DatePart 関数

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

日付の指定した部分を含むバリアント型 (内部処理形式 IntegerVariant) の値を返します。

構文

DatePart ( interval, date [, firstdayofweek] [, firstweekofyear] )

DatePart 関数の構文には、次の引数があります。

引数

説明

interval

必須。返す時間間隔の文字列式です。

date

必須。評価するバリアント型日付の値です。

firstdayofweek

省略可能。週の始まりの曜日を表す定数です。省略すると、日曜日を指定したものと見なされます。

firstweekofyear

省略可能。年の第 1 週を指定する定数です。省略すると、1 月 1 日を含む週が第 1 週と見なされます。


interval 引数の設定は次のとおりです。

設定

説明

yyyy

q

四半期

m

y

年間通算日

d

w

平日

ww

h

n

s


firstdayofweek 引数の設定は次のとおりです。

定数

説明

vbUseSystem

0

NLS API の設定を使います。

vbSunday

1

日曜日 (既定)

vbMonday

2

月曜日

vbTuesday

3

火曜日

vbWednesday

4

水曜日

vbThursday

5

木曜日

vbFriday

6

金曜日

vbSaturday

7

土曜日


firstweekofyear 引数の設定は次のとおりです。

定数

説明

vbUseSystem

0

NLS API の設定を使います。

vbFirstJan1

1

1 月 1 日が含まれる週から開始します (既定)。

vbFirstFourDays

2

新年の少なくとも 4 日が含まれる最初の週から開始します。

vbFirstFullWeek

3

年の最初の完全な週から開始します。


解説

DatePart 関数を使用して、日付を評価し、特定の時間間隔を返すことができます。たとえば、曜日または現在の時間を計算するために、DatePart を使用する場合があります。

firstdayofweek 引数は、"w" および "ww" の間隔記号を使用する計算に影響します。

da te が日付リテラルの場合、指定した年はその日付の一部として恒久的に保存されます。ただし、date が二重引用符 (" ") で囲まれていて、年を省略した場合、日付式が評価されるたびに、現在の年がコードに挿入されます。これにより、別の年でも使用できるコードを記述することができます。

注: カレンダー プロパティの設定がグレゴリオ暦の場合、date ではグレゴリオ暦の日付を指定する必要があります。カレンダーがイスラム暦の場合は、イスラム暦で日付を指定する必要があります。

返された日付部分は、現在のアラビア語のカレンダーの時間単位になります。たとえば、現在のカレンダーがイスラム暦で、返される日付部分が年の場合、年の値はイスラム暦の年になります。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、DatePart 関数を使用して日付を取得し、その日付が含まれる四半期が示されます。

Dim TheDate As Date    ' Declare variables.
Dim Msg
TheDate = InputBox("Enter a date:")
Msg = "Quarter: " & DatePart("q", TheDate)
MsgBox Msg
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×