CLEAN 関数

印刷できない文字を文字列からすべて削除します。CLEAN 関数は、他のアプリケーションからインポートした文字列に、現在使用しているオペレーティング システムでは印刷できない可能性のある文字が含まれている場合に使用します。たとえば、CLEAN 関数を使用して、データ ファイルの先頭と末尾に含まれている、印刷できないコンピュータ コードを削除できます。

書式

CLEAN(text)

Text     印刷できない文字の削除元の情報を指定します。

使用例

列 1

数式

説明 (結果)

CHAR(7)&"文字列"&CHAR(7)

=CLEAN([列 1])

印刷できない文字 CHAR(7) を文字列から削除します (文字列)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×