DURATION 関数

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

財務関数の 1 つで期間関数では、額面価格を $100 と仮定してに対する修正マコーレー デュレーションを返します。期間は、キャッシュ フローの現在価値の加重平均として定義され、収穫高の変更にデータの債券の価格の応答の測定値として使用されます。

書式

DURATION(受渡日, 満期日, 利率, 利回り, 頻度, [基準])

重要: DATE 関数を使用して、またはその他の数式または関数の結果として日付を入力する必要があります。たとえば、月、2018年の日付を文字列として DATE(2018,5,23) を使用します。日付を文字列として入力した場合、問題が発生することができます。

DURATION関数の書式には、次の引数があります。

  • 受渡日    必ず指定します。証券の受渡日を指定します。受渡日とは、発行日以降に証券が買い手に引き渡される日付です。

  • 満期日    必ず指定します。証券の満期日を指定します。満期日とは、証券の支払期日です。

  • 利率    必ず指定します。 証券の年利を指定します。

  • 利回り    必ず指定します。 証券の年間配当を指定します。

  • 頻度    必ず指定します。年間の利息支払回数を指定します。年 1 回の場合は頻度 = 1、年 2 回の場合は頻度 = 2、四半期ごとの場合は頻度 = 4 を指定します。

  • 基準    省略可能です。計算に使用する基準日数を示す数値を指定します。

基準

基準日数 (月/年)

0 または省略

30 日/360 日 (NASD 方式)

1

実際の日数/実際の日数

2

実際の日数/360 日

3

実際の日数/365 日

4

30 日/360 日 (ヨーロッパ方式)

解説

  • Excel は、計算で使用できるように、日付をシリアル値として格納されます。既定では、1900 年 1 月 1 日シリアル値 1,、2018 年 1 月 1日シリアル番号 43101、1900 年 1 月 1 日を 43,101 します。

  • 受渡日は、データの債券などの割引券を購入日です。満期日は、割引券の有効期限が切れる日付です。たとえば、30 年データの債券に発行された 2018 年 1 月 1日と 6 か月後に購入したとします。発行日、2018 年 1 月 1 日、受渡日は 2018 年 7 月 1日なり満期日で 2048 年 1 月 1日 2018 年 1 月 1日発行日から 30 年後であります。

  • 受渡日、満期日、頻度、基準に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。

  • 受渡日または満期日に無効な日付を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • 利率 < 0 または利回り < 0 の場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 頻度に 1、2、4 以外の数値を指定すると、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 基準 < 0 または基準 > 4 である場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 受渡日 ≧ 満期日である場合、エラー値 #NUM! が返されます。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

データ

説明

07/01/2018

受渡日

01/01/2048

満期日

8.0%

利率

9.0%

利回り

2

頻度 (年 2 回)

1

基準 (実際の日数/実際の日数)

数式

説明

計算結果

=DURATION(A2,A3,A4,A5,A6,A7)

上のデータの債券に対するデュレーションを求めます

10.9191453

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×