Excel での完全なまたは標準画面の表示に切り替える

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

重要: 全画面表示オプションは、Excel 2013 以降のバージョンでは使用できません。ただし、Excel で画面領域を最大化するためには、常にリボン、タブ、またはコマンドを非表示にすることができます。詳細については、「Office のリボンの表示/非表示の切り替え」を参照してください。

より多くのデータが画面に表示されるようにするには、一時的に全画面表示に切り替えます。全画面表示では、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのリボン、数式バー、およびステータス バーが非表示になります。非表示の要素に再びアクセスするには、標準表示に戻す必要があります。

  • 全画面表示に切り替えるには、[表示] タブの [ブックの表示] で [全画面表示] をクリックします。

  • 標準表示に戻すには、ワークシート内の任意の場所を右クリックし、[全画面表示を閉じる] をクリックします。

キーボード ショートカット

Excel 2007 または 2010 では、esc キーを押します。Excel 2013 または 2016 である場合は、ctrl キーを押しながら f1 キーを押します。

引き続き表示されない場合すべてよいですか。Alt キーを押しながら SPACE キーを押して、[最大化を選択します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×