スキップしてメイン コンテンツへ

DateValue 関数

日付を表すバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) の値を返します。

構文

DateValue ( date )

必須の date引数 は通常、100 年 1 月 1 日~ 9999 年 12 月 31 日の範囲の日付を表す文字列式です。 ただし、date には、この範囲内の日付か時刻、またはその両方を表す任意の式を指定することもできます。

解説

date が有効な日付の区切り記号で分けられた数字のみが含まれる文字列の場合、DateValue は、システムに指定した短い形式の日付に基づき、月、日、年の順序を認識します。 DateValue は、完全形または省略形の月の名前を含む一義的な日付も認識します。 たとえば、12/30/1991 や 12/30/91 だけでなく、December 30, 1991 や Dec 30, 1991 も DateValue は認識します。

date の年部分が省略された場合、DateValue では、コンピューターのシステム日付の現在の年が使用されます。

date 引数に時刻情報が含まれる場合、DateValue はそれを返しません。 ただし、date に無効な時刻情報が含まれる場合 ("89:98" など)、エラーが発生します。

注: カレンダー プロパティの設定がグレゴリオ暦の場合、date ではグレゴリオ暦の日付を指定する必要があります。 カレンダーがイスラム暦の場合は、イスラム暦で日付を指定する必要があります。 指定された日付がイスラム暦の場合、引数 date は、1/1/100 (グレゴリオ暦の 718 年 8 月 2 日) から 4/3/9666 (グレゴリオ暦の 9999 年 12 月 31 日) までの日付を表す String となります。

クエリの例

結果

ProductSales の Expr1 として DateValue ([DateTime]) を選択します。

短い日付形式の "DateTime" フィールドの日付値を、時刻情報なしで返します。

Datevalue ([DateTime]) を NewDate として (ProductSales)、DateValue ([DateTime]) で ProductSales GROUP の CountOfDateTime として選択します。

短い日付形式の "DateTime" フィールドの日付値を、時刻情報なしで返します。

VBA の例

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、 DateValue関数を使用して文字列を日付に変換します。 日付リテラルを使用して、MyDate = #2/12/69 # などのように、バリアント型または日付型の変数に日付を直接割り当てることもできます。

Dim MyDate
MyDate = DateValue("February 12, 1969") ' Return a date.

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

関連項目

適切な日付関数を選択する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×