Excel でスクリーン リーダーを使ってテーブルの並べ替えまたはフィルター処理を実行する

Excel でスクリーン リーダーを使ってテーブルの並べ替えまたはフィルター処理を実行する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Excel 2016 では、キーボードと、Windows の組み込みスクリーン リーダーである JAWS やナレーターなどのスクリーン リーダーを使用して、テーブルの並べ替えやフィルター処理を実行できます。データを並べ替えると、データを整理して、必要なデータをすばやく見つけることができるので、分析にかかる時間を短縮できます。データのフィルター処理機能は、特定のデータ セットを集中的に取り扱う際に役立ちます。特に、ワークシートが大きいときに便利です。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Excel 2016 for Windows のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

並べ替えとフィルター処理のキーボード ショートカット

この表は、並べ替えとフィルター処理で利用されるキーボード ショートカットをまとめたものです。

操作内容

キー

列見出しにあるオートフィルター ドロップダウン メニューをオフにする

Ctrl + Shift + L

列見出しからオートフィルター ドロップダウン メニューを開く

Alt + ↓ キー

昇順 (A から Z の順) で並べ替える

Alt キーを押しながら A、S キーを押しながら A キーまたは alt キーを押しながら下方向キー、S

降順で、つまり Z から A の順で並べ替える

Alt キーを押しながら A、S キーを押しながら D キーを押すか、alt キーを押しながら下方向キー、O

[並べ替え] ダイアログ ボックスを開く

Alt + A、S + S または Alt + H、S、U

データの変更後、並べ替えを再適用する

Ctrl + Alt + L (または Alt + A、Y + 3)

色でフィルター処理します。

Alt キーを押しながら下方向キーは

数値またはテキストをフィルター処理します。

Alt キーを押しながら下方向キー、F

[セルの書式設定] ダイアログ ボックスを開く

Alt キーを押しながら H キー、O は

TRIM 関数を使用する

Alt キーを押しながら M、T、および下向き矢印キーを使用して、トリミングするから移動

Excel の並べ替え機能について

1 つまたは複数の列で、文字列 (A から Z または Z から A)、数値 (最小から最大へ、またはその逆)、日時 (最も古いものから最も新しいものへ、またはその逆) を基準にしてデータを並べ替えることができます。ユーザー設定リスト (大、中、小の順など)、または書式 (セルの色、フォントの色、アイコン セットなど) を基準にして並べ替えることもできます。ほとんどの並べ替え操作では列で並べ替えますが、行で並べ替えることもできます。

テーブルを並べ替えるとExcelは、ブックを開くたびを適用できるようにブックを使用した条件を保存します。これは、機能は、複数列の並べ替え、または並べ替えを作成するのには長い時間がかかる場合は、特に重要です。ただし、テーブル内のデータしか動作しない] には適用されませんセル範囲。ブックを開いたときに並べ替えを定期的に適用されるように並べ替え条件を保存する場合はテーブルを使用することをお勧めします。

注: データをソートすると、元の順序を復元することはできません。ファイルを保存していない場合は、並べ替え後場合、は、戻るには元に戻す] (CTRL + Z) を使用できます。

表または範囲でテキストを並べ替える

表のテキストを並べ替える

  1. 方向キーを使って、テーブルの見出し行に移動します。[ヘッダー行で、ナレーターで、サウンドがセルの位置の後に「ヘッダー項目」します。

  2. データを並べ替えるには、列見出しに移動右または左方向キーを押します。

  3. メニューを開き、フィルター、alt キーを押しながら下方向キーを押してし、メニューに移動] タブの [キーを押します。ナレーターでサウンドが:「] メニューの [オフ] メニュー項目、昇順で並べ替える」。

  4. 表示されるオプションは、列内のデータの種類によって異なります。たとえば、または最大値最小からの数値のデータを降順に並べ替えることができます。A から z、z から a、または色からの英数字データを並べ替えることができます。

    ダウン矢印キーを使用して、オプションを参照し、enter キーを押して、オプションを選択します。ナレーターは、"Sorted、"選択したオプションが続くを聞くできます。

範囲のテキストを並べ替える

  1. 方向キーを使用して、英数字データが含まれているテーブルの列またはセルの範囲内の英数字データの列に移動します。

  2. Alt キーを押しながら A キーを押します。[データ] タブが開き、サウンドが:「上のリボン、グループ ボックス、[データ] タブ」。ナレーターでサウンドが:「リボンのタブを選択している、データ] タブの [アイテム」。次のいずれかの操作を行います。

    • 英数字の昇順に (並べ替え A から z)、S キーを押しながら a キーを並べ替える。

    • 英数字の降順で (Z から A の順番で) 並べ替えるには、S + D キーを押します。

並べ替えで大文字と小文字を区別する

  1. 方向キーを使用して、英数字データが含まれているテーブルの列またはセルの範囲内の英数字データの列に移動します。

  2. Alt + H、S、U キーを押します[並べ替え] ダイアログが開き、ナレーターでサウンドが:「並べ替え、[OK] ボタン」。JAWS でサウンドが:「[並べ替え] ダイアログ、[OK] ボタン」。

  3. 並べ替えオプション] ダイアログ ボックスを開くには、Alt + O キーを押します。ナレーターでサウンドが:"のオプションを並べ替えます。オフ、大文字と小文字を区別する] チェック ボックスです。"JAWS でサウンドが:「並べ替えオプション] ダイアログ ボックス、大文字小文字は区別] チェック ボックスをオフにします」。

  4. 大文字小文字を区別する] チェック ボックスを選択するのには、Space キーを押します。

  5. Enter キーを押します。並べ替えオプション] ダイアログ ボックスが閉じられ、ナレーターでサウンドが:「並べ替え、[オプション] ボタン」。JAWS でサウンドが:「[並べ替え] ダイアログ」。

  6. [並べ替え] ダイアログ ボックスを閉じて、変更を適用、キーを押して] タブの [「[OK] ボタン、」を聞くして Enter キーを押します。

  7. 範囲内で文字列を並べ替えるで説明するようにテキストを並べ替えます。

ヒント: 並べ替える列に数字やテキストの両方が含まれている場合は、それらをすべてテキストとして書式設定する必要があります。それ以外の場合、 Excelでは、最初に、数値を数値として並べ替え、[テキストを並べ替えます。書式を設定するデータを ctrl キーを押しながら Space キーを押して、列のすべてのデータを選択し、alt キーを押しながら H、F キーを押します *「選択した、数値のタブ アイテム」が聞こえるまでに、← キーを押しながら、Tab キーを押してし、が聞こえるまで下方向キーを押します:「文字列」します。[OK ] ボタンに移動する 1 回] タブの [キーを押し、Enter キーを押します。

ヒント: 

