スキップしてメイン コンテンツへ

Date 関数

現在のシステムの日付を含むバリアント型 (内部処理形式 DateVariant) の値を返します。

構文

Date

解説

システムの日付を設定するには、Date ステートメントを使用します。

グレゴリオ暦で Date 関数を使用する場合、Calendar プロパティ設定によって Date$ の動作は変わりません。 イスラム歴の場合、Date$mm-dd-yyyy という形式の 10 文字の文字列を返します (mm (01-12)、dd (01-30)、および yyyy (1400-1523) はイスラム歴の月、日付、年です)。 グレゴリオ歴の対応する範囲は 1980 年 1 月 1 日から 2099 年 12 月 31 日です。

クエリの例

結果

Date () を Date () によってグループから Expr1 として選択します。

現在のシステムの "date" を短い日付形式で返します。 結果: "dd/mm/yyyy"。

ProductSales の DaysSinceSale として、Date ()-[DateofSale] を選びます。

"DateofSale" フィールドの現在のシステム "日付" と "日付" の値の差を数値として返し、列 "DaySinceSale" に結果を表示します。

VBA の例

式で日付を使用する     式を使用できるあらゆる箇所で Date 関数を使用できます。 たとえば、フォームのテキスト ボックスの Control Source プロパティを次のように設定できます。

=Date()

フォーム ビューでフォームを開くと、テキスト ボックスに現在のシステムの日付が表示されます。

VBA コードで Date 関数を使う    

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、Date 関数を使用し、現在のシステムの日付を返します。

Dim MyDate
MyDate = Date ' MyDate contains the current system date.

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

関連項目

適切な日付関数を選択する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×