CONCATENATE 関数の #VALUE! エラーを修正する方法

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

重要: Excel 2016、Excel Mobile、および Excel Online では、CONCATENATE は CONCAT 関数で置き換えられています。CONCATENATE は下位互換性のために引き続き使用できますが、より堅牢な関数である CONCAT の使用を検討する必要があります。

CONCATENATE で #VALUE! エラーが発生する最も一般的なシナリオの 1 つは、#VALUE! などのエラーがあるセル参照を含む文字列を作成しようとした場合です。

以下に D2、E2、F2 の連結例を示します。この例では、E2 に #VALUE! エラーがあります。

CONCATENATE の #VALUE! エラー

E2 のエラーにより、関数は #VALUE を表示します。エラー.正常に動作するためには、エラー以外の値を誤差と置き換える必要があります。セル参照でエラーをチェックする数式を作成することができますが、エラーの代わりに0が表示されるテキスト文字列を表示します (または、独自のテキストを0に置き換えることができますが、テキストを引用符で囲む必要があります。 "テキスト")。

有効な数式を以下に示します。

=IF(ISERROR(E2),CONCATENATE(D2," ",0," ",F2))

#VALUE! エラーが発生した文字列を連結するために回避策として使用される IF と ISERROR 関数

そのしくみを教えてください。if 関数は、IFERROR 関数を使用して、e2 にエラーがあるかどうかを判断します。連結関数は、D2、e2、F2 の値を結合します (関数はエラーを0で置き換えます)。結果のテキスト文字列を表示します。注: この数式では、スペース ("") を使用して値を区切ることもできます。

Excel 2003 以前のバージョンで発生する CONCATENATE での #VALUE! エラーを修正する

#VALUE を取得している場合Office Excel 2003またはそれ以前のバージョンでエラーが発生した場合は、 Excelの [切り替え式評価 (TFE)] オプションをオフにする必要があります。セルを連結して問題を解決する場合は、「 #VALUE! エラー 」で説明されている手順に従います。

特定の関数について質問がある場合

Excel のコミュニティ フォーラムに質問を投稿してください

Excel の機能を向上させるためのお願い

次のバージョンの Excel の改善に関して、ご提案はございませんか。提案がありましたら、Excel UserVoice のトピックを確認してください。

関連項目

エラー値 #VALUE! を修正する

CONCATENATE 関数

CONCAT 関数

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式のエラーを検出する

すべての Excel 関数 (アルファベット順)

全 Excel 関数 (機能別)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×