  • 別の場所からデータをインポートまたはコピーすると、データの先頭にスペースが挿入されることがあります。たとえば、"Sue Lidman" という名前が "(スペース)(スペース)Sue Lidman" として入力されることがあります。

  • スクリーン リーダーを使用しているとき、スペースに気付かないことがあります。JAWS ではセルの空白が読み上げられないためです。

  • 簡単に見つけられるように、 Excelは、並べ替える列の上部にある空白のセルを配置します。

数値を並べ替える

  1. 数値データが含まれているテーブルの列またはセルの範囲内の数値データの列に移動するには、方向キーを使用します。

  2. Alt キーを押しながら A キーを押します。[データ] タブが開き、ナレーターでサウンドが:「リボンのタブを選択している、データ] タブの [アイテム」。JAWS でサウンドが:「上のリボン、グループ ボックス、[データ] タブ」。次のいずれかの操作を行います。

    • 昇順で並べ替えるには、S + A キーを押します。

    • 降順で並べ替えるには、S + D キーを押します。

数値が数値として格納されていることを確認する

  1. 矢印キーを使用して数値データが含まれているテーブルの列またはセルの範囲内の数値データの列に移動し、[列のすべてのデータを選択するには、ctrl キーを押しながら Space キーを押してください。

  2. Alt + H、F キーを押しながら N キーを押します。セルの書式設定] ダイアログが開き、ナレーターでサウンドが:「セルを書式設定します」。JAWS でサウンドが:「セルの書式設定] ダイアログ」。

  3. [数値] タブに移動するに ← キーを使用して (または ctrl キーを押しながら Tab キーを押します)。ナレーターでサウンドが:「番号] タブの [項目」。JAWS でサウンドが:「番号] タブの [」。

  4. Tab キーを押します。[分類]一覧が開き、「標準」または「日付」など、現在選択されているカテゴリを聞く

  5. 聞こえるまで、矢印キーを押し、方向キーを押して、または:「数です」。

  6. Tab キーを押します。ナレーターでは、"小数点以下の桁数、"現在使用されている小数点以下の桁数が続くを鳴らします。この値を変更する場合は、小数点以下の新しい番号を入力します。小数点以下を完全に削除するには、「 0」をと入力します。

  7. セルの書式設定] ダイアログを閉じて、変更を適用、キーを押して] タブの [「[OK] ボタン、」を聞くして Enter キーを押します。

日付と時刻を並べ替える

  1. 矢印キーを使用して、または日付または時刻が含まれているテーブルの列に日付または時刻、セルの範囲内の列に移動します。

  2. Alt キーを押しながら A キーを押します。[データ] タブが開き、ナレーターでサウンドが:"リボンのタブを選択]、[データ] タブの ["。JAWS でサウンドが:「上のリボン、グループ ボックス、[データ] タブ」。次のいずれかの操作を行います。

    • 古いものから新しいものの順に並べ替えるには、S + A キーを押します。

    • 降順から昇順で並べ替えるには S キーを押しながら D キーを押すキーを押します。

    • データの変更後に並べ替えを再適用するには、範囲または表内のセルを選択し、Ctrl + Alt + L キーを押します。

複数の列を並べ替える

1 つの列または行で同じ値のデータをグループ化し、その同じ値のグループ内で別の列または行を並べ替える必要がある場合、複数の列または行を基準にして並べ替えたいことがあります。 たとえば、"部門" 列と "社員" 列があり、最初に "部門" 列で並べ替え (同じ部門のすべての社員をグループ化し)、次に名前で並べ替える (各部門内で名前をアルファベット順にする) ことができます。 最大 64 列で並べ替えることができます。

注: 最適な結果を得るには、並べ替えるセルの範囲に列見出しがある必要があります。並べ替えるには、行の [並べ替え] ダイアログ ボックスで、[テーブルの見出しにする] チェック ボックスがオフになっていることを確認します。Alt キーを押しながら H キーを押して、S すると、[並べ替え] ダイアログを開き、Tab キーを押してキーが聞こえるまで:「オンにして、データ内のチェック ボックスをヘッダー」または"オフにした場合、データ ヘッダー] チェック ボックスです"。Space キーを押して、チェック ボックスをオフにする必要がある場合は、「[ok] をクリックして、」し、enter キーを押して変更を適用するが聞こえるまでに] タブの [キーを押します。

  1. 2 つ以上の列を持つテーブルまたは 2 つ以上の列のデータをセルの範囲に移動するには、方向キーを使用します。

  2. Alt キーを押しながら A、S を押しながら S キーを押します。[並べ替え] ダイアログ ボックスが開き、ナレーターでサウンドが:「並べ替え、[OK] ボタン」。JAWS でサウンドが:「[並べ替え] ダイアログ、[OK] ボタン」。

  3. 見つかるまで、Tab キーを押し、列: 並べ替えるコンボ ボックス。ナレーターでサウンドが「並べ替え < 列名 >] で、編集できるコンボ ボックス」。上向き方向キーと下を並べ替えるには、最初の列を選択します。

  4. 並べ替えのコンボ ボックスが表示されるまで Tab キーをキーを押します。「セルの値を編集できるコンボ ボックスで、並べ替えを行う」サウンドが、ナレーターで方向キーを押して「、セルの値」が再生されない場合、下の矢印キーを押して操作を行うことになるまでします。

  5. セルの値の並べ替えを行う方法を選択するには、注文のコンボ ボックスが見つかるまで] タブの [キーを押します。「順、< 現在選択されているオプション >、編集できるコンボ ボックス」サウンドが、ナレーターで上向き方向キーと下A から Zz から A へ昇順、または降順を選択します。

  6. 並べ替え、Tab キーを使用して、[レベルの追加] ボタンに移動する列を追加するには、Enter キーを押して、手順 3 ~ 5 を繰り返します。

    注: 並べ替えコンボ ボックスは、追加の列にして [呼び出されます。

  7. データを変更した後は、列の並べ替えを再適用] を範囲またはテーブルのセルを選択し、ctrl キーと alt キーを押しながら L キーを押します。

    注: Ctrl キーと alt キーを押しながら L は、行の並べ替えを再適用されません。

並べ替えの問題に関するヒント

データを並べ替えたときに予期しない結果になった場合:

  • 数式によって返される値が変更されたかどうかを確認してください。並べ替えたデータに 1 つ以上の数式が含まれている場合、ワークシートを再計算したときにそれらの数式の戻り値が変更されることがあります。この場合、必ず最新の結果が得られるように並べ替えを再適用します。

  • 並べ替えの前に行や列を再表示します。非表示の列は列を並べ替えたときに移動されず、非表示の行は行を並べ替えたときに移動されません。データを並べ替える前に、非表示の列と行を再表示することをお勧めします。

