Excel での取得と変換の概要

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Excel の [取得と変換] を使用すると、データソースを検索し、接続を作成し、必要に応じてデータを図形(列を削除したり、データ型を変更したり、テーブルを結合したりするなど) を行うことができます。データを整形したら、結果を共有したり、クエリを使用してレポートを作成したりすることができます。

Power Query の一般的な手順

これらのステップを順に見ていくと、多くの場合、次のような処理が行われます。

  • 接続 – クラウド内、サービス内、またはローカルに存在するデータに接続する

  • 変換 – 目的に応じてデータを整理する。元のソースは変更されない

  • 結合 - 複数のデータ ソースからデータ モデルを作って、データに対する独自のビューを作成する

  • 共有 – クエリが完了したら、それを保存、共有、またはレポートに使用できる

データに接続したり、変換したり、他のデータソースと結合したりするたびに、 Query Editorと呼ばれるGet & transformの機能によって各ステップが記録され、必要に応じて変更することができます。クエリエディターでは、元に戻す、やり直す、注文を変更したり、ステップを変更したりすることもできます。これにより、接続されているデータのビューを思い通りの形にすることができます。

Get & Transformを使用すると、必要に応じてシンプルまたは複雑なクエリを作成できます。クエリに手順を追加すると、クエリエディターはバックグラウンドで動作し、コマンドを実行する一連の命令を作成できます。これらの手順は、M 言語で作成されます。データスクリプトの威力と柔軟性を享受しているユーザーは、高度なエディターを使用して、M 言語クエリを手動で作成または変更できます。クエリエディター高度なエディターについては、この記事の後半で詳しく説明します。

新しいクエリを開始するには、[データ] タブの [データの取得]、[データソースの選択] の順にクリックします。[データの取得] ボタンが表示されない場合は、[データ] タブの [新しいクエリ] をクリックします。データベースソースから選択する例を次に示します。

データベースからの取得と変換のオプション

注: power Queryは、以前のバージョンの Excel のアドインとしても、 power BIにも使用できます。以前のバージョンの Excel でpower queryの動作を確認するには、「 power query の概要」をご覧ください。

Connect

クエリを使用して、 Accessデータベースなどの1つのデータソースに接続することも、複数のファイル、データベース、OData フィード、または Web サイトに接続することもできます。その後、独自の組み合わせを使用してこれらのすべてのソースをまとめて表示し、それ以外の場合は見ていない可能性がある洞察を明らかにすることができます。

[データ] タブの [取得と変換] セクション ([ データの取り込み] ボタンが表示されていない場合は新規クエリ) から [データの取得] を選択すると、Excel ブックなどのファイルを含む多くのデータソースが表示されます。 または CSV ファイル、 Accessなどのデータベース、SQL ServerOracleMySQLHDInsightBlob ストレージなどのAzure services、 Webなどのその他のあらゆるソースSharePoint リストHadoop ファイルFacebookSalesforce、その他。

注: ここでは、Excel のバージョンで使用できるデータソースについて説明します。ここで、「 Get & Transform (Power Query)」を参照してください。

データソースに接続すると、[取得と変換] に [ナビゲーター ] ウィンドウが表示され、ソースからデータを編集できます。[ナビゲーター ] ウィンドウから [編集] を選択すると、[ Get & Transform ] は、データ接続と適用した変換を容易にして表示する専用のウィンドウであるクエリエディターを起動します。次のセクション「変換」では、クエリエディターについての詳細情報を提供します。

変換

Get & Transform を使うと、データ ソースからのデータを、分析しやすいように変換できます。データの変換とは、目的に合うようにデータを何らかの方法で変更することです。たとえば、列の削除、データ型の変更、テーブルの結合などがデータの変換に該当します。データを変換すると、分析を進めるうえで必要な形にデータをまとめて変えることができます。1 つ以上のデータセットに変換を適用するプロセスは、通常、データの整理と呼ばれます。

