Business Contact Manager でレコードを復元します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

空にするまで、[削除済みアイテム] フォルダーは削除済みアイテムを格納、ために、削除済みアイテムフォルダーから、元のフォルダーにドラッグしてTE000129571削除済みのレコードができます。

たとえば、削除済みのビジネス用連絡先レコードを復元するに、ビジネス用連絡先フォルダーにドラッグするとします。レコードと、リンクされている履歴項目を含むすべてのレコード情報が復元されます。

注: 連絡先管理、販売、マーケティング、またはプロジェクト管理ワークスペースに削除済みアイテム フォルダーからレコードをドラッグすることはできません。

削除済みアイテム フォルダーからレコードを移動します。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、[Business Contact Manager] をクリックします。

    ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] ボタン

  2. [ Business Contact Managerの [削除済みアイテム] をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 復元する項目をクリックし、[リボンの [編集] グループで、[復元] をクリックします。

      複数のレコードを選択する方法

      連続しているレコードをまとめて選択するには、Shift キーを押しながら、追加する一連のレコードの先頭レコードと末尾のレコードをクリックします。連続していないレコードを選択するには、Ctrl キーを押しながら、各レコードを 1 つずつクリックしていきます。すべてのレコードを選択するには、1 つをクリックしてから Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

    • [ビジネス レコード] で前のレコードの種類のフォルダーにアイテムをドラッグします。

      たとえば、アカウントをアカウントのフォルダーにドラッグします。

      ヒント: ビジネス レコード] フォルダーを展開をダブルクリックします。

      注: コミュニケーション履歴項目を削除したレコードにリンクされているは、アイテムを削除しない限り、[削除済みアイテム] フォルダーでアイテムを分離するとしては表示されません。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×