  • ロケール設定を確認してください。並べ替え順序は、地域の設定によって異なります。お使いのコンピューターのコントロール パネルの地域の設定] または [地域と言語のオプションで適切なロケール設定があることを確認します。

  • 見出し行をオンまたはオフにします。データの意味を簡単に理解できるように列を並べ替える場合、通常は見出し行を入れるのが最も効果的です。既定では、見出し内の値は並べ替え操作に含まれません。場合によっては、見出し内の値が並べ替え操作に含まれるように (または含まれないように) するために、見出しをオン (またはオフ) にする必要があります。

  • 列見出しがあるために、データの最初の行を並べ替えから除外するへの [Alt + H、S、U キーを押してください[ユーザー設定の並べ替え] ダイアログ ボックスで、[データの見出しにする] チェック ボックスを選択します。

  • 列見出しではないため、並べ替えにデータの最初の行を含める] の [Alt + H、S、U キーを押してください[ユーザー設定の並べ替え] ダイアログ ボックスで、[データの見出しにする] チェック ボックスをオフにします。

表のデータをフィルター処理する

テーブルのデータを配置すると Excel は各列の見出しに、オート フィルターのドロップダウン メニューを自動的に追加します。すばやくフィルター処理するのには、このメニューを開くことができます。列見出しから、[オート フィルター ] ドロップダウン メニューを削除するには、ヘッダーを選択し、ctrl キーを押しながら shift キーを押しながら L キーを押します。

  1. テーブル フィルターを適用する列の見出し行] では、alt キーを押しながら下方向キーを押します。オート フィルターのドロップダウン メニューが開き、ナレーターでサウンドが:「メニュー」。JAWS でサウンドが:「コンテキスト メニュー」。

  2. [オート フィルター ] メニューで、列に数値がある場合は数値フィルター ] に移動し、Enter キーを押して、下向き矢印キーを使用します。列にテキスト エントリがある場合は、テキスト フィルターに移動し、Enter キーを押します。サブメニューが開き、および「等しい」を再生します。

  3. 必要なフィルター オプションに移動するには、方向キーを使用し、Enter キーを押します。オートフィルター] ダイアログ ボックスが開き、ナレーターでサウンドが:「オート」JAWS でサウンドが:「ユーザー設定のオート フィルター] ダイアログ」。

  4. フィルター処理条件を入力するか、選択します。

    たとえば、指定の数値よりも大きい数値を表示するには、[指定の値以上] を選択し、隣のコンボ ボックスに基準となる数値を入力します。

    2 つの条件に基づいてフィルターするには、両方の編集コンボ ボックスにフィルター処理条件を入力します。両方の条件が満たされるようにするには [AND] を選択し、どちらかの条件が満たされるようにするには [OR] を選択します。

  5. ダイアログ ボックスを閉じるには、表示されるまで、[ OK ] ボタンを押しながら Enter キーを押して] タブの [キーを押します。

範囲内のデータにフィルターを適用する

  1. フィルターを適用するセルを選択します。選択範囲の左上のセルには、shift キーを押しし、右側を使用するセルにキーと下方向矢印を選択したセルの範囲の展開を移動します。

  2. キーを押して ctrl キーを押しながら shift キーを押しながらの L Excel では、範囲内の各列の最初のセルに、オート フィルターのドロップダウン メニューを追加します。

  3. オート フィルターのドロップダウン メニューを含むセルを選択します。Alt キーを押しながら下方向キーを押します。オート フィルターのドロップダウン メニューが開き、ナレーターでサウンドが:「メニュー」。JAWS でサウンドが:「コンテキスト メニュー」。

  4. 方向キーと Tab キーを使用して、必要なフィルター オプションに移動します。Space キーを使用して、フィルター値のチェック ボックスをオンまたはオフにします。

  5. 選択が完了したら、enter キーを押しながら、フィルターを適用します。

フィルターをクリアして、オート フィルターのドロップダウン メニューを削除するには、範囲内の任意のセルを選択し、ctrl キーを押しながら shift キーを押しながら L キーを押します。

関連項目

Excel でスクリーン リーダーを使ってテーブルにタイトルを設定する

Excel でスクリーン リーダーを使ってテーブルの列見出しを作成する

Windows 用 Excel キーボード ショートカットとファンクション キー

Excel でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

キーボードと Voiceover] に範囲またはテーブルのデータのフィルター処理、組み込みの Mac OS スクリーン リーダーなどのスクリーン リーダーを使ってExcel 2016 for Macを使用します。特定のデータのセットに集中するデータを支援をフィルターするには、これは大きなワークシートで特に役立ちます。

注: 

この記事の内容

表のデータにフィルターを適用する

表のデータにフィルターを適用すると、表の見出し行にフィルター コントロールが自動的に追加されます。

  1. フィルターを適用するデータ範囲の最初のセルに移動します。

  2. Fn キーを押しながら F8 キーを押すと、方向キーを使用して、選択範囲を拡張する機能を有効にするキーを押します。次に、方向キーを使用して、範囲内に必要なすべてのデータを選択します。

    注: または、キーボード ショートカットを使用し、ワークシートの特定の部分を選択します。

    • コマンド + A キーを押して、ワークシート全体を選択します。

    • Command + A キーを押して + * (アスタリスク記号) 可視セルだけを選択します。

    • Control + Space キーを押して列全体を選択します。

    • Shift キーを押しながら Space キーを押して行全体を選択します。

  3. リボン タブ間の移動を開始するには、Fn + F6 キーを押します。

  4. 聞こえるまでタブ間を切り替える左と右矢印キーを使用して「ホーム] タブの [」。[ホーム] タブの [オプションにアクセスするコントロール + オプション + 下方向キーを次に、キーを押します。

  5. Return キーを押すし、「テーブルとして書式設定する」を聞くになるまで、オプションをスクロールする] タブの [キーを押します。

  6. 作成するテーブルに含まれるセルの範囲が聞こえます。次に、サウンドが:「行をテーブルの見出し、チェック ボックスをオフになっています」。Excel 2016 for Macをするには、テーブルのデータの上のプレース ホルダーの見出しを追加する場合は、チェック ボックスをオンには、Space キーを押します。後でヘッダーを変更することができます。

  7. 1 回、Tab キーを押します。サウンドが:「それでは、ボタンをクリックします」。Return キーを押します。サウンドが:「テーブルを作成します」。

  8. フィルターを適用するには、Fn + f6 キーを押しますが聞こえるまで:「ワークシート」。

  9. 方向キーを使用し、フィルターを適用する列データの見出しに移動します。

  10. Space キーを押します。サウンドが:「フィルター] ポップアップ メニュー」。

  11. 上向き方向キーと下の主なフィルター オプションを参照します。フィルターを選択し、そのオプションのポップアップ メニューを開くコントロール + オプション + 下方向キーを押します。

