EVEN 関数

指定した数値を最も近い偶数に切り上げた数値を返します。この関数は、2 個単位で扱われるアイテムを処理する場合に使用できます。たとえば、1 つまたは 2 つのアイテムを並べて入れられる梱包用の箱があるとします。この場合、アイテム数を偶数に切り上げると、アイテム数と箱の容量が一致するときに箱はいっぱいになります。

書式

EVEN(number)

数値    切り上げの対象となる数値を指定します

解説

  • number が数値以外の場合は、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • 絶対値で調整される場合、number の符号に関係なく値が切り上げられます。number が偶数の場合、切り上げは行われません。

使用例

数式

説明 (計算結果)

=EVEN(1.5)

1.5 を最も近い偶数の整数に切り上げます (2)

=EVEN(3)

3 を最も近い偶数の整数に切り上げます (4)

=EVEN(2)

2 を最も近い偶数の整数に切り上げます (2)

=EVEN(-1)

-1 を最も近い偶数の整数に切り上げます (-2)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×