スキップしてメイン コンテンツへ

Connected Experiences in Office

Office 365には、クラウドベースのサービスに支えられている便利な機能が多数あります。これらサービスを”Connected Experience”と呼び、それらの機能に不可欠な機能性を提供します。 以下のものが含まれます。

操作性、コンテンツを分析する Experience。

これらは、Officeコンテンツを使用して、デザインの推奨事項、編集の提案、データの洞察、などの機能を提供する Experienceです。 PowerPoint デザイナー、Dictate、およびTranslatorは、この種のExperience の例です。 

例えば、あなたがテキストを他の言語に翻訳するように頼んだ場合、私達はあなたのテキストを要求された言語に自動的に翻訳しそしてあなたに返す自動翻訳サービスに、テキストを送らなければなりません。

注: Connected Experience の完全なリストについての詳細は、Office の Connected Experiencesを参照してください。

オンライン コンテンツをダウンロードする Experience

これらは、テンプレート、画像、3D モデル、Office ヘルプ、ビデオ、および参考資料を含むオンラインコンテンツを検索およびダウンロードしてドキュメントを強化することを可能にする Experience です。 Excel の豊富なデータ型または Outlook の天気情報は、このようなExperience の例です。

たとえば、今後数日間の天気予報を提供するために、OutlookはBingに接続して関連する気象データを取得します。

注: Connected Experience の完全なリストについての詳細は、Office の Connected Experiencesを参照してください。

これらのExperience を制御します。

Office には、これらのConnected Experience が含まれています。  これらの Experience を無効にする場合は、Word、Excel、PowerPoint などの Office 365 アプリケーションに移動し、[ファイル] > [アカウント] > [設定の管理]の順に選択します (Outlook の場合、Office アカウントにあります)。 そこで、どちらかのカテゴリ(または両方)を無効または有効にできます。  

詳細については、以下を参照してください。 アカウント プライバシーの設定

さらに、これらのConnected Experience を無効にしたり、ドキュメントの共同編集やオンラインファイルストレージなど、他のConnected Experience を無効にする設定もあります。 この設定でConnected Experience を無効にしても、Outlookでメールボックスを同期するなど、一部のOfficeサービス機能や、Officeの機能に不可欠な少数のサービスを無効にすることはできません。 たとえば、Officeを使用するための適切なライセンスが付与されているか確認するライセンスサービスです。 Mac では、これらの必須サービスには OneNote と OneDrive の同期も含まれます。 これらのサービスのために必要なサービスのデータは収集され、その他の設定状況に関係なく、Microsoft に送信されます。

注: 詳細については、「Office の必要なサービス データと「Office の重要なサービス」を参照してください。

関連項目

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×