  12. 上向き方向キーと下のオプションを参照します。選択を行うには、Space キーを押します。

  13. 1 回、Tab キーを押します。Space キーを押して適切なチェック ボックスまたはラジオ ボタンを選択またはテキスト ボックスで、フィルター条件を入力します。

  14. Return キーを押します。サウンドが必要があります"フィルターが適用されます。"。

範囲内のデータにフィルターを適用する

ある範囲のデータにフィルターを適用することもできます。列ごとに見出しを付けると、最良の結果が得られます。

  1. フィルターを適用するデータ範囲の最初の列に移動します。該当するセル データが読み上げられるまで方向キーを使用します。

  2. Fn キーを押しながら F8 キーを押すと、方向キーを使用して、選択範囲を拡張する機能を有効にするキーを押します。次に、方向キーを使用して、範囲内に必要なすべてのデータを選択します。

    注: または、キーボード ショートカットを使用し、ワークシートの特定の部分を選択します。

    • コマンド + A キーを押して、ワークシート全体を選択します。

    • Command + A キーを押して + * (アスタリスク記号) 可視セルだけを選択します。

    • Control + Space キーを押して列全体を選択します。

    • Shift キーを押しながら Space キーを押して行全体を選択します。

  3. Fn + f6 キーを押してリボンのタブを開きます。

  4. 左または右方向キーを押して、サウンドが、「データ] タブの [」次に、コントロール + オプション + 下方向キーデータ] タブの [オプション] を開きます。

  5. 転送オプション間を移動が聞こえるまで Tab キーを押し:「フィルター」にします。次に、[フィルター ] ダイアログ ボックスを開くには、Space キーを押します。

  6. フィルター オプションを参照] タブの [キーを押します。選択して[ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスを開くには、Space キーを押します。

  7. 選択したフィルターに使用できるオプションを参照] タブの [キーを押します。必要な抽出条件を入力するか、space キーを使用して、確認するか、必要に応じてオプションをオフにします。

  8. Tab キーを押して、サウンドが:「それでは、ボタンをクリックします」。Return キーを押します。サウンドが必要があります"フィルターが適用されます。"。

範囲と表のフィルター オプション

Excel 2016 for Macを使用し、ニーズに合わせてフィルターをカスタマイズすることができます一般的なフィルター オプションを適用することができます。

メインのフィルターの種類を選択すると、その特定のフィルターの使用可能なユーザー設定フィルターオプションを鳴らします。数値の範囲と色フィルター] の色のオプションとテキスト フィルターのテキスト、数値フィルター] のオプションが聞こえます。(数値、色、またはテキストのオプションは、フィルター処理するデータから取得)。

テキスト フィルター オプション

  • 等しい/等しくない:ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスに入力する正確なテキストの表示と非表示の列のデータをフィルター処理します。

  • 始まる/で終わる: で開始またはユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスに入力したテキストは正確に終了するデータを表示する列のデータをフィルター処理します。

  • 含まれている/が含まれていない:ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスに入力する正確なテキストが含まれるデータの表示と非表示の列のデータをフィルター処理します。

数値フィルター オプション

  • 等しい/等しくない:ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスに入力する正確な数値の表示と非表示の列のデータをフィルター処理します。

  • Than/Less の値より大きい:ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスで番号を入力したよりも大きいまたは小さい値を含むすべての数値を表示する列のデータをフィルター処理します。

  • : 特定の範囲内のすべての数値を表示する列のデータをフィルターは、ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスで 2 つのテキスト ボックスに入力します。

    注: このオプションを使用するには、範囲の開始番号を入力し、1 回、Tab キーを押し、範囲の最後の数値を入力します。

  • トップ 10: トップ 10 (上位または下位) 数値またはパーセンテージを表示する列のデータをフィルター処理します。このフィルターを使用するには、[トップテン フィルターを選択するのには、Space キーを押します。ダイアログ ボックスを開くと、サウンドが:「10 の編集について説明します」。このオプションは、最大の数値を自動的にフィルター処理します。

    注: 最小の値またはパーセンテージをフィルター処理する場合は、キーを押して] タブの [サウンドが:「上の編集可能なコンボ ボックス」。ポップアップ メニューを開きます。 コントロール + オプション + 下方向キーを押します。下向き矢印キーを押して、サウンドが:「下」にします。Space キーを押します。数値の代わりにパーセンテージをフィルター処理が聞こえるまで Tab キーを押し、:「割合] ラジオ ボタンです」。Space キーを押します。

  • Above/Below 平均: 数値よりも上または下にある列のすべての数値の平均値を表示する列のデータをフィルター処理します。

色フィルター オプション

  • フォントの色でフィルター: 選択した特定のフォントの色で記述されたデータを含むセルを含めます] 列のデータをフィルター処理します。ダイアログ ボックスを開くときに、列に表示される最初のフォントの色を表す数値 (RGB の値) が聞こえます。使用し、[上下の矢印を使用できる色を切り替えるには、キーを押してコントロールと space キーを目的の色を選択します。

  • セルの色でフィルター: 特定の色で塗りつぶされているセルを含めます] 列のデータをフィルター処理します。ダイアログ ボックスを開くときに、列に表示される最初のセルの色の RGB の値が聞こえます。使用し、上下の矢印を使用できる色を切り替えるには、キーを押してコントロールと space キーを色を選択します。

  • 自動: Excel 2016 for Macを既定フォントの色、黒いで記述されたデータを含むセルを表示するには、このオプションを選択します。

  • 塗りつぶしなし: ユーザー設定の背景色のないセルを表示するには、このオプションを選択: 既定白い背景を入りのセルが表示されます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Excel ブックを印刷するには

Excel 2016 for Mac のキーボード ショートカット

Excel 2016 for Mac でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

Voiceover を利用、組み込みの iOS スクリーン リーダーで、セル範囲またはテーブルのデータを並べ替えるExcelを使用します。データの並べ替え、整理および検索するデータが入力役立ちます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカット キーについては、「Excel for iPhone で外付けキーボードを使う」または「Excel for iPad で外付けキーボードを使う」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

  1. テーブルまたはデータ範囲を含むワークシート、テーブルの列または並べ替えの基準にデータを含むシートの列の任意の場所にフォーカスを置きます。

  2. 「リボンを表示」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで右へスワイプ ブックのタイトル バーにフォーカスを移動する 4 本の指で画面の上部をタップします。現在のタブのなど「ホーム] タブ」の名前を聞く

  3. タブの [メニューを開き、右または左にスワイプするが聞こえるまでに画面を 2 回タップ「データ,] タブの [」と、画面を 2 回タップします。

  4. アルファベット順または数値のデータを並べ替えるが聞こえるまで右にスワイプして「昇順の並べ替え、ボタン」または「降順の並べ替え、ボタン、」とするには、画面を 2 回タップし、によってします。テーブルまたはデータの範囲に並べ替えられます。データがアルファベット順に並べ替えられた場合は、[アクティブ] 列には、テキストのみ、または文字列と数値の組み合わせが含まれている、. 値によるデータの並べ替え、[アクティブ] 列に数値のみが含まれている場合。データの並べ替えから最小値から昇順で並べ替え]を選択する場合は、最大値と最大値から最小の降順で並べ替えを選んだ場合にします。

