スキップしてメイン コンテンツへ

Count 関数

クエリで返されるレコードの件数を計算します。

構文

Count( expr )

引数式のプレースホルダーは、カウントするデータを含むフィールドを識別する 文字列式 、またはフィールド内のデータを使用して計算を実行する式を表します。 Exprのオペランドには、テーブルのフィールド名や関数名を含めることができます (これは、組み込みまたはユーザー定義のいずれかで、他の SQL 集計関数には使用できません)。 テキストを含む、任意の種類のデータをカウントできます。

解説

ヒント: Access 2010 では、式ビルダーで IntelliSense を使用できるので、式に必要な引数を確認することができます。 

Count 関数を使用すると、元になるクエリのレコード数をカウントできます。 たとえば、Count 関数を使用して、特定の国に出荷された注文件数をカウントできます。

expr ではフィールドに対する計算も実行できますが、Count 関数は単にレコード数を計算するのみです。 レコードにどのような値が格納されているかは関係ありません。

expr がワイルドカード文字のアスタリスク (*) である場合を除いて、Count 関数は、Null フィールドを含むレコードの数をカウントしません。 アスタリスクを使用すると、Count 関数は、Null フィールドを含むレコードを含めて、レコードの合計数を計算します。 Count(*) は、Count([Column Name]) よりもはるかに高速です。 アスタリスクは引用符 (' ') で囲まないでください。 次の例は、Orders テーブルのレコード数を計算します。

SELECT Count(*) AS TotalOrders FROM Orders;

expr で複数のフィールド名を指定する場合、Count 関数は、少なくとも 1 つのフィールドが Null 値ではない場合のみレコード数をカウントします。 指定したフィールドがすべて Null 値である場合、レコード数はカウントされません。 フィールド名は、アンパサンド (&) で区切ります。 次の例は、ShippedDate フィールドまたは Freight フィールドのいずれかが Null ではないレコード数のみカウントする方法を示しています。

SELECT Count('ShippedDate & Freight') AS [Not Null] FROM Orders;

クエリ式でCountを使うことができます。 この式は、 QueryDef オブジェクトの sql プロパティで使用することも、sql クエリに基づいて Recordset オブジェクトを作成するときに使うこともできます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

関連項目

クエリを使用してデータをカウント

SQL 関数のフィールドの計算

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×