CORREL 関数

CORREL 関数は、2つのセル範囲の相関係数を返します。 相関係数は、2 つの特性の関係を判断するときに使用します。 たとえば、各地域の平均気温とエアコンの普及率の相関関数を調べることができます。

書式

CORREL(配列 1, 配列 2)

CORREL 関数の書式には、次の引数があります。

  • 配列1    必ず指定します。 データが入力されたセル範囲を指定します。

  • 配列2    必ず指定します。 もう一方のデータが入力されたセルの範囲を指定します。

解説

  • 引数として指定した配列またはセル範囲に文字列、論理値、または空白セルが含まれている場合、これらの値は無視されます。ただし、値が0のセルは含まれています。

  • 配列1と配列2のデータの個数が異なる場合、CORREL は/A エラー #N を返します。

  • 配列1または配列2が空白である場合、またはその値の s (標準偏差) が0に等しい場合、CORREL は #DIV、0を返します。 エラーが返される場合があります。

  • 相関係数は + 1 または-1 より近い値であるため、配列間の正 (+ 1) または負 (-1) の相関関係を示します。 正相関とは、1つの配列の値が増加すると、他の配列の値も大きくなることを意味します。 0に近い相関係数は、相関関係がないことを示します。

  • 相関関数は次の数式で計算できます。

    数式

    ここで、 

    x と y

    は標本平均 AVERAGE(配列 1) と AVERAGE(配列 2) です。

使用例

次の例では、列 A と B の2つのデータセットの相関係数を返します。

CORREL 関数を使用して、列 A & B で、= CORREL (A1: A6, B2: B6) の2つのデータセットの相関係数を返します。 結果は0.997054486 になります。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×