  5. リボンを終了し、ワークシートにフォーカスを戻す、スワイプ左が聞こえるまで「リボンを非表示にする、ボタン、」と画面を 2 回タップします。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Excel ブックを印刷するには

Excel for iPad で外付けキーボードを使う

Excel for iPhone で外付けキーボードを使う

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

Excel for Androidでは、Android の組み込みスクリーン リーダーである TalkBack を使用して、テーブルの並べ替えやフィルター処理を行うことができます。並べ替え機能は、データの整理と分析に役立ちます。特にワークシートに大量のデータが含まれている場合、データをフィルター処理すると便利です。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

Excel でデータを並べ替える

Excel ワークシートのテキストと数値データを並べ替え、テキストを A から Z、または Z から A に、数値を昇順または降順、日付と時刻を古いものから新しいもの、または新しいものから古いものなど、特定の順序に変更することができます。

注: データをソートすると、元の順序を復元することはできません。

  1. Excel シートの任意の場所をタップします。TalkBack で選択したセルが読み上げられます。

  2. 並べ替える列に移動するまで、左または右にスワイプします。ダブルタップして、選択箇所をアクティブにします。

  3. タッチして詳細を確認するには、TalkBack で、"その他のオプション ボタン。" と読み上げられるまで、画面の上部で 1 本の指をゆっくりドラッグします。ボタンがフォーカスされ、指を離すとことができます。

  4. ボタンをアクティブにするには、画面の任意の場所をダブルタップします。TalkBack で、"タブ メニュー、[ホーム] が選択済み。" と読み上げられます。画面の下部で、リストの最後に到達するまで 2 本の指を上に繰り返しスワイプします。スワイプすると、TalkBack でサウンドが再生され、リストの最後に到達すると、無音のままになります。

  5. 画面の下部で 1 本の指をドラッグして、リストの詳細を確認します。指をドラッグすると、TalkBack でリスト アイテムが読み上げられます。

  6. TalkBack で “並べ替えとフィルター” と読み上げられたら、指を離し、画面をダブルタップします。

  7. 画面の下部で 1 本の指をドラッグして、リストの詳細を確認します。指をドラッグすると、TalkBack でリスト アイテムが読み上げられます。

    • A から Z、または最大値、最小の英数字データの並べ替えや日付とそれ以前のバージョンを後から時刻を並べ替えるには、昇順で並べ替え]を選択します。TalkBack 通知:「並べ替え昇順、オフの切り替え」します。

    • [降順で並べ替えをデータを並べ替える英数字 z から A へまたは最大値から最小値、または並べ替えの日付と時刻後に以前のバージョンを選択します。Talkback 通知:「降順の並べ替え、オフの切り替え」。

    必要なオプションを確認した場合、指を取り出し、し、2 回タップします。アイテムが適切に並べ替えられます。

  8. ワークシートに戻るが聞こえるまで右にスワイプして:「その他のオプションのスイッチを確認します」。[その他のオプション] ボタンが選択されますが、製品のライセンス認証を 2 回タップします。

セルの範囲を並べ替える

ブックに空白セルがある場合は、最初に範囲を選択して、その範囲を並べ替えることができます。

  1. ブックでの TalkBack で、"その他のオプション ボタン。" と読み上げられるまで、画面の上部で 1 本の指をゆっくりドラッグします。ボタンがフォーカスされ、指を離すとことができます。

  2. ボタンをアクティブにするには、画面の任意の場所をダブルタップします。TalkBack で、"タブ メニュー、[ホーム] が選択済み。" と読み上げられます。

  3. 画面の下部で、リストの最後に到達するまで 2 本の指を上に繰り返しスワイプします。スワイプすると、TalkBack でサウンドが再生され、リストの最後に到達すると、無音のままになります。

  4. 画面の下部で 1 本の指をドラッグして、リストの詳細を確認します。指をドラッグすると、TalkBack でリスト アイテムが読み上げられます。

  5. TalkBack で “データ範囲の選択” と読み上げられたら、指を離し、画面をダブルタップします。

  6. [選択セルまたはセル範囲] ダイアログ ボックスが開き、[範囲] フィールドにフォーカスがあります。"A1: c15"など、選択する範囲を入力します。TalkBack「[OK] ボタン」の通知が聞こえるまで画面上に指をドラッグします。ダブルタップして、指を取り出します。範囲が選択されます。

  7. TalkBack で、"その他のオプション ボタン。" と読み上げられるまで、画面の上部で 1 本の指をドラッグします。指を離してダブルタップし、ボタンをアクティブにします。

  8. アイテム上で 1 本の指をドラッグして、画面の下部でリストの詳細を確認します。TalkBack で “並べ替えとフィルター” と読み上げられたら、指を離し、画面をダブルタップします。

  9. 画面の下部で 1 本の指をドラッグして、リストの詳細を確認します。指をドラッグすると、TalkBack でリスト アイテムが読み上げられます。

    • A から Z、または最大値、最小の英数字データの並べ替えや日付とそれ以前のバージョンを後から時刻を並べ替えるには、昇順で並べ替え]を選択します。TalkBack 通知:「並べ替え昇順、オフの切り替え」します。

    • [降順で並べ替えをデータを並べ替える英数字 z から A へまたは最大値から最小値、または並べ替えの日付と時刻後に以前のバージョンを選択します。Talkback 通知:「降順の並べ替え、オフの切り替え」。

    必要なオプションを確認した場合、指を取り出し、し、2 回タップします。アイテムが適切に並べ替えられます。

データの書式設定

並べ替え時に適切な結果を得るには、データをもう一度書式設定する必要がある場合があります。

  1. 書式設定するセルまたは列に移動します。ダブルタップして、選択箇所をアクティブにします。

  2. タッチして詳細を確認するには、TalkBack で、"その他のオプション ボタン。" と読み上げられるまで、画面の上部で 1 本の指をゆっくりドラッグします。ボタンがフォーカスされ、指を離すとことができます。

  3. ダブルタップ任意の場所、ボタンをアクティブにする画面にします。TalkBack 通知:「] タブのメニューの [ホームを選択します」。画面の下の部分で一覧をスクロールする 2 本の指で上にスワイプします。

