EPC (イベントドリブンプロセスチェーン) 図を作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

EPC (イベントドリブンプロセスチェーン) 図は、ビジネスプロセスの作業フローを示しており、ビジネスエンジニアリングの SAP R/3 モデリング概念の重要なコンポーネントです。EPC 図では、グラフィカル記号を使用して、ビジネスプロセスの制御フロー構造をイベントと関数のチェーンとして表示します。Visio のEPC 図テンプレートを使用して、ビジネスプロセスの高度なビジュアルモデルを作成します。

EPC 図で使用される文書パーツは次のとおりです。

  • 関数 (図の基本的な構成要素)。各関数は、実行されたアクティビティに対応しています。

  • イベントは、関数が実行される前または後に発生します。関数はイベントによってリンクされます。

  • アクティビティとイベントを関連付けるコネクタ。コネクタには、and、or、排他的または (XOR) の3種類があります。

完了したら、SAP R/3 システムをモデリングするためのリファレンスとして EPC 図を使うことができます。

EPC (Event-Driven Process Chain、事象駆動プロセス連鎖) 図

EPC 図を作成する

  1. Visio を開きます。

  2. [ EPC 図] テンプレートから新しい図面を作成します。これは、[ビジネス] カテゴリにあります。

  3. [ EPC 図] 図形から、ビジネスプロセスを表す図形を図面ページにドラッグします。

  4. 図形を接続する:

    1. ステンシルから図面ページに図形をドラッグし、別の図形の近くに配置します。

      別の図形付近に配置した図形

    2. マウス ボタンを押したまま、ポインターを青い三角形のいずれかの上に移動します。三角形が濃い青色になります。

      青い三角形の 1 つの上にポインターがあり、三角形が濃い青色になります。

    3. マウス ボタンを放します。図形を図面ページに配置し、コネクタを追加して両方の図形に接着します。

      図形を図面ページに配置し、コネクタを追加して両方の図形に接着します。

      ヒント: コネクタの矢印の方向を逆にするには、[逆に終了] コマンドをクリックして、コネクタの両端を逆にすることができます。これを実行できるようにするには、最初に [逆終了] コマンドをリボンに追加する必要があります。詳細については、「コネクタの矢印の向きを反転する」を参照してください。

  5. 図形に文字列を追加するには、テキストを選択してから入力します。入力が終了したら、テキストブロックの外側をクリックします。

    注: 

    1. テキストを編集するには、図形をダブルクリックし、テキストを変更する場所にカーソルを置き、必要に応じて編集します。

    2. 図形をサポートまたは説明文書にハイパーリンクを作成するには、図形を右クリックし、[ハイパーリンク] を選択します。

    3. 複数の図形を縦または横に揃えるには、配置する図形を選択し、[ホーム] タブで [配置] をクリックしてオプションを選択します。

    4. 3つ以上の図形を定期的に配布するには、図形を選択し、[ホーム] タブの [位置] をクリックして、3つの [配布] オプションのいずれかを選択します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×