Excel では、専用のクエリエディターを使用して、データの変換を容易にして表示します。[データ]、[データの取得] の順に選んでから、ブックなどのデータソースを選ぶか、データベースを選択すると、[ナビゲーター ] ウィンドウが表示され、クエリで使用するテーブル (またはテーブル) を選択できるようになります。テーブルを選択すると、[ナビゲーター ] ウィンドウの右側のウィンドウにそのデータのプレビューが表示されます。

[取得と変換]、[Power Query] のナビゲーションウィンドウ

[読み込み] を選択すると、データソースはそのまま Excel に直接取り込まれます。[編集] を選択すると、クエリエディターが起動します。

Power Query Editor ウィンドウ

クエリエディターを使用すると、データに関するすべての情報が追跡されます。クエリエディターは、データに適用する各変換、またはステップを記録してラベルを付けます。変換がデータソースへの接続であるかどうかに関係なく、列、マージ、またはデータ型の変更を削除すると、クエリエディターは [クエリの設定] ウィンドウの [適用された手順] セクションで各操作を追跡します。

データ接続に適用する変換をまとめてクエリが形成されます。

クエリエディターで定義した操作が元のソースデータを変更しないことを知っておくことが重要です。代わりに、データを接続または変換するときに実行する各ステップを記録し、データのシェーピングが完了したら、洗練されたデータセットのスナップショットを取得してブックに挿入します。

データには、多くの変換を適用できます。クエリエディターの高度なエディターを使用して、M 言語を使用して独自の変換を記述することもできます。高度なエディターをクエリエディターの [ホーム] タブまたは [ビュー]で開くと、既存のクエリに関連付けられている M 言語の手順を変更したり、独自に作成したりすることができます。

M 言語編集を使用した Power Query Advanced Editor ウィンドウ

クエリの作成が完了したら、[ホーム] タブの [閉じる/読み込み] を選択し、クエリの結果を Excel に読み込んで、[新しいブック] タブで使用できるようにすることができます。

変換の詳細については、以下を参照してください。

共有する

クエリが含まれている Excel ブックを保存すると、クエリも自動的に保存されます。Excel ブック内のすべてのクエリを表示するには、[データ] タブの [クエリと接続] を選択します。

Power Query クエリと接続ウィンドウ

しかし、なぜそこに止まるのでしょうか?Power BI データカタログを使用すると、組織内のすべてのユーザーとクエリを共有することができます。または、頻繁に使用するクエリを作成し、複数のブックで使用して作業を保存します。Excel ブックを保存してメールで送信する代わりに、変更内容を把握したり、データが古いかどうかを確認したりする場合は、データカタログにクエリを保存します。[クエリと接続] ウィンドウでクエリを右クリックするだけで、メニューには、データカタログへの送信などのさまざまなオプションが用意されています。

Power Query > [オプションにエクスポート]

右クリックメニューのその他のオプションにも注目してください。クエリを複製すると、元のクエリを変更せずにクエリの一部またはすべての要素を変更できます。これは、カスタマイズされたデータセットを作成するために変更できるクエリテンプレートを作成するようなもので、小売用の1つのデータセット、卸用の他、他のインベントリ用と同じように、それらはすべて同じ data 接続に基づいています。

また、クエリを結合または追加すると、クエリを再利用可能な構成要素に変えることができます。

ブックを Power BI に公開したり、グループと共有したり、自動的に更新したり、洗練されたりすることができるオンラインレポートを作成することもできます。ブックを power bi に公開するには、[ファイル]、[発行]、[ power bi に公開] の順に選びます。

注: ブックを Power BI に公開するには、ブックを OneDrive for Business に保存する必要があります。

クエリが完了したら、そのクエリを使って Excel または Power BI でレポートを作成できます。Get & Transform 機能を使用してデータを思いどおりに整理して仕上げたすべての作業を活用できるレポート リソースの詳細については、次の各セクションを参照してください。

保存の詳細:

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×