  4. 画面の下部で 1 本の指をドラッグして、リストの詳細を確認します。指をドラッグすると、TalkBack でリスト アイテムが読み上げられます。

  5. TalkBack で “[番号書式] メニュー” と読み上げられたら、指を離し、画面をダブルタップします。

  6. 画面の下部で 1 本の指をドラッグして、リストの詳細を確認します。指をドラッグすると、TalkBack でリスト アイテムが読み上げられます。

    次の書式から選択することができます。標準数値通貨会計日付時刻パーセンテージ分数指数文字列、およびその他。使用する書式が見つかったら、指を離し、ダブルタップして適用します。

並べ替えの問題を解決するヒント

データを並べ替えたときに予期しない結果になった場合は、以下を確認します。

  • 並べ替えたデータに 1 つ以上の数式が含まれている場合、ワークシートを再計算したときにそれらの数式の戻り値が変更されることがあります。この場合、必ず最新の結果が得られるようにもう一度並べ替えてください。

  • 非表示の列は列を並べ替えたときに移動されず、非表示の行は行を並べ替えたときに移動されません。データを並べ替える前に、非表示の列と行を再表示することをお勧めします。再表示するには、Excel ブックで次の操作を行います。

    1. 行または列を非表示の列または行の横にあるに移動します。TalkBack 通知:「の右側に非表示のセルです」。

    2. 指をドラッグして、列ヘッダーまで上へ移動するか、または行番号まで左へ移動し、指を離します。ダブルタップして、列または行全体を選択します。

    3. もう一度ダブルタップして、メニューを開きます。

    4. “[再表示] ボタン。” と読み上げられるまで右にスワイプします。ダブルタップして再表示します。TalkBack でブックの現在の場所と、列または行が再表示されたことが読み上げられます。

  • 電話でロケールの設定を確認します。結果の並べ替えは、ロケールの設定によって異なる場合があります。

表のデータをフィルター処理する

Excel の表にデータを挿入すると、フィルターを使用して、条件に一致する値をすばやく見つけることができます。

  1. Excel で、表に到達するまで画面上で指をドラッグします。TalkBack で選択したセルが読み上げられます。

  2. フィルター処理を行う表のヘッダーに移動するまで、左または右にスワイプします。また、画面上で指をドラッグさせて、ヘッダーを見つけることもできます。

  3. TalkBack で次のように読み上げられるまで、画面の上部で 1 本の指をゆっくりドラッグします。"その他のオプション ボタン。" と読み上げられるまで、画面の上部で 1 本の指をゆっくりドラッグします。ボタンがフォーカスされ、指を離すとことができます。

  4. ボタンをアクティブにするには、画面の任意の場所をダブルタップします。TalkBack で、"タブ メニュー、[ホーム] が選択済み。" と読み上げられます。画面の下部で、リストの最後に到達するまで 2 本の指を上に繰り返しスワイプします。スワイプすると、TalkBack でサウンドが再生され、リストの最後に到達すると、無音のままになります。

  5. 画面の下部で 1 本の指をドラッグして、リストの詳細を確認します。指をドラッグすると、TalkBack でリスト アイテムが読み上げられます。

  6. TalkBack で “並べ替えとフィルター” と読み上げられたら、指を離し、画面をダブルタップします。

  7. 画面の下部で、1 本の指をドラッグして一覧を示します。Talkback は、指をドラッグすると、リスト アイテムを発表します。フィルター ボタンを表示するメッセージが表示されたら、本の指で取り出し、2 回タップします。

  8. ワークシートに戻るには、TalkBack でテーブルのヘッダーと読み上げられるまで、画面の上部で指をドラッグします。

  9. [フィルター] ボタンに達するまで右 1 回をスワイプします。TalkBack、場所を次のような通知:「列に 0 を行のゼロのヘッダー、フィルターを適用しない」します。スワイプすると、次のアイテムに移動します。TalkBack 通知:「フィルターが適用されます」。ダブルタップして、指を取り出します。

  10. 並べ替えとフィルター ] メニューを開きます。「フィルターのアイテム] ボタン、」と画面を 2 回タップを発表する TalkBack まで右へスワイプします。検索フィールドには、フォーカスがあります。ダブルタップしての検索フィールドには、ライセンス認証を行うと、画面の下部にしてキーボードを表示します。

  11. スクリーン キーボード上で指をドラッグし、フィルター処理の条件を入力します。

  12. 完了したら、TalkBack で正しい条件が読み上げられるまで、画面の上部で指をドラッグします。指を離し、ダブルタップして選択します。

  13. TalkBack で [完了] ボタン (右上隅) と読み上げられるまで、画面上で指をドラッグします。指を離してダブルタップします。

  14. [アイテムのフィルター] メニューが閉じられ、選択したフィルター条件が適用された表に戻ります。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Excel のワークシートにテーブルを挿入する

Excel for Android で外付けキーボードを使う

Excel でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

外付けキーボードとナレーター、組み込みの Windows スクリーン リーダーを使用して範囲またはテーブルのデータをフィルター処理をWindows Phone 10 用 Excelを使用します。特定のデータのセットに集中するデータを支援をフィルターするには、これは大きなワークシートで特に役立ちます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Windows 10 版の Excel Mobile で外付けキーボードのショートカット キーを使う」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、Windows Phone でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、タブレットまたは PC では異なる場合があります。

この記事の内容

範囲内のデータにフィルターを適用する

  1. フィルターを適用するデータの範囲を選択します。

  2. フィルターと並べ替え] メニューのドロップダウン矢印を選択した各列の最初の行に配置するには ctrl キーと shift キーを押しながら L キーを押します。アクティブ セルと「フィルターが適用されます」の列と行番号のドロップダウン メニューの矢印が表示されたら、サウンドが

  3. データにフィルターを適用する過程は、ドキュメントの見出しの状態によって変わります。

    • 選択した各列に見出しのテキストが含まれている場合は、データをフィルター処理するのには、次の表のデータをフィルター ] セクションの最初の手順に進みます。

    • 選択した列には、ヘッダーのテキストは含まれていない場合、は、各列のデータをフィルター処理、フィルターと並べ替え] メニューを使用する前にデータ テーブルの最初にする必要があります、

    注: 選択したデータに見出しがなく、表にデータを置かない場合、選択されている各列の最初のセルが見出しとして扱われます。フィルターにはそれらのセルのデータが含まれません。

表にデータを配置する

  1. フィルターを適用するデータを選択します。

  2. テーブルの作成] ダイアログ ボックスを開くに ctrl キーを押しながら L キーを押します。「テーブルを作成する」とすると、選択したセルの範囲が聞こえます。選択したセルの範囲が正しいことを確認します。

  3. 表にデータを配置する過程は、ドキュメントの見出しの状態によって異なります。

    • データに見出しがない、単に Enter キーを押して、データを配置するテーブルの作成] ダイアログ ボックスを開いた後します。

    • データに見出しがある場合は、「オフ テーブルの見出し] チェック ボックス」が聞こえるまで Tab キーを押しチェック ボックスをオン、し、enter キーを押して、データを配置するには、Space キーを押します。

