまでは、下向き矢印キーを押します。ダイアログ ボックスを開きます。Enter キーを押して値を入力します。

    • フィルターをクリアするには、フィルターが適用されたセル名が続くし、し、Enter キーを押して「からフィルターをクリアする」が聞こえるまで下方向矢印キーを押します。

数値の計算を表示する

  1. 合計を表示するセルに等号 (=) を入力します。

  2. 数式または合計平均などに使用する関数の名前を入力します。関数の一覧を開き、入力するように更新します。リストの最初の関数が聞こえます。

  3. 下向き矢印キーを押して、関数の選択] タブの [キーを押し、目的のサウンドがします。

  4. 右かっこの順のセル範囲またはその他の番号には、関数を適用するを入力し、Enter キーを押します。

作業内容を保存する

Excel Onlineが自動的に作業内容を保存し、場所やファイルの名前を変更することができますが、ファイルのコピーをダウンロードすることができます。

オンライン コピーを保存します。

  1. 編集表示で alt キーを押しながら Windows ロゴ キー、F、A、a: キーを押す.[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. ファイルの新しい名前を入力します。

  3. Tab キーを押します。チェック ボックスが選択されているかどうかと「既存のファイルを置き換える、チェック ボックスをオン」が聞こえます。選択範囲を変更するには、space キーを押します。

  4. オンライン コピーを保存するには、Enter キーを押します。

ブックの名前を変更する

  1. 編集表示で alt キーを押しながら Windows ロゴ キー、F、R. A キーを押す.[名前の変更] ダイアログを開きます。

  2. ファイルの新しい名前を入力します。

  3. 「[Ok] をクリックして、」が聞こえるまで Tab キーを押すと、Enter キーを押します。

ローカル コンピューターにコピーを保存します。

  1. 編集表示で alt キーを押しながら Windows ロゴ キー、F、C. A キーを押す.フォーカスでは、ブックのアクティブなタブに移動します。

  2. 現在のタブの名前を続けて「選択すると、」が聞こえるまで、ctrl キーを押しながら f6 キーを押します。

  3. キーを押します Caps Lock + 右または左方向キーが聞こえるまで:「通知テキスト, < ファイル名 > の活用目的してトピックをクリックします」。

  4. 「の保存] ボタン、」とし、Enter キーを押してが聞こえるまでに] タブの [キーを押します。お使いのコンピューターのダウンロードフォルダーにファイルがダウンロードされます。

作業内容を印刷する

  1. 編集表示では、F、P、P.、alt キーを押しながら Windows ロゴ キーを押してください。[印刷の設定] ダイアログを開きます。

  2. 既定の設定を使用して印刷するには、「[印刷] では、」とし、Enter キーを押してが聞こえるまで] タブの [キーを押します。

高度な印刷タスクを実行する方法については、 Excel ブックを印刷するスクリーン リーダーを使用するをご覧ください。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Excel Online ワークシートにコメントを追加する

スクリーン リーダーを使用して Excel ブックを印刷する

Excel Online のショートカット キー

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×