COUNTIFS 関数

COUNTIFS 関数は、複数の範囲のセルに条件を適用して、すべての条件が満たされた回数をカウントします。

お知らせで大きなインパクトを与える

これは、「高度な IF 関数」というトレーニング コースに含まれているビデオです。

書式

COUNTIFS (条件範囲 1, 検索条件 1, [条件範囲 2, 検索条件 2],…)

COUNTIFS 関数の書式には、次の引数があります。

  • 条件範囲 1    必ず指定します。 対応する条件による評価の対象となる最初の範囲を指定します。

  • 条件 1    必ず指定します。 計算の対象となるセルを定義する条件を数値、式、セル参照、または文字列で指定します。 たとえば、条件は 32、">32"、B4、"Windows"、または "32" のようになります。

  • 条件範囲 2, 条件 2,...    省略可能です。 追加の範囲と対応する条件です。 最大 127 組の範囲/条件のペアを指定できます。

重要: 各追加範囲は、"範囲 1" 引数と同じ数の行および列が設定されている必要があります。 範囲はお互いに隣接している必要はありません。

解説

  • それぞれの範囲の条件は、一度に 1 つのセルに適用されます。 関連する抽出条件を満たすすべての最初のセルの数が 1 ずつ増加します。 関連する抽出条件を満たすすべての 2 つ目のセルが 1 ずつ増加すると、もう一度すべてのセルが評価されるまで続けられます。

  • 条件の引数が空のセルへの参照であった場合、空のセルは 0 と見なされます。

  • 条件には、半角の疑問符 (?) または半角のアスタリスク (*) をワイルドカード文字として使用することができます。 ワイルドカード文字の疑問符は任意の 1 文字を表し、アスタリスクは 1 文字以上の任意の文字列を表します。 ワイルドカード文字ではなく、通常の文字として疑問符やアスタリスクを検索する場合は、その文字の前に半角のチルダ (~) を付けます。

使用例 1

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。 数式を選んで、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。 必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

営業担当者

達成した Q1 のノルマ

達成した Q2 のノルマ

達成した Q3 のノルマ

西脇

×

×

小田

×

須山

山本

×

数式

説明

結果

=COUNTIFS(B2:D2,"=はい")

西脇が Q1、Q2、Q3 の期間で販売ノルマを達成した回数を数えます (Q1 のみ)。

1

=COUNTIFS(B2:B5,"=はい",C2:C5,"=はい")

Q1 と Q2 の両方のノルマを何人の販売員が達成したか数えます (小田と須山)。

2

=COUNTIFS(B5:D5,"=はい",B3:D3,"=はい")

山本と小田が Q1、Q2、Q3 の期間で同じノルマを達成した回数を数えます (Q2 のみ)。

1

使用例 2

データ

 

1

5/1/2011

2

5/2/2011

3

5/3/2011

4

5/4/2011

5

5/5/2011

6

5/6/2011

数式

説明

結果

=COUNTIFS(A2:A7,"<6",A2:A7,">1")

セル A2 ~ A7 に 1 ~ 6 の数 (1 と 6 は除く) が含まれる回数を数えます。

4

=COUNTIFS(A2:A7, "<5",B2:B7,"<5/3/2011")

セル A2 ~ A7 で 5 未満の数字が含まれ、かつセル B2 ~ B7 で日付が 11/05/03 より前の行数を数えます。

2

=COUNTIFS(A2:A7, "<" & A6,B2:B7,"<" & B4)

前の使用例と同じですが、条件で定数の代わりにセル参照を使用しています。

2

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

COUNTA 関数を使用して、空ではないセルを数えます。

COUNTIF 関数を使用して、1 つの検索基準でセルの個数を数えます。

1 つの条件を満たす値のみを加算する SUMIF 関数

複数の条件を満たす値のみを加算する SUMIFS 関数

IFS 関数 (Microsoft 365、Excel 2016 以降)

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式のエラーを検出する

統計関数

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (機能別)

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×