    注: テーブルに見出しがない、 Windows Phone 10 用 Excelは、最初の行のテキストのプレース ホルダーを挿入して作成します。既定のプレース ホルダーのテキストは、列 1、列 2、3 の列などができます。方向キーを使用して、適切なセルに移動して、新しいヘッダー名を入力することは、ヘッダーのテキストの名前を変更します。

表のデータにフィルターを適用する

  1. フィルターを適用する列の見出しセルを選択します。列の文字、行の番号、セルの内容が読み上げられ、"選択済み、編集可能" と "フィルターが適用されていません、メニュー項目" と読み上げられます。

  2. フィルターと並べ替えのドロップダウン メニューを表示、alt キーを押しながら下方向キーを押します。メニューにアクセスする見出しのセルの右上隅で、矢印を選択することもできます。サウンドが「カスタム コントロール」のメニューを開くとします。

  3. P ress、データに適用するフィルターが聞こえるまでサブメニューの下向き方向キーを押しながら Enter を押します。フィルター オプションを含むユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスが開きます。[ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスのフィールド間を移動する] タブの [キーを押します。

  4. データをフィルター処理する下向き方向キーを押してフィルターと並べ替え] メニューで「テキスト フィルター」が聞こえるまでまたは「数値フィルター」です。テキストのみまたは文字列と数値の組み合わせがアクティブな列のデータが含まれている場合は、[メニューテキスト フィルターオプションがあります。列のデータに数値のみが含まれている場合は代わりに、メニューの[数値フィルターオプションです。色によるフィルターまたは色で並べ替えを並べ替えまたはフィルターするデータがある場合に色付きのフォントが含まれているか、セルがさまざまな色を採用するかどうかもできます。選択した後、サブメニューが表示されます。

    注: アルファベット順の昇順で列のデータを並べ替えるには、キーを押して、下向き矢印キーが聞く「[A に降順」、Enter キーを押します。アルファベットの降順"並べ替え Z の A"を再生し、Enter キーを押します、下向き矢印キーを押して、データを並べ替えます。作業中の列にテキストのみが含まれている場合、アルファベット順に並べ替えるには、オプション、または文字列と数値の組み合わせがあります。昇順で数値の列のデータを並べ替えるには、キーを押して、下向き矢印キーが聞く「最小に最大値、」Enter キーを押します。「最大値に含まれる最小、」再生し、Enter キーを押して、下向き矢印キーを押しで降順に数値のデータを並べ替えます。作業中の列に数値のみが含まれている場合、数値順に並べ替えることがあります。

表のフィルター オプション

テキスト フィルター オプション

  • 等しい-ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスに入力する正確なテキストを表示する列をフィルターします。

  • 等しくない-ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスで入力したテキストを除くすべてのアイテムを表示する列をフィルターします。

  • 列の値で始まるのフィルターが始まるユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスに入力したテキストは正確にデータを表示します。テキストの末尾ことができます。

  • で終わる-ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスに入力したテキストは正確に終了するデータを表示する列をフィルターします。テキストの先頭ことができます。

  • 含まれる-ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスに入力する正確なテキストが含まれるデータを表示する列をフィルターします。

  • が含まれていない ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスで入力したテキストが含まれていないデータを表示する列をフィルターします。

  • [ユーザー設定フィルターのでは、ドロップダウン メニューからのデータに適用するフィルターを選択することができます。このオプションを使用するには、最初にフィルターを適用するテキストを入力してください。次に、Tab キーを押して「編集可能なコンボ ボックス」を聞くドロップダウン メニューを表示するには、alt キーを押しながら下方向キーをキーを押します。下向き方向キーを使用して、必要なフィルターを選択し、Enter キーを押します。サウンドが「フィルターの適用」アクションが完了します。

数値フィルター オプション

  • 等しい-ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスに入力する正確な数値を表示する列をフィルターします。

  • 等しくない-ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスに入力する正確な数値を除くすべての数値を表示する列をフィルターします。

  • より大きい-ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスで番号を入力したよりも大きい値を含むすべての数値を表示する列をフィルターします。

  • より小さい-ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスで番号を入力したよりも小さい値を含むすべての数値を表示する列をフィルターします。

  • の特定の範囲内のすべての数値を表示する列をフィルターします。2 つの指定されたユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスで範囲を入力します。

  • トップ 10 - 上位または下位の数値または割合で数値を表示する列をフィルターします。アクティブ セルと「10 の編集に焦点」の名前を聞く] ダイアログ ボックスを開くとします。トップ 10 数値 (アイテムと呼ばれる)] をダイアログ ボックスの既定値は、任意の値にこの番号を変更することができます。数値の代わりにパーセンテージをフィルターするには、Tab キーを押してする「項目」を聞く alt キーを押しながら下方向キーを押します。下向き矢印キーを押します。「パーセンテージ」が聞こえたら、Enter キーを押します。下の値またはパーセンテージをフィルター処理] タブの [「上の編集可能なコンボ ボックス」が聞こえるまでAlt キーを押しながら下方向キーを押します。「下」を選択し、Enter キーを押して、下向き矢印キーを押します。

  • 平均より上の列のすべての数値の平均値を超える数値を表示する列をフィルターします。

  • 平均より下の [colu のすべての数値の平均値の下にある番号を表示する列をフィルター

  • フォントの色でフィルター - サブメニューの [フォントの色を表示するアクティブな列をフィルターします。、、[メニューを開くときにすぐに、列の最初のフォントの色の RGB の値を鳴らします。Enter キーを押すと、この色を選択するか、下向き矢印キーを押して、目的の色の RGB の値のサウンドがします。

  • セルの色でフィルター - サブメニューから選択したセルの色を表示するアクティブな列をフィルターします。、、[メニューを開くときにすぐに、列の最初のセルの色の RGB の値を鳴らします。Enter キーを押すと、この色を選択するか、下向き矢印キーを押して、目的の色の RGB の値のサウンドがします。

  • 自動で Excel の既定フォントの色、黒いが含まれるセルを表示するアクティブな列をフィルターします。

  • 塗りつぶしなしの色のないセルを表示するアクティブな列をフィルターします。これらのセルは、Excel の既定の白い背景色と黒のフォントに機能します。

[色で並べ替え] オプション

  • セルの色で並べ替えのセルの色でアクティブな列を並べ替えます。このオプションは、セルの列の 1 番目のサブメニューから選択した色の特徴を配置します。

  • フォントの色で並べ替えのフォントの色で並べ替えアクティブ] 列のセルです。このオプションは、セルの列を選択するフォントの色を入りを配置します。

  • 自動: Excel の既定フォントの色、黒、列の最初のセルを場所です。

  • ユーザー設定の並べ替えで自由にデータを並べ替えるには、このオプションを使用します。たとえば、並べ替えることができますアルファベット順に最初に、数値を指定して、[し、フォントの色、[セルの全員

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Excel ブックを印刷するには

Windows 10 版の Excel Mobile で外付けキーボードのショートカット キーを使う

Excel でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

キーボードと JAWS など、組み込みの Windows スクリーン リーダーのナレーターのスクリーン リーダーを配置し、テーブル内のデータをフィルター処理するExcel Onlineを使用します。特定のデータのセットに集中するデータを支援をフィルターするには、これは大きなワークシートで特に役立ちます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Excel Online のショートカット キー」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • Excel Online を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。Excel Online は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。また、F1 キー (ヘルプ) や Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Excel Online には適用されません。

この記事の内容

表にデータを配置する

  1. フィルターを適用するデータを選択します。

  2. テーブルの作成] ダイアログ ボックスを開くに ctrl キーを押しながら L キーを押します。「[OK] ボタンの対象とテーブルを作成] ダイアログ」を再生する必要があります。

  3. テーブルが存在しない場合、ヘッダーだけで、[テーブルの作成] ダイアログ ボックスを開いた後 Enter キーを押します。

  4. テーブルに見出しがある場合は、「オフ テーブルの見出し] チェック ボックス」が聞こえるまで Tab キーを押しチェック ボックスをオン、し、Enter キーを押して、space キーを押します。

    テーブルに見出しが含まれていない場合Excel Onlineは、最初の行のテキストのプレース ホルダーを挿入して作成します。既定のプレース ホルダーのテキストは、列 1、列 2、3 の列などができます。クリックして名前を入力すると、ヘッダーのテキストの名前を変更します。

表のデータにフィルターを適用する

  1. フィルターを適用する列の見出しセルを選択します。

  2. フィルターと並べ替えドロップダウン メニューを開く、alt キーを押しながら下方向キーを押します。メニューにアクセスする見出しのセルの右側にある矢印を選択することもできます。

  3. キーを押して、下向き矢印キーが「テキスト フィルター」または「数値フィルター]」を聞くサブメニューにアクセスして、Enter キーを押します。列にテキストまたはテキストと数字の組み合わせのみが含まれている場合は、「テキスト フィルター」を鳴らします。列には、数値のみが含まれている場合は、「数値フィルター」を鳴らします。

  4. フィルター、データに適用し、Enter キーを押して目的の名前が聞こえるまで、サブメニューの下向き矢印キーを押します。フィルター オプションごとに、 [ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスが開きます。「の編集] ダイアログ ユーザー設定フィルターのフォーカス」のサウンドが] ダイアログ ボックスが開きとサウンドが「フィルターの適用」アクションが完了します。

    [ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックス、またはオプション ボタンを含むフィールド間を移動する] タブの [キーを押します。

  5. 適用したフィルターをオフには、最初にリセットする列の見出しのセルを選択します。セル A1 を選択する場合、たとえば、] ドロップダウン メニューを公開し、「クリア フィルター 1 列目から」が聞こえるまでに下方向キーを押して、alt キーを押しながら下方向キーを押しますEnter キーを押します。サウンドが「フィルター適用なし」アクションが完了するとします。「列 1」の代わりに、ヘッダーの名前を聞く場合は、セル A1 のヘッダー テキストの名前を変更します。

表のフィルター オプション

数値フィルター オプション

  • 等しい-ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスに入力する正確な数値を表示する列をフィルターします。

  • 等しくない-ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスに入力する正確な数値を除くすべての数値を表示する列をフィルターします。

  • より大きい-ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスで番号を入力したよりも大きい値を含むすべての数値を表示する列をフィルターします。

  • より小さい-ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスで番号を入力したよりも小さい値を含むすべての数値を表示する列をフィルターします。

  • の特定の範囲内のすべての数値を表示する列をフィルターします。2 つの指定されたユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスで範囲を入力します。

  • トップ 10 - 上位または下位の数値または割合で数値を表示する列をフィルターします。アクティブ セルと「10 の編集に焦点」の名前を聞く] ダイアログ ボックスを開くとします。トップ 10 数値 (アイテムと呼ばれる)] をダイアログ ボックスの既定値は、任意の値にこの番号を変更することができます。数値の代わりにパーセンテージをフィルター処理するには、「項目」を再生し、alt キーを押しながら下方向キーを押して] タブの [キーを押します。キーを押して、下向き矢印キーが「パーセンテージ」を聞く Enter キーを押します。下部の数値またはパーセンテージを抽出するには、「上の編集可能なコンボ ボックス」が聞こえるまでに Tab キーを押しAlt キーを押しながら下方向キーを押します。「下」を選択し、Enter キーを押して、下向き矢印キーを押します。

  • 平均より上の列のすべての数値の平均値を超える数値を表示する列をフィルターします。

  • 平均より下の列のすべての数値の平均値の下にある番号を表示する列をフィルターします。

  • [ユーザー設定フィルターのドロップダウン メニューから数値データに適用するフィルターを選択するには、このオプションを使用します。このオプションを使用するのには、最初にダイアログ ボックスにフィルターを適用する数値を入力してください。次に、Tab キーを押して「編集可能なコンボ ボックス」を聞くドロップダウン メニューを表示するには、alt キーを押しながら下方向キーをキーを押します。下向き方向キーを使用して、必要なフィルターを選択し、Enter キーを押します。サウンドが「フィルターの適用」アクションが完了します。

テキスト フィルター オプション

  • 等しい-ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスに入力する正確なテキストを表示する列をフィルターします。

  • 等しくない-ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスで入力したテキストを除くすべてのアイテムを表示する列をフィルターします。

  • 列の値で始まるのフィルターが始まるユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスに入力したテキストは正確にデータを表示します。テキストの末尾ことができます。

  • で終わる-ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスに入力したテキストは正確に終了するデータを表示する列をフィルターします。テキストの先頭ことができます。

  • 含まれる-ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスに入力する正確なテキストが含まれるデータを表示する列をフィルターします。

  • が含まれていない ユーザー設定フィルター ] ダイアログ ボックスで入力したテキストが含まれていないデータを表示する列をフィルターします。

  • [ユーザー設定フィルターのでは、ドロップダウン メニューからのデータに適用するフィルターを選択することができます。このオプションを使用するには、最初にフィルターを適用するテキストを入力してください。次に、Tab キーを押して「編集可能なコンボ ボックス」を聞くドロップダウン メニューを表示するには、alt キーを押しながら下方向キーをキーを押します。下向き方向キーを使用して、必要なフィルターを選択し、Enter キーを押します。サウンドが「フィルターの適用」アクションが完了します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して検索および置換する Excel のデータ

Excel Online のショートカット キー

Excel でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

アクセシビリティの高い Excel スプレッドシートを作成する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×